Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

ラクスル活用方法

最新記事一覧

業態転換支援事業助成金ってなに?その活用例とは?

2020年4月、コロナ影響を受けて東京都は、新しくテイクアウト・宅配・移動販売をおこなう中小飲食事業者に向けた助成金を開始しました。この記事ではその詳細と具体的な活用例について紹介していきます。

観音折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では観音折りパンフレットについてご紹介いたします。観音折りは、横長の紙を左右から真ん中に向けて折り、さらに真ん中で二つ折りにしたものです。観音折りは合計8ページのパンフレットがご作成いただけるので、比較的情報量の多い施設案内やイベント案内によくご使用されています。

巻き三つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では巻き三つ折りパンフレットについてご紹介いたします。巻き三つ折りは横長の紙を左右からの真ん中に向けて折り込んだ折り方となっております。合計で6ページ分のパンフレットがご作成いただけるので、フロアガイドや展示会案内などいくつか情報を分けて掲載したい場合にご利用される方が多くいらっしゃいます。

二つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷でも一番人気の二つ折りパンフレットについてご紹介いたします。二つ折りは短辺同士が重なるように真ん中で折る折り方です。ラクスルのお客様では会社案内やイベント案内のパンフレット・リーフレットとしてご使用される方が多くいらっしゃいます。

少しのひと手間が大きな顧客満足に!通販業種のお客様の販促事例をご紹介

コロナウイルスの感染が拡大していく中、外出自粛も続き精神的にも疲弊してきている方が多くいらっしゃいます。普段の買い物も、外には出歩かずにネットショッピングで済ませてしますという方も多くなってきました。こんなご時世だからこそ注目されるネットショップ。今回はそのような通販業種の方がラクスルの印刷サービスでどのような販促を行っているかを紹介させていただきます。

楽譜・五線譜の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

オーケストラの演奏会や、合唱コンクールなどで使用される楽曲が音符などの記号で記された楽譜。特に長い曲の楽譜や、複数の楽曲の楽譜をまとめたものなど、1冊の冊子形式でご作成されるお客様もいらっしゃいます。 楽譜を冊子でご作成いただく際には、見開きで使用しやすい中綴じ冊子をご選択いただくことをオススメいたします。また、自立しやすいように表紙は厚手の紙で、めくりやすいように本文は薄手の紙でご作成いただくとご使用いただきやすくなります。そんな楽譜・五線譜印刷にオススメの仕様をラクスルの冊子・カタログ印刷を参考にご紹介いたしますのでぜひご参照ください。

小売店向けシール・ステッカー・ポスターのソーシャルディスタンスを促すデザイン事例をご紹介

コロナウイルスの感染拡大がまだ心配される中、営業していただいている小売店の方も多くいらっしゃいます。人が多く集まる小売店では、2m以上離れるソーシャルディスタンスを守っていただくために様々な工夫を行っております。そこでラクスルからもソーシャルディスタンスを促すシール・ステッカー・ポスターのデザイン事例をご紹介!無料で使えるデザインテンプレートも配布しておりますのでぜひご確認ください。

展示会案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

展示会を開催する際に、展示物の簡単な紹介と展示配置などをまとめたパンフレットを作成されることがあります。そのような展示会案内を印刷される際には、手に持てるサイズながらも、情報を多く載せることができる巻三つ折りや観音折りがオススメです。観音折りですと8ページのパンフレットが作成できるので、展示物ごとにページを分けて紹介することもできます。

フロアガイド・フロアマップの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

デパートやショッピングモールでは、施設内に複数のお店があるため、施設内の地図をフロアごとに記したフロアガイド・フロアマップが必要です。フロアガイド・フロアマップを作成する際には、手に持ちながら歩けるサイズにすることを意識するとよいでしょう。写真をきれいに発色できる光沢紙か、光の反射を抑えてシックな雰囲気にできるマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

施設案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

施設内の地図や施設自体の解説、お店の情報などをまとめたパンフレットを施設案内といいます。施設案内を印刷される際には、載せる情報量によってサイズを使い分けることをオススメします。載せる情報量が多くない場合は、手に持ちながら施設内を歩けるようにコンパクトなA4の1/3サイズでご作成することをオススメいたします。情報量が多い案内を作る場合も、カバンなどに入れて持ち歩けるように大きくてもA4仕上がり以内でご作成いただくとよいでしょう。

目録の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

式典などの際に贈り物やプレゼントをその場ではお渡しできない際に、品目や贈答する金額を記したものを目録といいます。目録のように文字を主体として白黒で印刷されることが多い商品については普通紙で印刷されることをオススメしております。

イベント・公演プログラムの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

イベント・公演プログラムとは、演劇やコンサート、演奏会、発表会などの解説・案内などを印刷したパンフレットのことです。プログラム作成のポイントとしては、コンサートなど比較的暗い場所でも見やすいように明るい発色でデザインを作成することです。明るい色がキレイに発色できる光沢紙で印刷するのがオススメです!

