Magazine

印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

デザインサービス

最新記事一覧

【キャッチコピーの基礎知識】5W1Hでつくる・かんたんキャッチコピー

「いつもキャッチコピーには悩んでしまう」「何を伝えれば、お客様が来てくれるのかわからない」そんな皆様のお悩みにお答えして、今回はキャッチコピーの基礎知識をご紹介します。
キャッチコピーの基本は「お客様がサービスに求めること」と「自社サービスの強み」をマッチさせて伝えることです。今回はお客様が求めるものを「5W1H」で整理して、それぞれに合わせたキャッチコピーをつくる基本パターンをご紹介します。

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

ラクスルは2017年酉年年賀状の注文受付を開始しました!なかでも、ラクスルイチオシはカンタンデザイン年賀状。無料デザインテンプレートからオンライン上で編集・注文。とにかくカンタンに年賀状を作成することができます。今回は、ラクスル自慢の腕利きデザイナーとマーケターが「プロの目」で選んだオススメデザインテンプレートをご紹介します。

フォントの数がデザインをコントロールする。

みなさんは、パソコンで文章を書くとき、どんなフォントを使っていますか?文字の内容はもちろんですが、文字のフォントが違うだけで、受けるイメージは大きく変わってきます。この記事では、フォント数をコントロールしながら綺麗なデザインに仕上げるポイントをご紹介します。

読みやすいチラシを制作するための縦書きと横書きの使い方

チラシを制作するのに悩ましいのが文章を縦書きにするのか横書きにするのかということです。基本的な考え方は「読み手にとって読みやすいかどうか」で判断することなのですが、ある程度の暗黙の了解やルールというものも存在します。 どのようなシチュエーションで縦書きを選ぶべきなのか、もしくは横書きを選ぶべきなのか。その基本的な考え方について説明していきます。

差別化できる?売上アップにつながる手書きを活用しよう!

「チラシを差別化するには手書きがいいよ」こんなアドバイス受けたことがありますよね。あなた自身も手書きのチラシだとちょっと気になって手にしたことあると思います。でも実際のところ手書きチラシは売上アップにつながるのでしょうか? ただ手書きしただけでは効果が出なさそうなことはなんとなく想像できると思います。売上アップにつながるための手書きチラシの作成方法について説明します。

キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

「たった1分で出来る」「60日でガラッと変わる」このように、世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。そこで本記事では、キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、抑えておくべきポイントをまとめてみました。

想像を掻き立てるキャッチコピーに共通する3つの特徴。

キャッチコピーには、それを見た人間の想像力を掻き立てるものと、そうでないものがあります。前者と後者の違いは、一体どこにあるのでしょうか。この記事では、想像力を掻き立てるキャッチコピーに共通する、3つの特徴を解説していきます。

長いキャッチコピーと短いキャッチコピーの使い分け方

一般的に、キャッチコピーは短くシンプルなものほど良いとされています。それはほとんどの場合、キャッチコピーは見られるのが一瞬であり、その一瞬で相手を惹きつける必要があるからです。しかし、中にはあえて長いキャッチコピーを採用している企業も存在します。長いキャッチコピーと短いキャッチコピー。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。また、それぞれに適した場面や使い方はあるのでしょうか。

アイデアがどんどん湧いてくる人のデザイン案出し方法

デザインを考えるときにアイデアがまったく出てこないことってありますよね。とくに初心者ほど案出しで苦しんでいると思います。ところが湯水のごとくアイデアを出してくる人があなたの周りにいませんか?実はデザイン案を出すにはコツがあります。そこで上級者が案出しのために実践していることを紹介します。

情報量が多すぎてもしっかり伝えられるチラシの作り方

チラシなどを作るときに情報量を絞ったほうがわかりやすいチラシにはなるのですが、伝えたい事はたくさんあって絞れない。なんとかすべての情報を掲載したいとき工夫すべきはレイアウトデザインです。レイアウトを変えることで多くの情報をわかりやすく伝える方法を紹介します。

差別化で心をつかめ!売れるキャッチコピーの作り方

売りたい商品のキャッチコピーを作ったときにまず考えてほしいことがあります。作ったキャッチコピーはその商品にしか当てはまらないキャッチコピーですか?競合する他の商品にも使えたりしませんか?キャッチコピーのポイントは「差別化」です。オリジナリティを生み出すキャッチコピーの作り方を紹介します。

