ラクスル株式会社が運営するサービスの利用規約

利用規約

ラクスル株式会社が運営するサービスの利用に関し、利用者に遵守していただかなければならない事項及びラクスルとユーザーとの間の権利義務関係を定めます。

ラクスル株式会社(以下「ラクスル」といいます)は、「ラクスル」の名称を用いて運営するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用に関し、利用者(以下「ユーザー」といいます)に遵守していただかなければならない事項及びラクスルとユーザーとの間の権利義務関係を以下のとおり「利用規約」(以下「本個別規約」といいます)として定めます。本サービスについては、本個別規約のほか、ラクスルが定める「ラクスル総合利用規約(https://raksul.com/rules/)」(以下「本総合規約」といいます。その他の規約(以下総称して「本総合規約等」といいます)についてもあわせて適用されますが、本総合規約等と本個別規約とで異なる箇所については、本個別規約が優先して本サービスに適用されるものとします。

ユーザーは、本総合規約等及び本個別規約同意の上本サービスを利用するものとします。
なお、本総合規約等及び本個別規約につきましては、本サイト上に変更後の内容を掲載することにより変更できるものとし、当該変更内容の掲載後、ユーザーが本サービスを利用した場合又はラクスルの定める期間内に退会手続をとらなかった場合には、ユーザーは当該変更に同意したものとみなされます。

第1条 利用規約について

(1)利用規約についてラクスルが運営する本サービスについて、ユーザーは本総合規約等及び本個別規約に同意の上ご利用ください。ユーザーには、ラクスルが当該ユーザーの登録を承認した時点で、ラクスルが提供する本サービスを利用する資格が与えられます。
(2)登録申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人・機関・団体等自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。

第2条 本サービスの提供

(1)ラクスルは、本総合規約等及び本個別規約に同意の上会員登録を行ったユーザーに対し、本サービスを提供します。なお、会員登録を行ったユーザーは、利用ガイドに掲載された事項についても確認をし、承諾をした上で本サービスの提供を受けているものとみなします。
(2)ラクスルは、本サービスの全部又は一部をラクスルの指定した第三者に委託できるものとし、ユーザーは予めこれに承諾するものとします。
(3)ラクスルは、本サービス上にて提供する商品、デザイン、その他の情報等の内容について、予告なく変更する場合があります。その場合には、速やかに当該内容を本サイト上にて告知するものとします。

第3条 個人情報について

(1) 個人情報は、ラクスルが別途定めるラクスルが取得する個人情報の取り扱いについて(https://raksul.com/privacy/)に則り、適正に取り扱うこととします。
(2) ラクスルはユーザーへの事前の同意を得ずに個人情報を第三者に提供することはありません。また、以下の場合は、ユーザーの同意なくユーザーの個人情報を提供することがあります。その際、提供する個人情報は必要となる最小限の個人情報のみとし、かつ使用範囲もその範囲に限定されます。
・法律の定めにより、国、地方自治体、裁判所、警察その他法律で定められた権限を持つ機関より要請があった場合
・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報取扱い業務を機密保持に関する契約を締結した第三者へ委託する場合

第4条 ユーザーとユーザーが属する企業との関係

(1) 法人・機関・団体(以下「法人顧客等」といいます)に属するユーザーが、法人のお客様として、本サービスの会員登録を完了した場合には、ラクスルと法人顧客等の間に本総合規約等及び本個別規約に基づく契約が成立するものとします。
(2)法人顧客等に属するユーザーは、本サービスにおいて会員登録を行うこと、及び本サービスを利用して商品購入をすることについて、自らが属する法人顧客等の事前の了解をとるものとします。また、ユーザーが法人顧客等として本サービスを利用して商品購入をするにあたり、ユーザー個人の名義にて決済を行った場合でも、ラクスルは法人顧客等による購入であるとみなすことができるものとし、ユーザー個人は自らの責任で法人顧客等と精算を行うものとします。
(3) 法人顧客等に属するユーザーから新たな会員登録がなされた場合には法人顧客等に連絡する場合があり、万一法人顧客等の了解が得られていないことが判明した場合、当該会員登録又は商品購入を断る場合があります。
(4) 前項に拘らず、法人顧客等に属するユーザーが当該法人顧客等の了解をとっていなかったこと、又は法人顧客等が了解している範囲を超えて商品購入を行った等により、ラクスルが法人顧客等に決済代金(商品代金、送料、消費税を含みます。以下同じ)を請求できなかった場合には、当該行為を行ったユーザーの会員資格を喪失させ、当該ユーザーに対して損害賠償請求を行うことがあります。また、これらの行為により生じた紛争については、当該ユーザーと法人顧客等の間で解決するものとし、ラクスルは一切の責任を負うものではありません。
(5) 法人顧客等に属するユーザーが、法人顧客等としてではなく、個人として本サービスを利用することを希望する場合は、本サービス上の個人のお客様として再度登録をし直したうえで、本サービスを利用するものとします。

