Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

印刷サービス

最新記事

ポストカードと花の画像

絶対に失敗しない!ポストカードの規格や宛名面の決まりを解説

挨拶状や事務所移転の連絡など、さまざまな場面で作成が必要なポストカード。ただ、ポストカードの規格や宛名面の決まりごとが分からない人も少なくありません。そこで今回は、ポストカード作成における規格や決まりごとを解説します。

切手やポストカードのイラスト

ポストカードを無料でおしゃれなデザインにしたい!作成方法をご紹介

おしゃれなポストカードを作成したいと思っても、なかなか思い通りのデザインのものができないという人も多いことでしょう。また、自分で撮影した写真や画像の挿入がうまくできなかったことがあるかもしれません。 そこで、この記事ではおしゃれなポストカードを無料でデザインできる作成方法について説明します。ポストカードのルールや作り方のコツ、便利なテンプレートの紹介もしますので、ポストカードを自作したい人はぜひ参考にしてみてください。

ポストカードのイメージ

ポストカードのイラストはどう作る?作成方法と注意点を知っておこう

イラストを使った、ポストカードの作成を検討する際に「イラストの作り方が分からない」「自分でイラストを作るのは難しそう」といった悩みを抱く方も多いでしょう。 しかし、イラストの作成方法にはいくつかの種類があり、自分の状況に合った方法はきっと見つかるはずです。 せっかくポストカードを作成するのであれば、自分の納得できるイラストにしたいものです。そこで本記事では、ポストカードの概要やイラストの作成方法、注意点などについて解説します。

最新記事一覧

ポストカード

ポストカードと花の画像

絶対に失敗しない!ポストカードの規格や宛名面の決まりを解説

挨拶状や事務所移転の連絡など、さまざまな場面で作成が必要なポストカード。ただ、ポストカードの規格や宛名面の決まりごとが分からない人も少なくありません。そこで今回は、ポストカード作成における規格や決まりごとを解説します。

切手やポストカードのイラスト

ポストカードを無料でおしゃれなデザインにしたい!作成方法をご紹介

おしゃれなポストカードを作成したいと思っても、なかなか思い通りのデザインのものができないという人も多いことでしょう。また、自分で撮影した写真や画像の挿入がうまくできなかったことがあるかもしれません。 そこで、この記事ではおしゃれなポストカードを無料でデザインできる作成方法について説明します。ポストカードのルールや作り方のコツ、便利なテンプレートの紹介もしますので、ポストカードを自作したい人はぜひ参考にしてみてください。

ポストカードのイメージ

ポストカードのイラストはどう作る?作成方法と注意点を知っておこう

イラストを使った、ポストカードの作成を検討する際に「イラストの作り方が分からない」「自分でイラストを作るのは難しそう」といった悩みを抱く方も多いでしょう。 しかし、イラストの作成方法にはいくつかの種類があり、自分の状況に合った方法はきっと見つかるはずです。 せっかくポストカードを作成するのであれば、自分の納得できるイラストにしたいものです。そこで本記事では、ポストカードの概要やイラストの作成方法、注意点などについて解説します。

郵送物の束

ポストカード印刷は少数でも安くなる?少数だと高くなる理由も解説

ポストカードの印刷を行う際に気になるのはその「費用」です。その際に「少数とはどのくらいを指すのか」「なぜ少数だと高くなるのだろう」といった疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。 事実、ポストカードの印刷費用は多数よりも少数の方が1枚あたりでみれば高くなります。そこでポストカードを少数で印刷する際の概念や高くなる理由、安く抑える方法などを紹介します。

ポストカードのイメージ

はがきの無料テンプレートは簡単で便利?おしゃれなはがきの作成方法

はがきに写真などの画像を入れたり何枚も同じものを作ったりする場合、画像作成や文書作成ソフトなどで編集をして印刷をすると便利です。しかし、はがきのデザインを一から作って印刷するのが苦手な人も多いのではないでしょうか。 そのような時に便利なのが、はがき作成用のテンプレートです。特に無料のテンプレートがあれば手軽に利用できます。この記事で、無料テンプレートを使ったおしゃれなはがきの作成方法をみていきましょう。

