Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

印刷サービス

最新記事一覧

シルクスクリーン印刷で作るTシャツの特徴

シルクスクリーンは、印刷方法のひとつです。デザインの形とおなじ「版」を1色ごとに作り、Tシャツへあてがうことで、切り絵のようにデザイン部分へインクが乗ります。洗濯しても色落ちしづらい耐久性、品質が魅力です。いちど作った版で繰り返し印刷できるため、同じデザインでたくさんTシャツを作る場合、ほかの印刷方法より制作コストを抑えられます。シンプルなロゴ入りのオリジナルTシャツを100枚以上、まとまって注文したい方はぜひシルクスクリーン印刷の利用を検討してみてください。

クラスTシャツに入れる背ネームのアイデア集!

クラスのみんなでそろえるオリジナルTシャツ。一生に一度の思い出のアイテムだからこそ、インパクトがあって記憶に残るものにしたいですよね。しかし、オリジナルTシャツの制作が初めての場合「いいアイデアが思い浮かばない」と悩んでしまうことも多いのではないでしょうか? そこで、クラスTシャツの背ネームに使えるアイデアを、具体例とともにご紹介します。クラス全員が気に入るような、一生モノのクラスTシャツを作ってみましょう!

ラクスルで簡単にできるオリジナルTシャツの作り方

ラクスルではデザインやアパレルの知識がなくても、直感的に操作できるデザイン編集画面によって簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。オリジナルTシャツを作って販売したいときや、部活でお揃いのTシャツを作りたいときも、時間をかけずに発注することができるでしょう。ここではオリジナルTシャツを作るときの流れを詳しく紹介していきます。

ラクスルでメッセージ入りTシャツを作ってみよう!

学校や職場、サークルなどのイベントで、文字を入れたオリジナルTシャツを作ってみませんか? ラクスルのデザイン編集ツールなら、メッセージやチーム名などを入れたデザインが、パソコンやスマホの直感的操作で簡単に作れます! 

オリジナルTシャツ作りをサポート!おしゃれなデザインのコツから実践例まで詳しく丁寧に教えます!

「自分たちが考えたデザインがプリントされたTシャツをつくってみたい! でも、アパレルのデザインなんて考えたこともない。デザインなんて言われるとなんとなく難しそうだし、準備も大変そう」 オリジナルTシャツを作ってみたいけれど、このような不安を抱えている人は意外にも多いのではないでしょうか。ラクスルのデザイン編集ツールは誰でも簡単に使えます。そして、特別なスキルがなくても、ポイントをおさえれば、おしゃれなTシャツを作れます! ここでは、デザインのコツや、ラクスルでデザイン・データを入稿する際の注意点、や具体例を紹介していきます。

インクジェットプリントTシャツの特徴

「オリジナルTシャツを作りたいけど、高そうだし、時間もかかりそう」と思われる方も多いと思います。そんな方に知っていただきたいのがラクスルのインクジェット印刷です。1枚あたり¥1,280から製作できて、入稿から出荷までの日数は10日前後。インクジェット印刷なら、記念写真やロゴ等のデータをそのまま、Tシャツに印刷できます。ぜひ一度お試しください。

オリジナルTシャツのサイズ表の見方

ネットショップで服を購入するとき、現物を確認できないためサイズ感がわからず不安になることはありませんか?事前に、手持ちのTシャツの各寸法を測ってフィッティングしてみることで、サイズ違いの注文を防ぐことができます。こちらでは、Tシャツを選ぶ際に確認すべき寸法とサイズ選びの注意点を紹介します。

角丸のカードの画像

名刺の角丸加工で見た目の印象を変えよう!基本知識や注意点を解説

名刺は角丸加工を行うことで見た目の印象が変わります。ビジネスシーンで頻繁に行われる名刺交換では、名刺のデザインや形状などにこだわることで相手に好印象を与えられるでしょう。ただし一般的に角のある名刺はビジネス色が強く、堅苦しい印象を与える場合もあります。 今回紹介する名刺における角丸加工の基本知識や注意点を理解すれば、より理想に近い名刺を作成できるかもしれません。また名刺以外の角丸加工の活用例も紹介します。ぜひ参考にしてください。

印刷機の画像

名刺をオンデマンド印刷するメリットとは?デメリットも合わせて解説

ビジネスシーンにおいて名刺は、自分自身や会社を知ってもらう上で重要な役割を果たします。その名刺の印刷方式の1つがオンデマンド印刷です。名刺のオンデマンド印刷について理解すれば、名刺の作り方に幅を持たせられるでしょう。当記事ではオンデマンド印刷の概要やオフセット印刷との違い、メリットやデメリットを紹介します

配色を確認する紙の画像

名刺のイメージを決定づける要素は3つ!配色ルールも合わせて紹介

名刺は、自分がどのような人なのかを示し、簡単な自己紹介を兼ねたものを一瞬にして伝えるツールです。ビジネスシーンで使用する際は、会社の事業内容や扱う商品、サービス、自身の人物像などを相手に理解してもらうのに役立てます。 この記事ではイメージの良い名刺の特徴やイメージを決める要素、配色ルールなどについて紹介します。

名刺を持つ人の画像

女性の名刺には3号サイズがおすすめ!印象を変える用紙や加工も紹介

女性の名刺には、3号サイズがおすすめです。3号サイズは女性名刺や小型サイズとも呼ばれ、一般的なサイズより小さめで、可愛らしさを演出できるからです。 当記事では、女性におすすめといわれている3号サイズの概要と印象を変える用紙や加工方法を紹介します。

デザインのイメージ画像

名刺のデザインはテンプレートを利用しよう!費用相場もあわせて解説

名刺デザインを作成する場合、適切な金額でやり取りするためにも、名刺デザインにかかる費用相場をしっかりと把握しておかなければなりません。 当記事では名刺デザインのテンプレート利用について掘り下げるとともに、適切な費用相場などもあわせて解説します。