第5条 利用上の注意

(1) 登録情報の管理は、ユーザーが自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確・虚偽又は管理不十分による第三者の使用等により、ユーザーが被った一切の不利益及び損害に関して、ラクスルは一切責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、パスワードの不正使用によってラクスル又は第三者に損害が生じた場合、ラクスル及び第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
(3) ユーザーは、パスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨をラクスルに通知するとともに、ラクスルからの指示に従うものとします。
(4) 本サービスの利用に関し、ユーザーはインターネットの接続状況に十分に配慮するものとし、通信回線やコンピューターの障害などによりデータ、情報の消失が生じた場合には、ラクスルは一切の責任を負いません。
(5) 本サービスの提供にあたって、ラクスルは自らの裁量で、外部の第三者の印刷業者に印刷等を委託することができ、どの印刷業者に印刷等を委託するかについて、ユーザーは異議を唱えることはできません。また、正当な理由がある場合を除き、ラクスルは自らが委託した印刷業者名及び委託の理由をユーザーに開示する義務を負わないものとします。但し、ラクスルは自らの責任で印刷業者に本サービスにおける印刷その他の商品製造を誠実に遂行するよう監督を行うものとします。

第6条 個別契約の成立手続

(1) 本サービスにおける個別の商品の申込は、全て本サイト上で受付けるものとします。
(2) 申込受付けは24時間可能です。ただし第12条による中断の場合を除きます。
(3) ユーザーは、本サイト上で個別の商品の申込を行った後、ラクスルの定めるところに従い、商品の対象となる原稿の入稿手続及び入金手続(請求書支払いの場合を除きます。請求書支払いの場合は、お客様との取引を当月末時点で締め、翌月末支払いとして請求書を発行いたします。当該請求書に従い、お支払いを完了してください。振込手数料その他支払に必要な費用はお客様の負担とします)を行います。
(4) ラクスルは、前項により入稿された原稿を審査することができ、この審査の結果、以下の事由に該当し、又は該当する恐れがあると判断した場合は、修正の依頼又は審査不合格とすることができます。この審査不合格の場合の理由について、ラクスルはこれを開示する義務は負わず、また、審査不合格の措置についてラクスルは一切の責任を負いません。
・第三者の知的財産権、その他一切の権利を侵害するものである場合
・公序良俗に反するものである場合
・その他、本サービスを提供するのに不適切であるとラクスルが判断する場合
(5) 商品の対象となる原稿について入稿及び審査が完了し、かつ、決済代金の全額が支払われたこと(請求書支払いの場合を除きます。請求書支払いの場合は、お客様との取引を当月末時点で締め、翌月末支払いとして請求書を発行いたします。当該請求書に従い、お支払いを完了してください。振込手数料その他支払に必要な費用はお客様の負担とします)をラクスルが確認した時点で、ラクスルはユーザーに対して「受付日の確定」のメールを送付し、この送付の時をもって、商品についての個別契約(以下「個別契約」といいます)が成立するものとします。ただし、オリジナルデザイン制作サービスに関しては、ラクスルがオリジナルデザイン制作サービス利用の申込を受けたユーザーに対して見積もりを発行し、ユーザーが決済代金の全額を支払ったこと(請求書支払いの場合を除きます。請求書支払いの場合は、お客様との取引を当月末時点で締め、翌月末支払いとして請求書を発行いたします。当該請求書に従い、お支払いを完了してください。振込手数料その他支払に必要な費用はお客様の負担とします)をラクスルが確認した時点で、ラクスルはユーザーに対して「デザイン制作開始のお知らせ」のメールを送付し、この送付の時をもって、オリジナルデザイン制作サービスについての個別契約が成立するものとします。ラクスルは、制作が完了したデザイン(以下「完成デザイン」といいます)を、ユーザーのマイページ上にアップロードし、ユーザーが完成デザインを最終確認し承認した時点で、完成デザインの納品が完了したものとみなします。
(6) ユーザーによる本サイト上での個別の商品の申込後、2週間以内に個別契約が成立しなかった場合は、ラクスルが別途認めた場合を除き、ユーザーによる申込はキャンセルされたものとみなします。ラクスルは、このキャンセルによりユーザーに何らかの損害が生じた場合でも、一切の責任を負いません。また、オリジナルデザイン制作サービスに関しては、ラクスルが完成デザインをユーザーのマイページ上にアップロードし、ユーザーが完成デザインを承認しないまま「デザイン制作開始のお知らせ」のメールを送付した日から30日が経過した場合は、当該メール送信日から 30日目を以って、デザインの納品が完了したものとみなします。ラクスルは、これによりユーザーに何らかの損害が生じた場合でも、一切の責任を負いません。
(7) ラクスルが不適切と認めた場合、ユーザーの申込に対し商品の販売をお断りする場合があります。なお、ラクスルはこれについて一切の責任を負いません。
(8) 法人顧客等に属する会員が申込を行う場合には、本サービスにおける商品購入による個別契約は、ラクスルと法人顧客等の間に成立するものとします。
(9) ユーザーとラクスルの間では、個別契約成立前に限り、ラクスルの定めに従いキャンセルをすることができるものとします。この場合、既に決済代金が入金されていた場合は、その入金金額をラクスルの定める以下の何れかの方法にて返金処理をします。
・現金にて返金。なお、返金にかかる振込手数料は、ユーザの負担とします。
・ポイントにて返金。(返金に伴い付与されたポイントを以下「返金ポイント」といいます)。
(※ポイントは現金に換金できません。)
返金方法で一度、ポイント返金を選択された場合、返金方法の変更はできません。ご注意ください。
(10) 個別契約成立後は、ユーザーはいかなる理由があっても、キャンセル及び解除をすることは出来ません。ユーザーが個別契約成立後に、個別契約の解除を希望した場合でも、ラクスルはユーザーより受領した決済代金を返還する義務を負いません。