料金後納郵便のイメージ画像

はがきの宛名面はテンプレートで簡単に作れる?作成の注意点を紹介

オリジナルのはがきを作成する場合、「宛名面も自分で作成できるのかな」「自分で作成する際はどんな注意点があるのだろう」といった悩みを持つ方も多いでしょう。 これらの悩みを解決してくれるのが「テンプレートの利用」です。ただし、はがきの裏面とは異なり、宛名面には様々なルールがあります。注意しましょう。 そこで本記事では、はがきの宛名面の概要や作成時の注意点などについて確認していきましょう。

ポストカードをもっと見る

チラシ・フライヤー

反響を高めよう!不動産チラシ印刷のコツとステップとは?

不動産チラシは、インターネット全盛の現在でも集客ツールとして大きな影響力を持っています。しかし同じチラシを配ったとしても、反響を出せる会社とそうでない会社の差があるのも事実でしょう。 チラシの反響を高くする要因は、なにも物件内容だけではありません。「集客ツールとしてチラシを上手く活用できているか」や「お客のニーズを理解した内容となっているか」など反響のあるチラシを作るには「コツ」があるのです。 そこで当記事では、反響の高いチラシを作成するためのステップやデザインのコツなどを解説します。

一目で伝わる!シンプルなチラシの作り方

シンプルなチラシは、情報がわかりやすい一方で作成するとなると難易度が高くなってしまいます。素人が作ろうとすると情報がうまく伝わらないことや、逆にシンプルさを失ったごちゃごちゃしたチラシになることもあり得るでしょう。そこで今回は、シンプルなチラシを作るための手順やコツを紹介します。

イベントのフライヤーを作ろう!デザインのアイデアも紹介

突然ですが、「フライヤー」とは何のことか知っていますか?何となくショップカードのようなものをイメージする方も多いでしょう。どんなものかを知っていたとしても、その効果やデザインについてはあまり気に留めていなかったりしますよね。初めてフライヤーを作成する場合、デザインについての知識がなく「とりあえず必要な情報が載っていればいい」という方や、逆に「インパクト」を求めるあまり派手すぎて、必要な情報が拾えないデザインになってしまう方もいるのではないでしょうか?今回はイベントに使用するフライヤーについて、デザインの重要性やアイデアを紹介します。

【例あり】チラシの効果的なデザインとその作り方

「来店を促したい」「問い合わせを増やしたい」「購入を促したい」など、消費者の行動を引き起こすためにチラシは制作されます。 しかし、チラシには、3秒で捨てるか読むかを選択する『3秒ルール』という法則があるといわれるほど、チラシの取捨選択はシビアな世界。短時間で必要だと思ってもらえるような効果を出すためには、文章だけではなくデザイン性も重要です。 今回はチラシの効果を高めるデザインのコツをご紹介します。事例とともに、興味を惹きつけることができるチラシをみていきましょう。

チラシ・フライヤーをもっと見る

ポスター

ポスターのイメージ画像

大判ポスターの使い方は幅広い!サイズを正しく理解して使用しよう

大判ポスターには、様々な幅広い利用用途があります。しかし、実際に制作するとなると「用途にあった適切なサイズがわからない」「そもそも、どんなサイズがあるかを知らない」などが課題として挙がるかもしれません。 大判ポスターの制作においてデザインは重要な要素ですが、それと同じくらい「制作サイズ」も印象を大きくかえる要素のひとつです。 そこで今回、当記事では大判ポスターのサイズに関する基礎知識や効果的な使い方、代表的な印刷方法について解説します。ポイント押さえて、失敗しない大判ポスターづくりを目指しましょう。

デザインのイメージ写真

無料のテンプレートでおしゃれなポスターを作成してみよう

ポスターを作ることになった際、レイアウトやデザインまですべて考えて作らなければいけません。しかし実際にポスターを自作してみると、思ったような出来上がりにならなかったりイメージが違ったりといった経験をしたこともあるのではないでしょうか。 またイラストや画像作成向けのソフトを持っていない場合、思ったようなポスターを作るにはどうしても限界が生じます。 そのような場合におすすめなのが、ポスター向けのテンプレートです。作りたいイメージのポスターテンプレートを使えば、簡単におしゃれなポスターを作成することができるので大変便利です。 この記事では、ポスターを自作する際に便利なテンプレートについて詳しく紹介していきます。簡単に目的に合ったポスターを作りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ポスターが貼り出された写真

