ラクスル株式会社が運営するサービスの利用規約

オンラインデザイン素材の利用に関する条件

ラクスル株式会社が運営するサービスの利用に関し、利用者に遵守していただかなければならない事項及びラクスルとユーザーとの間の権利義務関係を定めます。

本利用条件において別途定義される場合及び文理上別意であることが明白な場合を除き、本利用規約において使用される用語は、「ラクスル サービス利用規約」(以下「本利用規約」といいます。)において定義される意味を有するものとします。

ユーザーは、本サービスにおけるオンラインデザイン素材の利用に際し、以下に定める禁止事項を行ってはならないものとし、ユーザーがこれらの禁止事項を行った場合には、本利用規約の定めに従って、当該行為の差止め、個別契約の解除又はユーザーの登録抹消などの措置が講じられる可能性があることを、予め承知するものとします。

① 当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本利用規約に定められたユーザーによるオンラインデザイン素材の使用範囲を超えて、オンラインデザイン素材を使用すること

② 以下の各項に掲げる場合において、オンラインデザイン素材を利用して作成した印刷データの印刷により得られた本印刷物の譲渡、貸与、配布又は掲示等の二次利用を行うこと
(1) 本印刷物を商品等として販売する場合(ただし、予め特定者の委託を受けて本印刷物を作成し、それを当該特定者に納品する場合は含まないものとします。)
(2) TVその他映像(TV番組、CM、映画、ゲーム等)又はデジタルコンテンツを制作する場合
(3) 本印刷物の複製部数の総計が30万部を超える場合

③ ロゴ、シンボルマーク、商標登録、意匠登録等の権利が発生する作成物へのオンラインデザイン素材の使用その他オンラインデザイン素材を特定の企業、個人、団体、活動又はサービス等の特徴的なシンボルとして使用すること

④ オンラインデザイン素材の著作者又は被写体(オンラインデザイン素材の被写体となり、又はオンラインデザイン素材によって表現されている人物若しくは商品、施設その他の有体物をいいます。以下同じです。)の名誉若しくは信用の毀損、誹謗中傷、権利侵害その他オンラインデザイン素材の著作者又は被写体の不評につながる形又はそのおそれのある形でオンラインデザイン素材を使用すること(オンラインデザイン素材の加工若しくは修正等に起因する場合を含むがこれに限られません。)

⑤ 風俗産業に関連する広告その他の作成物、ポルノグラフィー、アダルトコンテンツ、出会い系サイトその他これらに準じる作成物に関してオンラインデザイン素材を使用すること

⑥ わいせつな、又は公序良俗に反する作成物に関してオンラインデザイン素材を使用すること

⑦ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条において定義される暴力団、指定暴力団、指定暴力団連合、暴力団員、暴力団関係企業、暴力団準構成員、総会屋若しくは社会運動・政治運動等標ぼうゴロ又はこれらに準ずるものに関連する作成物に関してオンラインデザイン素材を使用すること

⑧ 虚偽的な、誤導的な、詐欺的な、中傷的なその他違法若しくは不当な内容又は文脈において、オンラインデザイン素材を使用すること

⑨ 適切な許可を得ることなく、オンラインデザイン素材を自己の作品の主要な部分として公開し、又は発表することその他オンラインデザイン素材の盗用若しくは盗作又はそのおそれのある形でオンラインデザイン素材を使用すること

⑩ 被写体に吹き出し等を使用して、又は虚偽の年齢、氏名その他のプロフィールを関連付けること等によって、被写体が特定の営業、商品又はサービスを利用等しているような印象を与える形でオンラインデザイン素材を使用すること

⑪ 被写体に人物が含まれる場合において、下記の「注意を要する題材」に関して当該被写体が含まれるオンラインデザイン素材を使用すること(ただし、当該オンラインデザイン素材が明らかに当該題材の描写を目的として作成されている場合で、当該使用が被写体にとっての名誉毀損等に該当せず、及び公序良俗に反しない使用である場合を除きます。)
【注意を要する題材】
a) 身体的な、若しくは精神的な障害又は疾病
b) 麻薬、覚醒剤、脱法ドラッグその他の薬物
c) たばこ
d) 認知症、薄毛、シミ、シワその他老化に伴う諸症状
e) 精力剤
f) ドメスティックバイオレンス、いじめ、虐待その他の暴力
g) 不妊、避妊又は妊娠中絶
h) 賭博、ギャンブル
i) 消費者金融
j) 美容整形
k) 遺影
l) 情報商材等
m) 以上に掲げるもののほか、被写体とされた者が、一般に使用されることを不快に感じるような題材

⑫ 被写体の身体的特徴を強調し、その結果として被写体とされた者が、一般に不快に感じるような形でオンラインデザイン素材を使用すること

⑬ 被写体が特定の宗教、政党、政策、思想、団体等を支持し、反対し、又はこれらに所属しているような印象を与える形でオンラインデザイン素材を使用すること

制定:2017年9月1日
改訂:2017年10月10日
ラクスル株式会社
代表取締役 松本恭攝