第7条 禁止事項

ユーザーは、本サービスの利用に関して以下の行為をしないものとします。かかる行為によりラクスルに生じた一切の損害について、ユーザーは賠償する責任を負担し、ラクスルは民事及び刑事の一切の法的手段を取ることができます。ラクスルは、以下各号に該当する行為がなされた場合又はその恐れがあるとラクスルが判断した場合は、当該ユーザーに対して本サービスの利用の停止その他ラクスルが適切と判断する処置を取ることができます。ユーザーが本個別規約の内容又は主旨に違反し、あるいは本個別規約の精神に照らして不適切な行為を行ったとラクスルが判断した場合などにも、当該措置をとる場合があります。ユーザーによる不適切な行為その他ユーザーの帰責性の有無に係わらず、ラクスルの裁量で当該処置を行うことがあります。ラクスルがかかる措置を行った理由については、その理由の如何を問わずユーザーに対して一切お答えできませんことを予めご承知ください。ラクスルが行った上記措置に起因してユーザーに損害が生じても、ラクスルは一切の責任を負わないものとします。
・本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
・本個別規約又はガイドライン等に違反する全ての行為
・法令又は公序良俗に違反する行為もしくは、これを予告、関与する行為、またこれらに限らない反社会的行為
・他のユーザー又は第三者に不利益を与える行為、又は恐れのある行為
・本サービスの運営を妨げる行為、又はその恐れのある行為
・ラクスル又は本サービスの信用を毀損する行為、損害を与える行為、又はその恐れのある行為
・ラクスル又は第三者を中傷、誹謗する行為、又はその恐れのある行為
・ラクスル又は第三者の知的所有権(著作権、意匠権、実用新案権、商標権、特許権、ノウハウが含まれるがこれに限定されない)、名誉、プライバシーその他第三者の権利又は利益を侵害する行為、又はその恐れのある行為
・上記各項に定める行為を助長する行為
・その他、ラクスルが不適当と判断する行為