サークルに最適なポスターを作ろう!効果的なデザインのコツ

コミックマーケットや大学、社会人の趣味などあらゆるきっかけから結成されるサークル。その活動のなかでは、新しいメンバーを募ったり、自作した商品を出したりすることがあるでしょう。その際に必要となるのが、多くの人の目に止まり効率よく認知を獲得できる「ポスター」です。 今回は、サークル活動の一環としてポスターを作成する場合に役立つ情報を解説します。サークルポスターの活用方法やポスターを作成するメリット、作成の際のコツ、シチュエーション別のポスター事例などを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

飲食店の写真

商品のPR効果もバッチリ!卓上ポスターの特徴や役割を解説

「卓上ポスターを利用してPR効果を得たい」と考える企業も多いのではないでしょうか。ただ「具体的にどのような効果を得られるのか分からない」という人も少なくありません。卓上ポスターにおける役割を深く理解することができれば、実際に使用するときにも予想以上のPR効果が期待できます。卓上ポスターの特徴や役割を見ていきましょう。

マスクを着用する人の画像

咳エチケットをポスターで喚起!感染症対策を万全にしよう

感染症が心配される季節には、町を歩くと至るところでマスク着用を呼びかけるポスターを目にしますよね。人の目に止まる場所へポスターを貼ることによって、そこで働くスタッフだけでなく訪れる人自身が感染症対策への意識を高められるでしょう。今回は感染症対策の際、重要なポイントである「咳エチケット」をポスターで注意喚起したい方へ向けてお話します。ポスターデザインのコツや盛り込むべき要素、病院・保健所・学校で実際に使われているポスターの特徴などを説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

手洗いの画像

手洗いポスターの制作にはコツがある!その方法やデザインの例を紹介

何らかのきっかけで手洗いポスターを制作することになったものの、「デザインの作り方が分からない」、「どのようなポスターが効果的か知りたい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 手洗いポスターを制作する目的は、ポスターを見た第三者に「手を洗うことを促して、実際に行動させる」ことです。 そこでこの記事では、効果的な手洗いポスターを作るためのコツや、デサインの作成方法などを解説します。また手洗いポスターに関するデザイン例も紹介するので、参考にしていただければ幸いです。

ポスターをもっと見る

シール

印刷するときに押さえておきたい!シール用紙の選び方を解説!

シールの印刷を他社に依頼する場合は、その目的に応じてシールの用紙を決める必要があります。用途に見合った用紙を使わないと、破れてしまったり短期間で剥がれてしまったり、色あせしたりなどさまざまな影響があります。 用紙は種類によって、その価格も異なります。比較的安価な屋内用の用紙で事足りるのに、わざわざ防水加工などが施された屋外向けの用紙で依頼してしまうと、その分高価になってしまうでしょう。 用紙にはそれぞれ特徴があってその効果も異なるため、使用の目的に合わせた用紙選びが重要です。そこで当記事では、シール用紙の特徴とともにおすすめの用紙やその用途、また注意点などについても解説します。

アイキャッチ画像

写真シールやステッカーを作成!自作よりもネット注文がおすすめ

写真やイラストなどの手持ちのデータからシールやステッカーを作るには、色々な方法があります。もちろん自作することも可能です。とはいえ、これまで作った経験がない場合は、いざ自分で作りたいと思ってもどのように作ればよいかわからない人もいるでしょう。 この記事では、自作で写真をシールやステッカーにする作り方やネット印刷サービスを利用する方法、インターネット注文で簡単にきれいなシールやステッカーを作る方法についてそれぞれ詳しく説明します。オリジナルのシールやステッカーを作りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

千社札のようなステッカー・シールを自作する方法を解説!オリジナルを安く作れる!

