Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

コラム・ノウハウ

最新記事一覧

大判ポスターでしっかりアピール!ラクスルで印刷できるサイズ一覧

商品・サービスや、イベントの概要をアピールするために使われるポスター。中でも大判ポスターは、多くの情報を盛り込んだり、文字やイラストを大きく表示したりすることが可能です。
ここでは、大判ポスターのサイズや、大判ポスターを作るメリットについてご紹介します。

開店・閉店をどう伝える?お知らせの書き方とポスター作成のコツ

ポスターを店頭に掲示して、店舗の開店・閉店を告知する場合、どのような内容を盛り込めばいいのでしょうか。また、いつからポスターを掲示すればいいでしょうか。
ここでは、ポスターを使って開店時の挨拶や閉店のお知らせを告知する際のポイントについてご紹介します。

ポスターのデザインをおしゃれに見せるレイアウトと書体のポイント

ポスターを作成するときは「どうせなら目立つデザインにしよう」と思い、派手な色を使ったり、情報を詰め込みすぎたりしがちです。しかし、これは実は逆効果。ポスターを印象的に仕上げるには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
ここでは、ポスターのデザインをおしゃれに見せる、レイアウトと書体のポイントを、ラクスルのデザインテンプレートと併せてご紹介します。

4ステップで簡単!看板に使えるサイン・ディスプレイ印刷の入稿手順

印刷・広告サービスが多様化し、ネットで簡単に看板などの印刷物を制作できる時代になりました。しかし、初めて入稿を行うときは、慣れない作業に手間取ってしまう例も少なくありません。
ここでは、ラクスルのサービスを例に、効率的なサイン・ディスプレイ印刷の入稿手順について、ご紹介していきます。

宣伝・集客効果が上がる!視認性の高い看板を作るためのポイント

看板を設置することで、商品、サービス、企業の知名度を向上させることができます。しかし、看板をただ設置するだけでは、期待した効果は得られません。
ここでは、看板を使って高い集客効果を得るために、押さえておきたいポイントと注意点についてご紹介します。

商圏・シェア拡大に有効!ラクスルで印刷できる告知用看板

告知用看板は「目立てば良い」というものではありません。告知用看板の役割や、実際にどのような種類の看板を印刷できるかについて、ラクスルで扱うバナースタンドやパネル、横断幕、垂れ幕などの活用法とあわせてご紹介します。

集客を高める!展示会・イベント用パネルの制作やブース装飾のコツ

展示会に出展するメリットは、たくさんの来場者に自社の商品やサービスについて知っていただき、販売促進につなげられることです。しかし、ただ出展するだけでは、来場者の興味・関心を引くことはできません。パネルを制作して自社ブースに誘導したり、ブースの装飾をしたりすることで、集客を高めることができます。
ここでは、多くの人に展示ブースに訪れていただくための、パネル制作や装飾のコツについてご紹介します。

効果が出るDM・ダイレクトメールの作り方とは?

DM(ダイレクトメール)を初めて作るとき、何を考えればいいのか、どう作ればいいのかなど頭を悩ませてしまいますよね。実はどんな目的のDMでも、作るときに意識しなければならないことは共通しています。今回はDMを始めて作る方向けに基本的な作り方を説明していきます。

DM・ダイレクトメールの効果とは?開封率や反応率はどれくらい?

日常的によく見るDM(ダイレクトメール)ですが、みなさん実際の開封率や反応率についてご存じでしょうか。マーケティングの手段としてそもそもどれくらいの効果があるのか、すぐに捨てられたり目を通してもらえない印象もありますよね。今回は、施策を行う前に事前に抑えておきたいDMの開封率や反応率についてまとめてみました。

看板のデザインをおしゃれに見せる!レイアウトと書体のポイント

看板は、たくさんの人の目にふれることで広告・宣伝効果を上げられますが、ただ設置するだけでは、思ったような効果が見込めません。看板の効果を高めるためには、おしゃれな看板を使って人の注目を集めることが大切です。 ここでは、広告・宣伝効果の高い、おしゃれな看板を作るコツをご紹介します。

中綴じとは?ページ数の少ない冊子におすすめの製本方法

書籍や冊子の製本方法は、ページの綴じ方によっていくつかに分類され、それぞれメリットやデメリットがあります。「中綴じ」はそのうちのひとつで、ページ数の少ないパンフレットやカタログといった小冊子でよく使われています。
ここでは、中綴じとそれ以外の製本方法について、メリットや向いている印刷物の種類などをご紹介しましょう。

横綴じとは?写真や絵の広がりを活かす製本方法

横長の仕上がりになる本の短辺側で綴じた「横綴じ」は、通常の本(縦綴じ)に比べてイレギュラーな印象を与えます。しかし、写真集や絵本などでは、効果的なデザインの誌面を作ることができます。 ここでは、横綴じの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

熟読される社内報の効果的な作り方は?目的と企画のポイント

経営陣からのメッセージを伝えるだけでなく、社内でのコミュニケーションの活発化を図るなど、社内報にはさまざまな役割があります。しかし、どのような記事を載せれば社員に対して効果があるか、わからないという方も多いと思います。
ここでは、効果的な社内報を作るためのコツをご紹介しましょう。