第8条 知的財産権

(1) 本サービスに含まれているデザインテンプレート、コンテンツ、また個々の情報、商標、画像、広告等に関する著作権、商標権その他の知的財産権(以下「知的財産権」という)は、ラクスル又は当該コンテンツ等を提供・製作した著作者もしくは著作権者に帰属をしています。
(2) 本サービスのユーザーは、ラクスルもしくは知的財産権を有する第三者から承諾を受けた場合を除いて、サービスの内容(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用等を行わないものとします。
(3) 本サービスのユーザーが前項に反する行為によって被った損害について、ユーザーはこれをラクスルに賠償する義務を負い、ラクスルはユーザーに対して一切の責任を負わないものとします。
(4) ユーザーが本サービスの利用にあたり入稿した原稿については、ラクスルが提供するデザインテンプレートを除き、ユーザー又はユーザーに権利を許諾した第三者に知的財産権が帰属するものとしますが、ユーザーはラクスル及びラクスルが委託する印刷業者等の第三者に対し、本サービスをラクスルがユーザーに提供するために必要な範囲で、この原稿の使用権を無償で許諾するものとします。ラクスル及びラクスルが委託した印刷業者等の第三者による原稿の使用が第三者の知的財産権を侵害しないことを、ユーザーはラクスルに対して保証するものとし、これによりラクスル及びラクスルが委託した印刷業者等の第三者が損害を被った場合は、ユーザーはその損害をラクスルに対して賠償しなければなりません。

第9条 代金の支払・商品の配送

(1) 商品の代金は、ラクスルが指定する方法により、個別契約の成立前(請求書支払いの場合を除きます。請求書支払いの場合は、お客様との取引を当月末時点で締め、翌月末支払いとして請求書を発行いたします。当該請求書に従い、お支払いを完了してください。振込手数料その他支払に必要な費用はお客様の負担とします)に、ユーザー自身が選択した方法にて遅滞なくお支払いください。
(2) 国内への出荷におきましては、送料を無料とさせていただいておりますが、一部商品につきましては送料が発生しますので、注文時に本サービス上において必ず確認をするようにしてください。また、複数箇所へ分割配送を希望する場合には上記にかかわらず別途送料が発生します。なお、海外への出荷は行っておりません。
(3) ラクスルでは、ユーザーが指定する出荷日を目安に商品の製造・配送手配をいたします。その後運送業者より商品が配送されますが、道路事情や天候等により、商品の到着日時が変動する場合があります。また、ラクスルが委託した印刷業者等の事情により、商品の到着日時が変動した場合には、ラクスルは誠意をもってこれに対応するよう努力します。これらの場合ラクスルは商品の納入遅延について責任を負いかねますので、予め当該事項を承諾の上、利用してください。
(4) 商品出荷後、長期不在等の為に配達が完了せず、配送業者の保管期限を過ぎた商品は、工場に返品となります。返品された商品を再配達する場合は、再配達手数料1500円(税抜)が発生します。ラクスルは、商品が工場に返品され、ラクスルよりユーザーへ再配達の手配を行うかどうかの問い合わせのメールを送付した日から10日が経過した日まで商品を保管した後は、当該商品を処分することができるものとします。
(5) 配送に関して、その範囲及び責任については、業務提供会社となる日本郵便株式会社( 東京都千代区霞が関1 丁目3 番2 号、代表取締役社長髙橋亨) 及びヤマト運輸株式会社( 東京都中央区銀座2 丁目1 6 番1 0 号、代表取締役社長山内雅喜) が定める各業務約款( 以下「業務提供会社約款」という。) に従い、ユーザーはこれを承諾するものとします。
(6) 前項に定める業務提供会社以外の業務提供会社に委託する場合における商品の配送業務業務内容とその範囲及び責任については、委託した当該業務提供会社が定める業務提供会社約款に記載された業務提供会社の業務内容とその範囲及び責任の規程に従い、委託した当該業務提供会社に業務約款がない場合は、ラクスルと当該業務提供会社が締結する業務契約に記載された業務提供会社の業務 内容とその範囲及び責任をラクスルの業務内容とその範囲及び責任とし、ユーザーはいずれもこれを承諾するものとします。

