Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

チラシ・フライヤー

最新記事一覧

反響を高めよう!不動産チラシ印刷のコツとステップとは?

不動産チラシは、インターネット全盛の現在でも集客ツールとして大きな影響力を持っています。しかし同じチラシを配ったとしても、反響を出せる会社とそうでない会社の差があるのも事実でしょう。 チラシの反響を高くする要因は、なにも物件内容だけではありません。「集客ツールとしてチラシを上手く活用できているか」や「お客のニーズを理解した内容となっているか」など反響のあるチラシを作るには「コツ」があるのです。 そこで当記事では、反響の高いチラシを作成するためのステップやデザインのコツなどを解説します。

一目で伝わる!シンプルなチラシの作り方

シンプルなチラシは、情報がわかりやすい一方で作成するとなると難易度が高くなってしまいます。素人が作ろうとすると情報がうまく伝わらないことや、逆にシンプルさを失ったごちゃごちゃしたチラシになることもあり得るでしょう。そこで今回は、シンプルなチラシを作るための手順やコツを紹介します。

イベントのフライヤーを作ろう!デザインのアイデアも紹介

突然ですが、「フライヤー」とは何のことか知っていますか?何となくショップカードのようなものをイメージする方も多いでしょう。どんなものかを知っていたとしても、その効果やデザインについてはあまり気に留めていなかったりしますよね。初めてフライヤーを作成する場合、デザインについての知識がなく「とりあえず必要な情報が載っていればいい」という方や、逆に「インパクト」を求めるあまり派手すぎて、必要な情報が拾えないデザインになってしまう方もいるのではないでしょうか?今回はイベントに使用するフライヤーについて、デザインの重要性やアイデアを紹介します。

【例あり】チラシの効果的なデザインとその作り方

「来店を促したい」「問い合わせを増やしたい」「購入を促したい」など、消費者の行動を引き起こすためにチラシは制作されます。 しかし、チラシには、3秒で捨てるか読むかを選択する『3秒ルール』という法則があるといわれるほど、チラシの取捨選択はシビアな世界。短時間で必要だと思ってもらえるような効果を出すためには、文章だけではなくデザイン性も重要です。 今回はチラシの効果を高めるデザインのコツをご紹介します。事例とともに、興味を惹きつけることができるチラシをみていきましょう。

集客したい方必見!学習塾の生徒募集チラシのデザインと作り方

現代の集客方法と言えば、ホームページやSNSなどオンライン上へ移行していますが、地域マーケットである学習塾の業界ではまだまだチラシの集客効果は絶大です。 ただし、やみくもにチラシを作って配付しても、思うような集客は望めないでしょう。チラシを制作するにもコストがかかるため、効果のないチラシはコストの無駄にもつながってしまいます。 そこで、今回は集客に効果的な学習塾のチラシの作り方についてご紹介します。「チラシで集客したい」と考えているかたはぜひ参考にしてみてください。

知識ゼロからはじめる反応の取れるチラシの作り方

チラシ作りをしたことがない場合「何を準備すればいいのか」「どんな手順で作業していけばいいのか」など、不明な部分が多く、チラシ作りに不安を感じますよね。 今回はそんなチラシ作りをしたことがない方に向けて、知識ゼロでも制作できるチラシの作り方をご紹介します。 また、チラシは受け取った人の反応を得ることが目的の媒体のため、反応を得られるチラシのコツについてもわかりやすく解説します。

スマホ・PCで!チラシデザインを無料作成できるおすすめアプリ&ツール

スマホ・PCで!チラシを無料作成できる!おすすめデザインアプリ&ツール

デザインの知識がなく苦手な人な方でも、写真とテキストを入れれば簡単にチラシができる。スマホで撮影した写真もそのまま使える、無料のおまかせデザイン作成アプリ「らくらくデザイン」がスマートフォン・タブレットに対応しました!スマホ1つでデザインの無料作成はもちろん、印刷・配布までワンストップで利用することができます!

オンライン講座・相談のチラシ作り方!無料テンプレートで簡単作成

オンライン講座・相談のチラシ作り方!無料テンプレートで簡単作成

昨今の外出自粛の影響により、ビデオ通話サービスなどを用いて遠隔でサービス提供する方法が注目されています。オンラインによるサービス提供をお知らせするための無料デザインテンプレートを多数ご用意いたしました。写真や文章を編集するだけで短時間で作成できます。今回は「オンライン講座・リモート相談」のチラシデザインの作り方をご紹介します!

「新しい生活様式」の印刷物の作り方!無料テンプレートで簡単作成!

「新しい生活様式」の印刷物の作り方!無料テンプレートで簡単作成!

