ポストカード / 官製はがき / 二つ折り・三つ折り圧着はがき

はがき・ポストカード印刷送料無料ワード・パワーポイントOK

ラクスルのポストカード印刷は、販促・DM・案内状・挨拶状など幅広い用途でご利用いただけます。

はがき・ポストカード印刷商品一覧

オンラインデザインデザイン料金無料
無料デザインテンプレート
デザイン0
サイズ:100 × 148mm
テンプレート続々追加。写真・イラストなどの素材が5万点、モリサワフォント18種類が無料でご利用いただけます
デザインテンプレート一覧
ポストカード印刷
ポストカード印刷
1,420円〜 (100部)
サイズ:100 × 148mm
官製はがき印刷のようにフチはありませんので、様々なデザインをキレイに仕上げることができます。
詳細・料金
大判はがき印刷
大判はがき印刷
4,320円〜 (100部)
サイズ:120 × 235mm
はがきサイズより大きな縦長のポストカードです。
詳細・料金
A4大判はがき印刷
A4大判はがき印刷
9,800円〜 (100部)
サイズ:210 × 297mm
ポストカードのA4サイズ版になります。ポストカードの2-3倍の情報量を記載できます。
詳細・料金
往復はがき印刷
往復はがき印刷
4,910円〜 (100部)
サイズ:200 × 148mm
往信・返信の境目にスジを一本入れて納品いたします。
詳細・料金
官製はがき印刷
官製はがき印刷
3,910円〜 (100部)
サイズ:100 × 148mm
郵便局の発行する62円の官製はがきに直接印刷いたします。
詳細・料金
二つ折り圧着はがき印刷
二つ折り圧着はがき印刷
14,350円〜 (100部)
サイズ:102 × 145mm
圧着はがきの中で、最もスタンダードなタイプです。官製はがきの2-3倍の情報量を記載できます。
詳細・料金
三つ折り圧着はがき印刷
三つ折り圧着はがき印刷
28,600円〜 (100部)
サイズ:103 × 145mm
官製はがきの4-5倍の情報量を記載できます。
詳細・料金

無料デザインテンプレートでカンタンにポストカード作成

ポストカードのデータ作成テンプレート

データを作成する際に便利なテンプレートを無料でダウンロードできます。

印刷サンプル 無料

用紙・商品サンプルで、質感や仕上がりを確認していただけます。
内容物(チラシ・フライヤー/名刺/ポストカード/封筒/折りパンフレット/冊子カタログ/クリアファイル)

ポストカードサンプル

  • 通常はがきサイズ 光沢紙 標準(180kg)
  • 通常はがきサイズ 上質紙 標準(180kg)
  • 通常はがきサイズ 光沢紙 厚手(220kg)

ポストカードの関連商品

はがき・ポストカードの選び方・ヒント

はがき・ポストカードのサイズ・用途

ラクスルが提供するはがき・ポストカードのラインナップは、一般はがきサイズのポストカードおよびA4サイズの大判はがき・官製はがき・二つ折り圧着はがき・三つ折り圧着はがきです。

ポストカード・一般サイズはがき(官製はがき)とは

ポストカード・一般サイズはがき(官製はがき)はDM(ダイレクトメール)、年賀状、暑中見舞い、挨拶状やバースデーカードなどさまざまな用途で使用されます。オススメの紙の厚さは、官製はがきで仕様されている標準。紙の種類は光沢紙になります。

A4大判はがきとは

A4大判はがきとは、DM(ダイレクトメール)、販促、挨拶状、案内状などさまざまな用途で使用されます。

二つ折り圧着はがきとは

圧着はがきの中でもスタンダードなタイプです。情報量も官製はがきの2〜3倍盛り込むこともでき、受け取った方の反応率アップにも繋がります。

三つ折り圧着はがきとは

三つ折り圧着はがきの情報量は、二つ折り圧着はがきよりも多く、官製はがきの4〜5倍を盛り込むことができます。低価格で目的に合せた情報を多く掲載することができます。

はがき・ポストカードの規格・サイズ・折り方と用途の一覧
規格仕上がりサイズ(mm)展開後サイズ(mm)用途
ポストカード(通常はがき)100 × 148-DM・年賀状・暑中見舞い・販促・挨拶状・案内状など
A4大判はがき210 × 297-DM・販促・挨拶状・案内状など
官製はがき100 × 148-DM・年賀状・暑中見舞い・販促・挨拶状・案内状など
二つ折り圧着はがき102 × 145199 × 145DM・販促・納品書・請求書・明細書・挨拶状・案内状・通知はがき
三つ折り圧着はがき103 × 145297 × 145DM・販促・納品書・請求書・明細書・挨拶状・案内状・通知はがき

はがき・ポストカードとは

はがき(葉書)は厚手の紙に宛名と本文を書き、そのまま送付するタイプの手紙です。 官製はがきと私製はがきの2種類があり、前者は切手が不要、後者は切手が必要なものを指します。日本では江戸時代ごろから現在のはがきに相当する手紙のやりとりが始まったと言われており、それらは主に飛脚によって運ばれていました。明治時代になると絵葉書(現在のポストカードのようなもの)が流行し、さまざまなデザインのものが登場しました。 官製はがきにもさまざまな種類があり、よく知られているところでは往復はがき、国際郵便はがきなどがあります。

このようにさまざまな種類のあるはがきですが、近年では家庭用プリンターの普及やインクジェットはがきの販売により、個人が用意にオリジナルデザインのはがきやポストカード(絵はがき)を作ることができるようになりました。 しかし家庭用のプリンターでは品質に限界があったり、大量の印刷ではインク料金が高くなってしまったりと、印刷会社にプリントを依頼するケースも多くなっています。

はがき・ポストカードの用途

日本では折あるごとにはがきのやりとりをする風習があり、メールが浸透した現在でもその文化は根強く残っています。 最も典型的なのが、新年の挨拶としておくられる年賀状でしょう。季節に関するはがきのやりとりとしては他にも暑中見舞いや寒中見舞いなどがあり、日本人の四季に関する古くからの感性がうかがえます(残暑見舞いや余寒見舞いといった、さらに細かい区切りで送られる場合もあります)。 季節ごとの挨拶以外にも、入籍・結婚や引越しの報告や退職の挨拶、喪中のお知らせなど、重要な事柄は手紙を送ることで相手に伝える風習があり、はがきやポストカードがやりとりされる機会は他の国に比べると非常に多いです。 また、そこに書かれる内容も多種多様です。写真を印刷して自分の近況をより具体的に伝えたり、イラストなどの素材を使用してデザイン性をプラスしたりと、個人がはがきを使って伝えることのできる情報量も格段に増えています。

ポストカード印刷商品一覧