A1サイズとは

用紙のサイズにはAサイズとBサイズがあり、それぞれ0から10までのサイズがあります。もともと日本ではBサイズを使用していたのですが、19世紀にドイツでAサイズが提案され、国際標準化機構(ISO)の国際規格になったため、日本ではAサイズとBサイズの両方の企画を採用することとなりました。
この記事では、A1サイズとはどのようなサイズなのか、またどのような用途に使うかなどを紹介します。

A1サイズとは?

A1サイズが利用される印刷物について

A1サイズの郵送・梱包について

前の記事DM・ダイレクトメールの種類と特徴・用途 次の記事ポスティング・新聞折込の効果的な利用方法