Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

ラクスル活用方法

最新記事一覧

セミナーレポート:製薬企業様向け 「医師との接点の作り方」

この数年、コロナ禍によって社会やビジネスの在り方は大きく様変わりしました。特に医療現場では、情勢が目まぐるしく変化し、厳しい状況が今なお続いています。製薬企業様にとっては対面接触が難しくなったのに加え、リモートワークの推奨などから、支店や営業所においても従来のやり方や発想とは大きく異なる事業活動が求められるようになってきました。

そうした状況下において、MRの皆様からは「医師の先生方との接点を持つのが非常に難しくなった」「新たな手立てを模索しているが、なかなか効果的なやり方がわからない」といったお悩みが聞かれるようになってきました。また、従来はオフラインで開催していたセミナーや講演会をWeb上で行ったり、リモートワークをしながら案内状の制作や発送をしたりするなど、以前にはなかった業務上の課題にお困りの方も増えています。

そこで、このたびラクスル株式会社では、医療分野に置けるAI開発やWeb講演会運営の配信実績でシェアトップを誇る木村情報技術株式会社様と共催で、製薬企業様向けのオンラインセミナー「医師との接点の作り方」を開催。『呼ばれるMR大全』の著者でもある木村情報技術社のコンサナリスト®事業部長の川越 満氏から、コロナ禍におけるMR活動の工夫のご紹介、参加者の皆様からのご質問やお悩みに回答いただきました。また、ラクスル事業本部 エンタープライズ事業部の川並 拓樹からは、セミナーや講演会の案内状関連業務の負担を軽減する「セミナー案内状リモート印刷サービス」をご紹介。コロナ禍におけるMRの皆さんの活動を支援する有意義な情報をお届けしました。

事業再構築補助金ってなに?その活用例とは?

中小企業庁は新型コロナウイルス感染症の影響が長期化した影響で当面の売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために、中小企業などの再構築を支援するための事業再構築補助金を開始しました。この記事ではその詳細と具体的な活用例について紹介していきます。

小規模事業者持続化補助金ってなに?その活用例とは?

小規模事業者持続化補助金は、全国商工会連合会が小規模事業者を対象として持続的に事業を発展させていくために開始されました。この記事ではその詳細と具体的な活用例について紹介していきます。

宛名リストなしでDM配布とは?顧客リストにない層の新規顧客獲得ツール

新店オープンなど、手元に未だ顧客リストがない状態で、これから新規顧客獲得をスタートしなければならないケースがあります。この度ラクスルでは、反響率が高いと言われるDM(ダイレクトメール)を宛名リストが無くても配布できるサービス、宛名なしDMのご紹介です。

業態転換支援事業助成金ってなに?その活用例とは?

2020年4月、コロナ影響を受けて東京都は、新しくテイクアウト・宅配・移動販売をおこなう中小飲食事業者に向けた助成金を開始しました。この記事ではその詳細と具体的な活用例について紹介していきます。

観音折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では観音折りパンフレットについてご紹介いたします。観音折りは、横長の紙を左右から真ん中に向けて折り、さらに真ん中で二つ折りにしたものです。観音折りは合計8ページのパンフレットがご作成いただけるので、比較的情報量の多い施設案内やイベント案内によくご使用されています。

巻き三つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では巻き三つ折りパンフレットについてご紹介いたします。巻き三つ折りは横長の紙を左右からの真ん中に向けて折り込んだ折り方となっております。合計で6ページ分のパンフレットがご作成いただけるので、フロアガイドや展示会案内などいくつか情報を分けて掲載したい場合にご利用される方が多くいらっしゃいます。

二つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷でも一番人気の二つ折りパンフレットについてご紹介いたします。二つ折りは短辺同士が重なるように真ん中で折る折り方です。ラクスルのお客様では会社案内やイベント案内のパンフレット・リーフレットとしてご使用される方が多くいらっしゃいます。