同人活動では名刺で繋がりが増える!作り方やポイントなどを知ろう

同人活動に名刺があったほうがいい大きな理由は、自分の顔として自己表現できるツールだからです。同人活動を続けていると、同じ趣味を持った人達とやり取りをする機会が増えるでしょう。 名刺があれば簡単に連絡先情報を交換できるため、より交流を深められるだけでなく、新しい出会いのきっかけになります。同人イベントに来場している人に名刺を渡すことで、自身の仲間やファンを増やすことにもつながるでしょう。

オリジナルTシャツを作るときに著作権侵害となるデザイン例を解説

お揃いで作るオリジナルTシャツに、他の人や企業が作った著作物(漫画やイラスト・写真・企業のロゴマークなど)をプリントした場合、著作権や商標権を含む「知的財産権」を侵害するおそれがあります。 オリジナルTシャツのデザインが、第三者の知的財産権を侵害しないよう「原則として著作者の許可を得ていないデザインを使わない」ことを覚えておきましょう。 この記事では、著作権や商標権の観点からオリジナルTシャツに使用できないデザイン例や、デザイン上のチェックポイントをそれぞれ解説します。

冊子を開く人の写真

小冊子で得られる効果は?一般的なサイズや種類を紹介します

複数ページの紙を綴じた「小冊子」。情報誌やパンフレット、会社案内などさまざまな場面で活躍する印刷物です。ただ、サイズがいくつかあるので、何を基準に選べばいいか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、小冊子の一般的なサイズや種類を紹介します。

CDブックレットの写真

CDブックレット印刷とは?代表的な種類やおすすめの厚さを紹介

印刷を施すものとして、封筒やはがき、冊子などさまざまなものがあります。その中でもあまり知られていないのが、「CDブックレットの印刷」です。 当記事ではCDブックレット印刷について見ていきながら、代表的な種類やおすすめの厚さなどについて紹介します。

写真入りの封筒

写真を入れるのに適した封筒は?封筒サイズの種類や正しい入れ方

展示会やパーティなどで撮影した写真を、顧客や取引先に送りたいと考えることもあるのではないでしょうか。ただ、写真を入れて郵送するには、どのような封筒が合っているのか悩む人も多いでしょう。 そこで今回は、封筒サイズの種類や正しい写真の入れ方を解説します。

封筒の写真

透けない封筒はあるの?自分で封筒の透けを防止する方法を解説

重要なビジネス文書を封筒で送るとき、中身が透けないか不安な人も多いでしょう。封筒の中身が透けた状態で郵送すると、取引先との信頼関係を崩してしまうおそれも。場合によっては今後の取引に大きな影響を与えてしまうかもしれません。そこで今回は封筒の透けを防止する方法を紹介します。

履歴書が入った封筒の写真

角2封筒のサイズとは?よく利用される封入物や郵送料金について解説

封入物を折ることなく郵送する際に便利なのが角2封筒です。では、どの程度のサイズの封入物から角2封筒を利用するべきなのでしょうか。 当記事では、角2封筒のサイズやよく利用される封入物、郵送料金について解説します。角2封筒の概要を正しく理解し、ぜひビジネスや普段の生活で活用してみましょう。

封筒の写真

長3封筒は横書きして良い?正しい書き方や書類の入れ方を解説

封筒には宛名の書き方や書類を入れ方などに、ビジネスマナーがあるのはご存じでしょうか。正しいマナーで行えば、相手の印象を高めることが可能です。 当記事では長3封筒で書類を送付する際の、正しい書き方や書類の入れ方について解説します。日常的に長3封筒をよく利用する方はマナーのポイントを押えて、今後に活かしてみましょう。

手紙のイメージ画像

窓開き封筒ってどんな封筒?用紙のマナーや使うメリットを解説!

封筒には定番の形の他に「窓開き封筒」と呼ばれるものがあります。名前だけ聞いても、ピンとこない方もいるかもしれません。窓開き封筒は、カードの明細書や請求書などを送る際に使用される封筒です。実は普段の生活でも目にしていることが多いのではないでしょうか。今回は窓開き封筒について、詳しく紹介します。具体的には、窓開き封筒の特徴や種類や使用するうえでのメリットとデメリット、使うシーン、マナーなどに分けてご紹介。窓開き封筒について知ることで、適切で効果的な使用ができるでしょう。使うことで細かな手間が省ける窓開き封筒、その魅力をぜひ知ってみてください。

封筒の束

個性豊かな手紙を贈ろう。洋2封筒を印刷する方法を解説!

普段、何気なく使っている封筒。なんとなくサイズだけで選んでしまうことも多いことでしょう。しかし、封筒にはそれぞれ適している使用方法があります。 今回は、数ある封筒のなかから「洋2封筒」に焦点を当てて解説していきます。洋2封筒とはどんな封筒なのか、和封筒との違い、オリジナルの洋2封筒を印刷する方法などを紹介します。ぜひ参考にして、手紙を送る際には封筒選びにも気を使ってみてください。

ペンをもつ男の写真

いまさら聞けない!?封筒に書く宛名のマナーを徹底解説

メールなどの連絡手段が主流となった昨今でも、手紙やハガキ、書類などを郵送する機会がありますよね。 しかし、メールに慣れているからこそ、書面でやり取りをする際のマナーは忘れがちです。いざ書類を出す時になって「宛名は、どう書くのだろうか?」と悩むこともあるでしょう。 今回は、「宛名の書き方、自信ないな」という方へ向けて、封筒の宛名の書き方について説明します。プライベートな相手はもちろん、ビジネスでも活用できる内容となっているので、いざというときは参考にしてみてください。