古風でインパクトのあるデザインが人気の「千社札」ですが、実は簡単な方法で千社札のようなシールが自作できるのはご存知ですか?今回は、千社札ステッカー・シールを作る方法をご紹介していきます!自宅にあるものを使った自作方法も紹介していますので、ぜひご覧ください。

備品の管理などに使う「ラベルシール」の作り方を解説!印刷用紙まで完全網羅!

備品管理などに使えるラベルシールの作り方は、実はとても簡単なのをご存知でしょうか?シールを作るって手間暇がかかるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、2つの方法で気軽に作れるんです。今回はそんなラベルシールの作り方と印刷用紙について解説します。

シールをもっと見る

年賀状

年賀状の作り方!無料テンプレートで簡単5分で完成!

年賀状の作り方!無料テンプレートで簡単5分で完成!

秋が深まってまいりました。そろそろ年末年始や年賀状について、考え始める頃でしょうか。特に年賀状は「今年こそ早めに作ろう!」と思っていたのに、忙しくてなかなか時間が取れず、投函期日ギリギリに慌てて作る…なんてことはありませんか?そんなあなたに朗報です!ラクスルの年賀状テンプレートを使えば、誰でも簡単に5分ほどで年賀状を作ることができますよ♪

年賀状の準備は大丈夫?ビジネス向け年賀状のレイアウトの基本!

年賀状の準備は大丈夫?ビジネス向け年賀状のレイアウトの基本!

さぁ、もうすぐ2020年も終盤に差し掛かって参りました。今年はどのような1年になりましたか?

さて、ビジネスパーソンにとって必要な新年の準備といえば「年賀状」です。

メールやSNSが普及した今の時代、いざ年賀状を作成するとなると、腰が上がらない方も少なくないはずです。年賀状をイチから手書きで作成する人は少数派で、ネット上のテンプレートを活用している人が大多数ではないでしょうか?

とはいえ、年賀状の意味やビジネス向きのレイアウトを知っておかないと、「貰って嬉しい年賀状」を送るつもりが、「失礼な年賀状」になってしまう可能性もあります。せっかく年賀状を届けるのであれば、相手が「貰って嬉しい年賀状」にしたいところですよね。

新年を迎えるにあたって、ここで年賀状に関する知識をおさらいしておきましょう。

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

プライベートではメールなどで済ましてしまうことも多くなった新年の挨拶ですが、ビジネスではまだまだ年賀状が主流です。手にとってもらえるということはもちろんですが、手書きのメッセージを書き込めるのが良いところですよね。今回の特集では、より気持ちの伝わるものにするためにビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

「喪中の方に年賀状を送ってしまったら」

「喪中の方に年賀状を送ってしまったら」

「喪中」とは、近しい親族が亡くなったときに遺族が喪に服す期間のことを言い、その間は派手なことは慎み、お祝い事は避けるようにします。ですから、身内に不幸があった年は「新年のお祝い」を控えるということを知らせるために「喪中欠礼はがき」を出すわけです。 しかし、年末になってから人が亡くなる場合もあり、喪中欠礼はがきが届いたときには、既に年賀状を投函済み……ということもあり得ます。こんなとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

知っておきたい年賀状の書き方とマナー

知っておきたい年賀状の書き方とマナー

年賀状は、日頃お世話になっている方や、しばらく連絡を取っていない人にも近況を報告できる一年の初めの挨拶状です。年初めのあいさつで失礼があったら大変です。しっかりとマナーのポイントを押さえましょう。
年賀状に最低限記載することは、①賀詞、②あいさつ文、③年号です。まずは、表面の宛名のマナーを確認し、裏面のマナーをみていきましょう。

現代の年賀状の起源はどこに?

日本郵便によれば2018年の年賀はがきの発行枚数は29億6000万枚で、ピークの2003年の44億6000万枚に比べると、7割以下の発行枚数になっていますが、赤ちゃんまで含めて、日本人一人当たり、毎年24枚の年賀はがきを送付していることになります。
この数字には企業などが利用する私製はがきの年賀状を含んでいないので、実質的な年賀状の送付数はさらに増えることになります。ちなみに元旦に配達された配達物数は、2018年で15億4000万枚でした。
日本で最初に官製はがきが発売されたのは、1873年ですが、10年もたたないうちに、1月1日の消印を目指す人たちが増加してしまいました。実は、今日の年賀はがきは、なんとかこのピークを緩和できないかと、産み出された制度です。ここでは年賀状の起源について見ていきたいと思います。

年賀状をもっと見る

のぼり

のぼり旗サイズ一覧

のぼり旗の一般的なサイズとは?