少しのひと手間が大きな顧客満足に!通販業種のお客様の販促事例をご紹介

コロナウイルスの感染が拡大していく中、外出自粛も続き精神的にも疲弊してきている方が多くいらっしゃいます。普段の買い物も、外には出歩かずにネットショッピングで済ませてしますという方も多くなってきました。こんなご時世だからこそ注目されるネットショップ。今回はそのような通販業種の方がラクスルの印刷サービスでどのような販促を行っているかを紹介させていただきます。

楽譜・五線譜の作り方(冊子印刷・製本・作成方法)

オーケストラの演奏会や、合唱コンクールなどで使用される楽曲が音符などの記号で記された楽譜。特に長い曲の楽譜や、複数の楽曲の楽譜をまとめたものなど、1冊の冊子形式でご作成されるお客様もいらっしゃいます。 楽譜を冊子でご作成いただく際には、見開きで使用しやすい中綴じ冊子をご選択いただくことをオススメいたします。また、自立しやすいように表紙は厚手の紙で、めくりやすいように本文は薄手の紙でご作成いただくとご使用いただきやすくなります。そんな楽譜・五線譜印刷にオススメの仕様をラクスルの冊子・カタログ印刷を参考にご紹介いたしますのでぜひご参照ください。

social_distancing

小売店向けシール・ステッカー・ポスターのソーシャルディスタンスを促すデザイン事例をご紹介

コロナウイルスの感染拡大がまだ心配される中、営業していただいている小売店の方も多くいらっしゃいます。人が多く集まる小売店では、2m以上離れるソーシャルディスタンスを守っていただくために様々な工夫を行っております。そこでラクスルからもソーシャルディスタンスを促すシール・ステッカー・ポスターのデザイン事例をご紹介!無料で使えるデザインテンプレートも配布しておりますのでぜひご確認ください。

展示会案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

展示会を開催する際に、展示物の簡単な紹介と展示配置などをまとめたパンフレットを作成されることがあります。そのような展示会案内を印刷される際には、手に持てるサイズながらも、情報を多く載せることができる巻三つ折りや観音折りがオススメです。観音折りですと8ページのパンフレットが作成できるので、展示物ごとにページを分けて紹介することもできます。

フロアガイド・フロアマップの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

デパートやショッピングモールでは、施設内に複数のお店があるため、施設内の地図をフロアごとに記したフロアガイド・フロアマップが必要です。フロアガイド・フロアマップを作成する際には、手に持ちながら歩けるサイズにすることを意識するとよいでしょう。写真をきれいに発色できる光沢紙か、光の反射を抑えてシックな雰囲気にできるマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

施設案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

施設内の地図や施設自体の解説、お店の情報などをまとめたパンフレットを施設案内といいます。施設案内を印刷される際には、載せる情報量によってサイズを使い分けることをオススメします。載せる情報量が多くない場合は、手に持ちながら施設内を歩けるようにコンパクトなA4の1/3サイズでご作成することをオススメいたします。情報量が多い案内を作る場合も、カバンなどに入れて持ち歩けるように大きくてもA4仕上がり以内でご作成いただくとよいでしょう。

目録の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

式典などの際に贈り物やプレゼントをその場ではお渡しできない際に、品目や贈答する金額を記したものを目録といいます。目録のように文字を主体として白黒で印刷されることが多い商品については普通紙で印刷されることをオススメしております。

イベント・公演プログラムの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

イベント・公演プログラムとは、演劇やコンサート、演奏会、発表会などの解説・案内などを印刷したパンフレットのことです。プログラム作成のポイントとしては、コンサートなど比較的暗い場所でも見やすいように明るい発色でデザインを作成することです。明るい色がキレイに発色できる光沢紙で印刷するのがオススメです!

訪問看護・デイサービス案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルでは最近訪問看護やデイサービスのサービス案内を折りパンフレット印刷でご作成いただくお客様が増えてきています。訪問看護などの案内は、高齢者が読まれる機会も多くなるので、光の反射が少なく読みやすいマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

メニュー表の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

お店で販売・提供している商品の一覧をまとめたものをメニュー表といいます。メニュー表を印刷される際には、写真をメインにするか文字をメインにするかで用紙を使い分けることをオススメいたします。写真をメインにしている面は光沢紙を、文字をメインにしている面には普通紙をご選択ください。