第10条 納品後の商品

印刷物等は受注製造のため、本サービスの商品について個別契約成立後のユーザー都合による返品・交換はお断りしております。万一品質等に関し不良があるとラクスルが認めた場合には、商品到着後1週間以内でなおかつ商品が未使用の状態に限り、良品と交換いたします。その際、不良品につきましては、事前にラクスルへ連絡をし、着払いにてお送りください。また、不良品について、納期上の問題により、再製造を行わないことをユーザーがラクスルに対して要望された場合には、商品代金(消費税を含みます。以下同じ)の全額を返金いたします。なお、いかなる場合においても、当該不良品のあった商品についての個別契約における商品代金を超える保証はお受けできません。

第11条 付与ポイント

(1) 付与ポイントは、注文の際に1ポイント1円換算で、決済代金に対しその全部又は一部を使用することができます。当該ポイント支払額を控除した商品代金が前項の付与ポイントの対象額となります。
(2) 付与ポイントは、第三者との間での売買や贈与、その他担保に供することは禁止し、また、ユーザー間での共有、合算も禁止します。一度退会されますと、同一ユーザーが再度会員登録を行った場合でも、付与ポイントの移行は行えず、付与ポイントは消滅します。なお、これら禁止事項に加え、ラクスルが付与ポイントを取り消すことが適当と判断した場合には、事前の告知なく付与ポイントを消滅させることがあります。
(3)付与ポイントの有効期限は、ポイントが付与された日の1年経過後に最初に到来する3月末(但し、付与ポイントが付与された日が3月末日であった場合は、2年後の3月末日とする)とし、当該有効期限が到来した時点で自動的に消滅します。
(4) 注文のキャンセル等により、サービスの利用を取り消した場合には、当該決済に利用された付与ポイントは返還いたします。但し、有効期限内に利用されたポイントでも、有効期限が到来した後にキャンセルされた場合のポイントは返還されませんのでご注意ください。なお、いかなる場合であっても、付与ポイントを現金で返金することはありません。
(5) ユーザーは、決済代金への利用のほか、ラクスルの定める方法により、保有する付与ポイントを特典に交換することができます。なお、特典の内容は事前の告知なく、追加、変更、削除されることがあります。
(6) 付与ポイントの第三者による不正利用の恐れがある場合には、ラクスルにより当該利用実態を調査します。調査の結果、ユーザー自身の利用であると判断した場合には、当該ポイントの返還には応じかねます。また、ユーザー自身の利用でなかった場合であっても、金銭的補償に応じることはなく、ポイントの返還のみ応じ、その他一切の責任は負いかねます。
(7) ラクスルは、ポイントサービスをユーザーに事前に告知することなく停止又は終了することができます。また、ポイントに関してはいかなる金銭的補償、補填を行うことはありません。上記事項を予め承諾し、利用してください。

第12条 返金ポイント

(1) 返金ポイントは、注文の際に1ポイント1円換算で、決済代金に対しその全部又は一部を使用することができます。
(2) 返金ポイントは、第三者との間での売買や贈与、その他担保に供することは禁止し、また、ユーザー間での共有、合算も禁止します。一度退会されますと、同一ユーザーが再度会員登録を行った場合でも、ポイントの移行は行えず、返金ポイントは消滅します。なお、これら禁止事項に加え、ラクスルが返金ポイントを取り消すことが適当と判断した場合には、事前の告知なく返金ポイントを消滅させることがあります。
(3) 返金ポイントの有効期限は、返金ポイントが付与された日の1年経過後に最初に到来する3月末(但し、返金ポイントが付与された日が3月末日であった場合は、2年後の3月末日とする)とし、当該有効期限が到来した時点で自動的に消滅します。
(4) 注文のキャンセル等により、サービスの利用を取り消した場合には、当該決済に利用された返金ポイントは返還いたします。但し、有効期限内に利用された返金ポイントでも、有効期限が到来した後にキャンセルされた場合の返金ポイントは返還されませんのでご注意ください。なお、いかなる場合であっても、返金ポイントを現金で返金することはありません。
(5) ユーザーは、決済代金への利用のほか、ラクスルの定める方法により、保有する返金ポイントを特典に交換することができます。なお、特典の内容は事前の告知なく、追加、変更、削除されることがあります。
(6) 返金ポイントの第三者による不正利用の恐れがある場合には、ラクスルにより当該利用実態を調査します。調査の結果、ユーザー自身の利用であると判断した場合には、当該返金ポイントの返還には応じかねます。また、ユーザー自身の利用でなかった場合であっても、金銭的補償に応じることはなく、返金ポイントの返還のみ応じ、その他一切の責任は負いかねます。
(7) ラクスルは、返金ポイントサービスをユーザーに事前に告知することなく停止又は終了することができます。また、返金ポイントに関してはいかなる金銭的補償、補填を行うことはありません。上記事項を予め承諾し、利用してください。