店舗やイベント会場など様々な場所を集客に利用されているのぼり旗ですが、様々なサイズがあります。この記事では、一般的に利用されているのぼり旗のサイズやサイズごとのおすすめの利用シーンについてご紹介いたします。

営業再開のチラシ・ポスター・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

営業再開のチラシ・ポスター・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

緊急事態宣言解除による休業・自粛要請の緩和に伴い、営業再開に向けた動きが全国で始まっています。「入店制限や席の間隔を保つことでソーシャルディスタンスを守る」「消毒を徹底する」などの取り組みや、業態や時間を変更して営業再開をお知らせするための無料デザインテンプレートを多数用意しました。 今回はチラシ、ポスター、のぼりデザインの作り方でワンポイントアドバイスをご紹介します。

テイクアウト/お持ち帰りのチラシ・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

テイクアウト/お持ち帰りのチラシ・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

お持ち帰り(テイクアウト)や宅配を新たに導入される飲食店様が増えています。サービス開始やメニューをエリアのお客様に伝えるための無料デザインテンプレートを多数ご用意いたしました。写真や文章を編集するだけで短時間で作成できます。今回はチラシ、のぼりデザインの作り方のワンポイントアドバイスをご紹介します。

のぼり旗を使って、効果的に宣伝をしよう!

のぼり旗を使って、効果的に宣伝をしよう!

のぼり旗とは、縦長の長方形の布を棒にくくりつけた表示物のことです。現在では、看板や販促ツールとして、飲食店を始め様々な業種の店頭に設置されています。店舗の宣伝用だけではなく、選挙活動や神社で使用されています。
スタンドの看板のように重くもなく、コストも安く簡単に設置できることから、一箇所で何本も使用されることも珍しくありません。標準ののぼり旗のサイズは、600mm×1800mmになり、野外販促の定番ツールとなっています。

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

俗に、「のぼり」あるいは「のぼり旗」と呼ばれる広告・販促ツールがあります。 自動車ディーラーの展示場や、ゲームセンター、レストラン、小売店などで、お客様を店内へ誘引することを目的にしています。皆さんも、のぼり旗を見てお店に入ったことが、一度ならずあるのではありませんか。
今回はそんなのぼり旗の生地・素材とその活用法について見ていきます。

のぼりはどうやって作るの?どこに依頼する?

オリジナルののぼりを作ろうと思ったときに迷うのは制作方法。どのような印刷方式が向いているのか、どのくらいの納期がかかるのかなど、疑問はつきないと思います。
この記事ではオリジナルののぼりを作るときにチェックすべきことを紹介します。

のぼりをもっと見る

パンフレット

観音折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では観音折りパンフレットについてご紹介いたします。観音折りは、横長の紙を左右から真ん中に向けて折り、さらに真ん中で二つ折りにしたものです。観音折りは合計8ページのパンフレットがご作成いただけるので、比較的情報量の多い施設案内やイベント案内によくご使用されています。

巻き三つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では巻き三つ折りパンフレットについてご紹介いたします。巻き三つ折りは横長の紙を左右からの真ん中に向けて折り込んだ折り方となっております。合計で6ページ分のパンフレットがご作成いただけるので、フロアガイドや展示会案内などいくつか情報を分けて掲載したい場合にご利用される方が多くいらっしゃいます。

二つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷でも一番人気の二つ折りパンフレットについてご紹介いたします。二つ折りは短辺同士が重なるように真ん中で折る折り方です。ラクスルのお客様では会社案内やイベント案内のパンフレット・リーフレットとしてご使用される方が多くいらっしゃいます。