訪問看護・デイサービス案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルでは最近訪問看護やデイサービスのサービス案内を折りパンフレット印刷でご作成いただくお客様が増えてきています。訪問看護などの案内は、高齢者が読まれる機会も多くなるので、光の反射が少なく読みやすいマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

メニュー表の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

お店で販売・提供している商品の一覧をまとめたものをメニュー表といいます。メニュー表を印刷される際には、写真をメインにするか文字をメインにするかで用紙を使い分けることをオススメいたします。写真をメインにしている面は光沢紙を、文字をメインにしている面には普通紙をご選択ください。

卒団アルバムの作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

野球チームやサッカーチームの卒団の際に、思い出の写真を一冊の冊子にまとめるといつでも思い出を振り返ることができます。 冊子印刷で卒団アルバムを制作する場合、写真が発色よく印刷できる光沢紙で印刷されることをオススメしています。また、長期間保存できるように厚手の紙で作成される方が多いです。 ラクスルの冊子・カタログ印刷で対応可能なオススメ仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

旅行記の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

旅先での思い出や感想などを写真といっしょに一冊の本にまとめてみませんか? 文章を主体とした読み物風、写真をメインとした写真集のように綴っても素敵です。 家族やお友だちと思い出をシェアするために、個人的な記録として・・・記憶が鮮明なうちに、旅程をひとつずつ辿って振り返ってみましょう。帰ってきてから気付く「旅行」もあります。 文章が主体になる場合は普通紙。写真を主体とする場合は光沢紙がオススメです。 また、背表紙に印刷できる無線綴じ冊子をご利用いただきますと、棚に並べた状態でも内容を見分けることができて便利です。 ラクスルの冊子・カタログ印刷でご用意しているオススメの仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

詩集・句集・歌集の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

ご自身で詠んだ俳句や詩を作品集として、一つの冊子にまとめてみませんか? ラクスルの冊子・カタログ印刷は、最少1部から少ロットでのご注文が可能です。 作品の集大成として、サークルや会の活動総括として、ぜひ大切な作品をまとめてみてください。 紙の冊子は、ブログやSNSなどネットの情報と異なり、手元に置いておいていつでも読み返すことができます。 残しておきたい、長く読んでほしい作品は紙の冊子にまとめておくことをおすすめします。40ページ以上になる場合や、背表紙をつけたい場合は無線綴じ冊子をご選択ください。また、少ないページ数でご作成いただく場合は中綴じ冊子の方がお安くお買い求めいただけます。ラクスルの冊子・カタログ印刷で対応可能なオススメ仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

記念誌・社史の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

創立や設立から〇年目の記念式典などで生徒や社員、関係者への配布目的で作成されることの多い記念誌や社史。 記載される内容としては、それまでの記録や思い出を振り返るものや、現在を伝えるものなど様々で、記念品にふさわしい丈夫な厚手の紙種での作成がおすすめです。 写真やイラストを多く使用される場合は、光沢紙が発色よく印刷できます。表紙は厚手の紙で印刷すると長期間の保存がしやすくなります。 ラクスルの冊子・カタログ印刷で対応可能なオススメ仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

教材・教科書・問題集の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

学校や学習塾の授業で使用する教材や問題集。特に学習塾では年間を通して使うテキストだけでなく、夏期講習や冬期講習の際に特別に使うテキスト、小テスト用の冊子や問題集など様々な冊子をご利用される機会も多いかと思います。 教材や問題集は自由に書き込める普通紙(上質)で作成いただくのが一般的です。年間通して使うテキストには背表紙がつけられる無線綴じ冊子で、表紙を厚手の紙で作成していただくと、耐久性が上がるのでオススメです。ページ数の少ない講習会用のテキストなどは中綴じ冊子で作ると比較的お安くお買い求めいただけます。 ラクスルの冊子・カタログ印刷で対応可能なオススメ仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

シラバスの作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

大学や専門学校で講義や授業の内容や、年間の学習計画などを一つの冊子にまとめたシラバス。 白黒で印刷されることが多く、かつ学生が自分用のメモに書き込むこともあるので普通紙で印刷されることをオススメしております。 ラクスルの冊子・カタログ印刷で対応可能なオススメ仕様を下記に掲載いたしますのでぜひご参照ください。

ダイレクトマーケティングとは?利用されている手法をご紹介

ネット広告の台頭により、勢いを増しているダイレクトマーケティング。しかしその本当の意味や、ダイレクトマーケティングに適したツールを理解している人は少ないのではないでしょうか。この記事では今流行りのダイレクトマーケティングについてご紹介します。