日常にヒントは溢れている。意外と使えるこんなデザイン

デザインをする上でよく困ってしまうのが「どんなデザインにしていいか分からない」ということです。たしかに抽象的なデザインは知識が必要ですし、初心者には難しいでしょう。そこで今回は日常で見かける色々なものから得られるデザインのヒントをご紹介します。

デザインに対してお金を払うときに気をつけるポイント

自分の技術ではどうしようもないとき、デザインを他者に依頼することもあるでしょう。そして、専門的なデザインにはどうしてもお金がかかってしまいます。そんなデザイン料を支払うとき、気をつけておくべきポイントは何でしょうか?以下の項目は最低限押さえておきたいところです。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ

写真や配色、内容にばかり目がいきがちなチラシのデザイン。そこでよく見落とされるのが「字間」「行間」といった文字と文字の距離です。実はこの2つを少し調節するだけで、チラシの見やすさはグッと上がるのです。

効果を倍増させるチラシデザインの工夫とは?

チラシはデザインを少し工夫するだけでその効果が大きく変わってくる集客ツールです。では、一体どのような工夫をすればその効果を高めることができるのでしょう?この記事では、そんな工夫のポイントを3つの例を挙げながら説明してきます。

包装紙のデザインが顧客に与える効果とは?

商品を包む役割の包装紙。実はこの包装紙のデザインひとつで顧客に与える印象は大きく変わってきます。しかし、多くの場合は商品に気を取られすぎるあまり包装紙をおろそかにしてしまいがちです。そこで今回は包装紙のデザインにおいて気をつけておきたいポイントをご紹介します。

キャッチコピーは「事実の伝え方」が大きな鍵

いくら製品やサービスの品質が良くても「事実以上の内容」は伝えることができません。そう考えると、キャッチコピーの良し悪しは「事実の伝え方」が肝といえるでしょう。それでは、事実の伝え方が秀逸な3つのコピーを紹介していきます。

読み手に「朝」を想起させる3つのキーワード

朝早くから営業していることをアピールするためにはどのような言葉を使えばいいのでしょうか。ただ単に「◯◯時からやっています」と書くのもいいですが、どこか味気ありません。そこでこの記事では直接的に「朝」という単語を使わずに、間接的に読み手に「朝」を想起させる3つのキーワードをご紹介します。

効果的なキャッチコピーをつくる上で大事な「3つの心得」

「チラシや広告に効果的なキャッチコピーを入れたい!」と思うのはみな同じです。しかし、実際にコピーをつくった経験が無ければ、何を大事にしたらいいのか分かりません。そこで今回は誰もが押さえておきたい「3つの心得」をご紹介します。

「営業時間の長さ」をアピールするキャッチコピーとは?

営業時間の設定は企業にとって重要な要素です。早朝から深夜、もしくは24時間営業といった営業時間の長い企業はその利点をうまく伝えたいものです。この記事では「営業時間の長さ」を上手く伝えるための3つのキーワードをご紹介します。

一般的によく使われる、キャッチコピーの「3つの手法」

世間には無数のチラシとそれに書かれたキャッチコピーが溢れています。しかし、どのキャッチコピーにもいくつかの共通点があり、読み手を惹きつける特徴があるのです。この記事ではキャッチコピーでよく使われる、代表的な3つの手法をご紹介します。

キャッチコピーにおける差別化「3つの方法」

キャッチコピーにはいくつかの法則がありますが、その中でも「差別化」はオーソドックスかつ効果的な方法です。「他のチラシと差別化をしよう!」と漠然と考えるのではなく、以下の3つの方法を自社のケースに落とし込んでみてはいかがでしょう。

フォント数で気をつけるべき「3つのポイント」。

文字の大きさのことを「フォント」と呼びます。ざっくりいえば「文字の大小」。この文字の大小がデザインに及ぼす影響は大きく、フォントひとつで受け取る印象は大きく変わってきます。この記事では、チラシなどをデザインするときにフォントで気をつけるべき「3つのポイント」を紹介します。

デザインにおいて「明るさ」と「暗さ」感じさせる色。

色には単なる光の量以外の「明るさ」や「暗さ」を感じさせる効果があります。自分のセンスや感覚も大事ですが、そういった色ごとの効果をしっておくとチラシのデザインの幅も広がることでしょう。ここではそんな「明るさ」と「暗さ」を感じさせる色をご紹介します。

「誠実さ」と「親しみやすさ」を感じさせる色とは?

色は無意識で人の感情を刺激し、行動を促す効果があります。その効果を活用したチラシをデザインすることによって、読み手に対してこちらが狙った感情を抱いてもらいましょう。今回は「誠実さ」と「親しみやすさ」を感じさせる色について説明していきます。