展示会案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

展示会を開催する際に、展示物の簡単な紹介と展示配置などをまとめたパンフレットを作成されることがあります。そのような展示会案内を印刷される際には、手に持てるサイズながらも、情報を多く載せることができる巻三つ折りや観音折りがオススメです。観音折りですと8ページのパンフレットが作成できるので、展示物ごとにページを分けて紹介することもできます。

フロアガイド・フロアマップの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

デパートやショッピングモールでは、施設内に複数のお店があるため、施設内の地図をフロアごとに記したフロアガイド・フロアマップが必要です。フロアガイド・フロアマップを作成する際には、手に持ちながら歩けるサイズにすることを意識するとよいでしょう。写真をきれいに発色できる光沢紙か、光の反射を抑えてシックな雰囲気にできるマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

施設案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

施設内の地図や施設自体の解説、お店の情報などをまとめたパンフレットを施設案内といいます。施設案内を印刷される際には、載せる情報量によってサイズを使い分けることをオススメします。載せる情報量が多くない場合は、手に持ちながら施設内を歩けるようにコンパクトなA4の1/3サイズでご作成することをオススメいたします。情報量が多い案内を作る場合も、カバンなどに入れて持ち歩けるように大きくてもA4仕上がり以内でご作成いただくとよいでしょう。

パンフレットをもっと見る

名刺

QRコードをチラシや名刺に印刷する場合の注意点

自社のサイトへの来訪者数を増やしたい、またはECサイトなどを運営していて、そちらでの購買行動を喚起したい場合、通常だとQRコードを利用するかと思います。オフラインでの販促の場合、特にこうしたコードの掲載が重要になるのですが、印刷物ならではの注意点が存在するのはご存知でしょうか。今回はQRコードを印刷物に掲載する場合の注意点を紹介します。

名刺やカードを活用してお客様との距離を近付けよう

名刺やカードを活用してお客様との距離を近付けよう

北風の冷たさも和らぎ、春を感じるころになりました。春といえば出会いの季節。ビジネスや商売でも一番新しいお客さまが増える季節です。名刺やカード印刷といったコモノを活用して、お客さまの心をつかみましょう。

通常のサイズだけじゃない、色々な大きさや形の名刺

日本の名刺の標準サイズは、名刺4号、あるいは東京4号と呼ばれる、55x91mmのサイズが一般的です。なぜこのサイズに落ち着いたかについては諸説ありますが、昔の尺貫法から由来するという説が知られています。その真意についてはここでは触れませんが、長い年月の間に55x91mmが標準的なサイズとして定着しました。しかし、印刷通販などのサイトを見ると、このサイズ以外にも多様なサイズ、カタチの名刺が用意されています。今回は、名刺のサイズ、カタチについて整理したいと思います。

印象的で使える名刺を作るコツとは?

名刺といえば多くの人が「連絡先交換」のツールだと思っているかもしれません。しかし、連絡先を教えるだけで終わってしまってはもったいないのです。名刺には連絡先情報しか載せてはいけないというルールはありませんし、工夫次第で名刺を渡す相手にとても良い印象を与えることも可能。特に企業理念やサービスポリシーを入れることは、大きなメリットにつながります。
この記事では、名刺にプラスアルファの情報を載せることでどのような効果があるのかを説明していきます。

企業・法人向けの名刺を作成する前にチェックすべきポイントはここ!

企業や法人で使用する名刺は個人で作成する名刺と違って気をつけるべきことが多くあります。
デザインをデザイン会社や印刷会社に依頼する場合は、気をつけなけるべきポイントやイメージを良くするポイントは押さえてくれます。
しかし、自社でデザインを行う場合には注意が必要。この記事では自社で名刺をデザインする際に、どのようなルールに沿って作成するべきかを説明していきます。

使う紙によって名刺の印象はガラリと変わる

名刺交換で受け取った名刺をよく観察すると、同じように見える名刺でも少しずつ紙の質感が違うことに気付くでしょう。
また、その紙の質感によって高級感が出たり、和風のテイストになったりと受ける印象がガラリと変わることに驚いたこともあるのではないでしょうか。
この記事では名刺作成においてよく使われる紙の種類とその特徴、またどのようなタイプの名刺におすすめなのかも併せて紹介していきます。

名刺をもっと見る

冊子

冊子をもっと見る