「新しい生活様式」が提唱され、テイクアウト、オンライン相談、営業時間変更、衛生対策の取り組み、ソーシャルディスタンスなど集客方法や訴求内容も変化しています。 企画やデザインを0から作ろうとすると大変ですが、無料デザインテンプレートを利用すれば簡単・すぐに使える印刷物を作成することができます。

営業再開のチラシ・ポスター・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

営業再開のチラシ・ポスター・のぼりの作り方!無料テンプレートで簡単作成

緊急事態宣言解除による休業・自粛要請の緩和に伴い、営業再開に向けた動きが全国で始まっています。「入店制限や席の間隔を保つことでソーシャルディスタンスを守る」「消毒を徹底する」などの取り組みや、業態や時間を変更して営業再開をお知らせするための無料デザインテンプレートを多数用意しました。 今回はチラシ、ポスター、のぼりデザインの作り方でワンポイントアドバイスをご紹介します。

用紙サイズ一覧

印刷用紙サイズの一覧です。日本で使われている印刷用紙サイズにはA判とB判の大きく2つの区分が存在しており、世界各国で利用されている国際規格(ISO)のA判と、日本独自規格(JIS)であるB判があります。

B5サイズとは

B4サイズとは182mm×257mmの大きさで、B4サイズの1/2、B6サイズの2倍の大きさであり、B判の基準となったB0サイズ(1030mm×1456mm)の1/32の大きさです。身近なものとしては、ノートや雑誌にB5サイズが使われていることが多くあります。

B4サイズとは

B4サイズとは257mm×364mmの大きさで、B3サイズの1/2、B5サイズの2倍の大きさであり、B判の基準となったB0サイズ(1030mm×1456mm)の1/16の大きさです。身近なものとしては、新聞に折り込まれるスーパーなどの広告チラシがB4サイズであることが多くなります。

チラシのデザイン制作は誰に依頼すべき?自分で作るならラクスルの無料テンプレートがおすすめ!

チラシのデザイン制作は誰に依頼すべき?自分で作るならラクスルの無料テンプレートがおすすめ!

新しい印刷物の制作で最初に必要となるのが企画とデザインです。どうやってデザイナーを探せばいい?料金はいくら必要?慣れないことには不安もたくさんありますよね。そんな不安を無料デザインテンプレートで解決するオンラインデザインのご紹介です!

かんたんチラシ・フライヤーの作り方!プロのデザインが無料!

かんたんチラシ・フライヤーの作り方!プロのデザインが無料!

チラシを作りたいけど、デザイナーに発注する予算も時間もない・・・そんな時におすすめなのがラクスルの「デザインテンプレート」!無料で使えるプロのデザイナーが作ったチラシのテンプレートに、お店の情報やお手持ちの写真を入れるだけで、誰でもカンタンにチラシが作れちゃいます。今回はそんなチラシの「デザインテンプレート」の使い方を2ステップでご紹介します!

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

限られた時間で多くの有権者に対し、候補者の名前や政策・マニフェストをアピールしなければならない、選挙活動。そんな選挙活動にはオリジナルの印刷物が必須です。選挙ポスター、室内用ポスター、政策チラシ・ビラ、はがき、名刺、のぼり、などなど… 選挙活動に欠かせない各種印刷物をラクスルではお取り扱いしております。衆議院や参議院の国政選挙から、知事選や市長選等の首長選挙、更には県議選や市議選などの議会選挙まで、 選挙をサポートする印刷物はラクスルにお任せください!

集客力アップ!新規店舗オープン時のチラシの作り方

集客力アップ!新規店舗オープン時のチラシの作り方

店舗オープン時、まず集客に必要なのが、広告媒体である、チラシやフライヤーといったものです。このタイミングで、魅力的なチラシが作れるかどうかで、その後の来客数も変わってきます。
今回は、主に居酒屋や、カフェなどの、飲食店オープン時に特化したチラシやフライヤーの作り方や用途をご紹介します。

チラシ・ポスターのおすすめサイズと活用術

無料デザインテンプレートで作成!チラシ・ポスターの用途別おすすめサイズ

無料デザインテンプレートでかんたんにデザイン制作できるオンラインデザインサービスは対応商品・サイズを絶賛拡大中です。チラシは人気のA4サイズをはじめ合計10サイズ(A3~A7、B4~B8)、ポスターはA2サイズをはじめ合計6サイズ(A1~A3、B1~B3)に対応しています。これまで以上に幅広い販促用途でご利用いただけます!
「商品サイズが増えるのはうれしいけど、どのサイズを選べばよいのだろう?」というお客様の声にお応えして、チラシとポスターの代表的な使い方とおすすめ用紙サイズをご紹介します。

オプション加工で印刷物をブラッシュアップする方法

オプション加工で印刷物をブラッシュアップする方法

チラシ・フライヤー、パンフレットなどを作る際のオプション加工は、主に二種類あります。
一つ目は折り加工で、紙を様々な折り方で折ることにより、たくさんの情報量を、一枚にぎゅっと凝縮することができます。紙がコンパクトになることで、手に取ってもらいやすくなる効果、目立たせる効果があります。
二つ目はPP加工や、ラミネート(パウチ)加工といった、紙の表面に特殊な加工を施すものです。そのような加工によって、紙にマット感や光沢感を与えたり、耐久性や耐水性を高めたりすることができます。
今回は、そういった様々な加工を、どんな用途、目的で使うべきかを説明します。

意外と知らない!?見落としがちなチラシの厚さ

意外と知らない!?見落としがちなチラシの厚さ

チラシやフライヤーを作成する際、デザインに注目されることは多いですが、意外と見落とされがちなのがチラシの「厚さ」です。実は、極薄のものから厚手まで厚さは色々ありますよ。見た目はあまり変わらなくても、触ると大分印象は変わります。

他のサイズと差をつける!集客に役立つA4サイズのチラシ

他のサイズと差をつける!集客に役立つA4サイズのチラシ

A4サイズは、コピー用紙と同じサイズで、210×297mmになります。最も馴染みのある大きさですね。様々な使用用途で使われるサイズですが、A4サイズに適しているチラシとは、どのようなチラシなのかを見ていきましょう。