第13条 本サービスの停止又は中断

(1) ラクスルは、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
・本サービスの提供に必要なコンピューター・システム等の点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
・コンピューター、通信回線等が事故(ラクスルの責に帰すべき事由によるものであるか否かを問わない)により停止した場合
・火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
・その他、ラクスルが停止又は中断を必要と判断した場合
(2) ラクスルは、前項によってユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第14条 保証の否認及び免責

(1) 本サービスは、ユーザーから印刷可能な完全データを受領し、それを印刷製造し販売するものであり、ユーザーから受領したデータの改修、編集は行わず、また受領したデータの正確性を保証するものではありません。
(2) 知的財産権の第三者に対する侵害がないか等、知的財産権の管理については、一切をユーザーの責任のもとで行っていただきます。
(3) ラクスルは、過去に注文されたデータをユーザーからの増刷依頼のため一定期間保存することがありますが、当該保存はラクスルの義務ではなく、またその保存品質も完全な同一性を保証するものではありません。また、印刷用に変換したデータの返却はできません。
(4) 本サービスは、ユーザーが自身のパソコン画面やプリンターで出力した内容での印刷を保証するもではありません。印刷機により印刷をした印刷物は、パソコン画面やプリンター出力とは異なることを予め承諾の上、利用してください。
(5) ラクスルは、本サービスに関連してユーザーが被った損害、損失、費用(本サービスを通じた印刷に伴う事故、犯罪行為、紛争、契約の取消等に基づく損害等を含みますがこれらに限定されません)、並びに、本サービスの提供の中断、停止、利用不能、変更及びラクスルによる本総合規約等及び本個別規約に基づくユーザーの情報の削除、ユーザー資格の剥奪等に関連してユーザーが被った損害、損失、費用につき、当該損害等の原因となった個別契約に基づく対価を超えて、賠償又は補償する責任を一切負わないものとします。なお、いかなる場合もラクスルの責任は、直接的損害及び通常損害に限られ、逸失利益、事業機会の喪失、データの喪失、事業の中断、その他間接的、特別的、派生的もしくは付随的損害については 一切責任を負わないものとします。

第15条 紛争処理及び損害賠償

(1) ユーザーは、本総合規約等又は本個別規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連してラクスルに損害を与えた場合、ラクスルに対し、その損害を賠償しなければなりません。
(2) ユーザーが、本サービスに関連して、その他の者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争が生じた場合には、直ちにその内容をラクスルに通知するとともに、ユーザーの費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、その結果をラクスルに報告するものとします。
(3) ユーザーによる本サービスの利用に関連して、ラクスルが、第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、ユーザーはそれに基づきラクスルが第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

第16条 連絡/通知

本サービスに関する問い合わせその他ユーザーからラクスルに対する連絡もしくは通知、その他ラクスルからユーザーに対する連絡もしくは通知は、メール連絡やラクスルウェブサイトへの掲示など、ラクスルの定める方法で行うものとします。

第17条 本総合規約等及び本個別規約の譲渡等

(1) ユーザーは、ラクスルの書面による事前の承諾なく、本総合規約等及び本個別規約に基づく利用上の地位又は本総合規約等及び本個別規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
(2) ラクスルは本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本総合規約等及び本個別規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第18条 分離可能性

本総合規約等及び本個別規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本総合規約等及び本個別規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、ラクスル及び登録ユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第19条 完全合意

本総合規約等及び本個別規約は、本総合規約等及び本個別規約に含まれる事項に関する本総合規約等及び本個別規約の当事者間の完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本総合規約等及び本個別規約に含まれる事項に関する当事者間の事前の合意、表明及び了解に優先します。

制定:2012年8月1日
改訂:2013年3月29日
改訂:2014年4月1日
改訂:2015年6月12日
改訂:2015年7月23日
改訂:2016年1月4日
改訂:2016年2月5日
改訂:2016年6月14日
改訂:2016年7月27日
改訂:2016年9月1日
改訂:2016年11月1日
ラクスル株式会社
代表取締役 松本恭攝