ポイントカードや会員カードを提供するメリット

マットコートとは?幅広い用途に使われる目に優しい紙

カタログやパンフレットを作る際に注意したいのが、印刷用紙の選択です。数ある用紙の中でも「マットコート」は、インキののりが良く、光の反射を抑えるため目にも優しいという特徴があります。そのため、名刺やポストカード、チラシ、パンフレットなど、幅広く使われています。
ここでは、マットコートの特徴と効果的な使い方についてご紹介しましょう。

キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

オフセット印刷の意味としくみ~大量部数に最適な印刷方式の活用法~

印刷の方式にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。その中でも、印刷の発注で一般的なオフセット印刷は、高速に大量部数の印刷ができ、仕上がりも美しいため、多くの印刷物に使われています。
オフセット印刷の基本的なしくみとその特徴のほか、メリット・デメリットについてご紹介します。

縦綴じ(長辺綴じ)とは?メリット・デメリットと最適な印刷用途

本を作成する際に、印刷用紙の長辺を綴じる「縦綴じ」。一般の書籍や雑誌、カタログ、パンフレットなどがこの縦綴じで作られており、業界のスタンダードといって良いでしょう。
ここでは、縦綴じの特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

広告・チラシにおける「手書き」の効果とは?

リーフレットタイプの会社案内はデザインの要点をしぼって制作しよう

1枚の紙を二つ折りや三つ折りにしたリーフレットは、ページ物のパンフレットのように、多くの情報を載せることはできません。しかし、要点をしぼれば、小さくて手軽に扱えるスマートなツールとなります。
その特徴を活かして、リーフレットタイプの会社案内を制作する場合に、注意すべきポイントをご紹介しましょう。

会社案内のパンフレットづくりで外せないポイントはココ!

会社案内のパンフレットは、会社の顔となります。自社の理念や事業サービスの特徴をしっかりとアピールするには、見た目も良くすっきりと仕上げたいものです。
特に、企業理念や事業サービスの特徴、業績といったアピールしたい情報がたくさんある場合は、画像や図版などを配しながら、見映えの良いデザインにする必要があります。
ここでは、会社案内のパンフレットを作る際に、注意したいポイントについてご紹介します。

デザインで勝負!かっこいいパンフレットの作り方

パンフレットの役割は、掲載されている情報を必要な消費者に確実に伝えることです。しかし、実際に手に取ってもらえなければ、作った意味がありません。見た目がおしゃれでかっこいいデザインであれば、思わず手に取ってみたくなり、商品や企業のイメージアップにもつながります。
手に取ってもらえるパンフレットをデザインにすることは、決して難しいことではありません。いくつかのポイントを押さえておけば、センス良く、洗練されたデザインに仕上げることができます。そんな、デザイン性に優れた「かっこいいパンフレット」の作り方について考えてみましょう。

販促ツールは目的や予算に合わせて使い分けしよう

販売促進のために使用する営業宣伝用ツール(販促ツール)は、イベントやキャンペーンはもちろん、日々の営業活動にも欠かせない物です。その種類はグッズや試供品、カタログ、フライヤー(チラシ)といった印刷物など、さまざまです。
その中でも印刷物は、制作のスピードやコストなど多くのメリットがあり、手軽に扱える販促ツールです。どうしたら、印刷で効果的な販促ツールを仕上げられるのか、詳しくご紹介しましょう。

売れるチラシを作成するコツは?7つの基本を押さえて反応率アップ!

家のポストに投函されたチラシを選り分けるとき、どのくらい時間をかけていますか?1枚のチラシを読むか捨てるか判断する時間は、せいぜい1秒程度ではないでしょうか。
あなたが作成したチラシも、同じようにわずかな時間で選り分けられています。「チラシをポスティングしてもなかなか成果につながらない…」という方は、チラシの内容やデザインを、今一度見直してみるべきかもしれません。
ここでは、売れるチラシを作るための7つの基本と、チラシの反応率を高めるコツについてご紹介します。

飲食店の集客アップにつながる3つのポイントを徹底解説!

飲食店が集客アップを目指すには、店舗の存在をできるだけ多くの人に認識してもらうための広報活動に取り組む必要があります。SNSやグルメ情報サイトなどのオンライン広告と、地域のフリーペーパーやポスティングなどのオフライン広告を上手に掛け合わせることで、近隣からも遠方からも集客することが可能になるでしょう。
ここでは、飲食店の顧客の特徴や、集客アップにつながるポイントのほか、集客アップに活用できるおもな広告・宣伝方法についてご紹介します。

ポスティングの反応率(反響率)はどのくらい?反応率を高めるポイントとは?

ポスティングの利用を検討するときは、その反応率(反響率)がどのくらいか気になるところです。また、反応率をより高めるためには、どのような工夫をすべきでしょうか?
今回は、ポスティングを検討中の方へ向けて、ポスティングのメリットや、反応率を高めるためのポイントについてご紹介します。

地域の中小企業必見!採用率がアップしたポスティングの成功事例

日本商工会議所が2018年に実施した「人手不足等への対応に関する調査」によると、実に65.0%の企業が「人手が不足している」と回答。特に地域の中小企業など、従業員規模11~300人の企業は、人手不足の課題を抱えがちです。
効率的に採用活動を行いたいと考えている地域の中小企業に向けて、求人募集にポスティングを利用するメリットや、ラクスルのポスティングを利用した採用率アップの成功事例についてご紹介します。