Magazine

ラクスルマガジンキーワード

のぼり旗

最新記事一覧

【2月限定SALE】最大69%オフ!冬の大感謝祭

2月に入り、決算期や年度末商戦が近付いてきて印刷物の需要が増えてくる季節となりました。
そこでラクスルでは2月1日(木)より"冬の大感謝祭"を開始いたします。日頃のご愛顧に感謝いたしまして、封筒印刷が最大69%OFFなど大変お求めやすくなっております。

対象商品は、チラシ・フライヤー(マット紙限定)折りパンフレット(A4仕上がり2つ折り)封筒クリアファイルのぼり旗の5点です。2,3月の販促や新年度に向けた事務用品の補充などにぜひご活用ください。

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

限られた時間で多くの有権者に対し、候補者の名前や政策・マニフェストをアピールしなければならない、選挙活動。そんな選挙活動にはオリジナルの印刷物が必須です。選挙ポスター、室内用ポスター、政策チラシ・ビラ、はがき、名刺、のぼり、などなど… 選挙活動に欠かせない各種印刷物をラクスルではお取り扱いしております。衆議院や参議院の国政選挙から、知事選や市長選等の首長選挙、更には県議選や市議選などの議会選挙まで、 選挙をサポートする印刷物はラクスルにお任せください!

のぼり旗を使って、効果的に宣伝をしよう!

のぼり旗を使って、効果的に宣伝をしよう!

のぼり旗とは、縦長の長方形の布を棒にくくりつけた表示物のことです。現在では、看板や販促ツールとして、飲食店を始め様々な業種の店頭に設置されています。店舗の宣伝用だけではなく、選挙活動や神社で使用されています。
スタンドの看板のように重くもなく、コストも安く簡単に設置できることから、一箇所で何本も使用されることも珍しくありません。標準ののぼり旗のサイズは、600mm×1800mmになり、野外販促の定番ツールとなっています。

旗や幕を使って上手に集客!大きな印刷物で注目を集めよう

旗や幕を使って上手に集客!大きな印刷物で注目を集めよう

集客の基本はまずは見る人の注意関心を集めることです。そこで大活躍するのが、「バナー(旗や幕などの総称)」と呼ばれる大きな広告です。今回はラクスルで人気沸騰中ののぼりをはじめとした、旗や幕に分類される印刷物の特徴や使い分けについてご紹介します。

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

俗に、「のぼり」あるいは「のぼり旗」と呼ばれる広告・販促ツールがあります。 自動車ディーラーの展示場や、ゲームセンター、レストラン、小売店などで、お客様を店内へ誘引することを目的にしています。皆さんも、のぼり旗を見てお店に入ったことが、一度ならずあるのではありませんか。
今回はそんなのぼり旗の生地・素材とその活用法について見ていきます。

「のぼり」の起源はどこから?

皆さんも「のぼり」広告を日常の生活の中でよく見かけると思います。のぼり広告は、他の広告手段に比較して、安価で調達でき、販促効果もあることから、商店やレストラン、スポーツセンター、住宅展示場や自動車販売店などの幅広い業種で利用されています。
複数ののぼり旗を使えば、視認性もあがり、歩行者や車からでも、すぐに目に留まるので、店内や展示場などへのお客さんの誘導には効果的です。
今回はそんなのぼり旗の起源について見ていきます。

費用対効果最高!のぼり旗がおすすめな業種5つを紹介

店舗経営をしているオーナーの方であれば、集客は大きな関心事項だと思います。
集客に効果をあげるもののひとつとして、「のぼり旗」があげられます。業種によっては、のぼり旗を設置するだけで2倍以上の集客を得られることもあります。
のぼり旗は、1枚数千円程度で作ることができるものなので、費用対効果は非常に高いものになります。
それでは早速、のぼり旗の高い効果がある業種や効果的なのぼり旗の使い方を紹介していきます。

開業準備に必要なものは?~飲食店編~

開業準備に必要なものは? ~ 飲食店編 ~

新しく、商売や店舗を始める際に必要なものはたくさんあります。始めてから、そういえばあれが無い!なんてならないように準備しておきたいもの。出店に必要なものをまとめてみました。参考にしてください。
※ラクスルで取り扱いの無い商品もありますので、ご注意ください。

ポストカードなど紙ツールを用いた「秋の販促プラン」のご提案

ポストカードなど紙ツールを用いた「秋の販促プラン」のご提案

暑い夏が終わり、秋はさまざまな行動にうつす時期。はじめたかったことに挑戦する方、新しいコミュニティに参加する方、ひとが動くタイミングです。
そういう時期だからこそ、少し目にしたものや、面白そうなキャンペーンがあれば、なおさら行動に繋がるのです。お客様の心理を理解して、目に触れる紙ツールを活用し、お客様の心を掴みましょう!