Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

ラクスルマガジンの人気記事

  • 1

    デザイナーは知っている、デザインの基礎知識。感覚的に組んでいると思われがちのデザインも実はある程度、理論や法則があります。自分でチラシを作る場合にも出来るように、デザインの基礎知識をお伝えします。

  • 2

    ※この記事は公開から1年以上が経過しています。

  • 3

    冊子をつくりたいと思っても、データ作成も大変そうだし、なんだか敬遠してしまいますよね。「専用のソフトが無い」「複雑そう」という声も多くありますが、心配は無用です!実は割と簡単につくれちゃいます。
    ワードかパワポが使えれば、自分で作るレベルとしては問題ナシ。要はページ数の分だけちゃんとドキュメントファイルがあればOK。あとは刷り上がりを待つだけでいいのです。
    以下に、冊子の完璧なデータが作れる6つのステップを紹介します。綴じ方向…?面付け…?なんて難しいことはラクスルにお任せを。パパッと作って入稿して、のんびり夏休みを満喫しちゃいましょう!
    2014年8月中、冊子・カタログ印刷は30%OFF!この機会にぜひご活用ください。

  • 4

    お客様の注文をお手伝いするため始めました、ラクスル印刷講座。記念すべき第一回目は「チラシの用紙の選び方」です。「インターネットでチラシを注文してみよう!」といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない… 紙サンプルを取り寄せるのも時間がかかるし…
    そんなお悩みをこの講座で解決いたします!デザイン・用途に合わせた用紙選びでチラシを作成しましょう!

  • 5

    このたび、冊子・カタログ印刷の全ての対応ページ数において1冊からお試しいただけるようになりました!新たに無線綴じ冊子にも対応しております。
    はじめて冊子・カタログ印刷をご利用される方で、事前に仕上がりを確認したい方の試し刷りに最適ですので、ぜひお試しください。

  • 6

    イベントの集客やセール告知などチラシを作成する目的は様々ですが、読んでくれた人に何かしらのアクションを期待するという点では共通していると思います。ではその効果を高めるためにはどのようにしてチラシを作成すればよいのでしょうか?今回は特にはじめてチラシを作成する方向けに効果の出るチラシ作成のコツを目的から掘り下げる形で紹介していきたいと思います。

  • 7

    集客効果の高いチラシを制作する際に重要となるのが、パッと見の「わかりやすさ」「見やすさ」です。では、「わかりやすい」「見やすい」チラシを製作するのにはどうしたらよいのか?答えは簡単。チラシの「レイアウト」を整えるだけで、「わかりやすさ」「見やすさ」は飛躍的に向上します。今回は誰でも簡単に実践できるレイアウトの5つのポイントを紹介します。

  • 8

    チラシを作りたいけど、デザイナーに発注する予算も時間もない・・・そんな時におすすめなのがラクスルの「デザインテンプレート」!無料で使えるプロのデザイナーが作ったチラシのテンプレートに、お店の情報やお手持ちの写真を入れるだけで、誰でもカンタンにチラシが作れちゃいます。今回はそんなチラシの「デザインテンプレート」の使い方を2ステップでご紹介します!

  • 9

    データ入稿から印刷物が届くまでを徹底解説!他のネットショッピングと大きく違うのが、注文完了後のプロセス。ご自身でデータを入稿いただかなかればなりません。そして、最終確認をしてはじめて、印刷工程に進みます。 予定していた納期とずれてしまったということのないよう、流れを徹底解説いたします。

  • 10

    このたび、ラクスルで一番人気のA4サイズのチラシ・フライヤー印刷において、当日出荷のご注文が可能となりました。これまでは最短1営業日後出荷となっておりましたが、お客様の声を反映して更に早くお届け出来るようにいたしました。
    また、ただいま先着30名様限定で当日出荷チラシを半額でおためしいただけるキャンペーンを実施しております。完全先着順、期間限定のキャンペーンとなりますので、この機会にぜひ当日出荷をおためしください。

  • 11

    チラシを作ってみても、何か目立たないなぁという仕上がりになってしまうこと有りますよね。そこで、今回はセオリーを応用して、大胆に目立つデザインの方法を3つお送りいたします。みなさまの用途に合わせて、これだ!と思ったら、使ってみてください。埋もれてしまいがちなチラシも、思わず見てしまうデザインを作ることができますよ。

  • 12

    前回の「チラシの用紙の選び方」に続くラクスル印刷講座第2弾です。今回は二部構成となっており、前篇では「断裁ズレを考慮したデザイン作成」について、続く後編では「画像と色に関する注意点」について解説いたします。

  • 13

    ラクスルのオンラインデザインに新しく「オリジナル封筒」が追加されました!そこで、今回は無料デザインテンプレートを使って、簡単にオリジナル封筒を作る方法をご紹介します。

  • 14

    説明会や講演会のパンフレット、商品カタログ、思い出のアルバム。何度も見返すモノなら、だんぜん「冊子印刷」がオススメです。
    ただ、作ってみたいけど専門用語も多いし、 データの作り方がよく分からない… と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
    そこで、今回はラクスル印刷講座第3弾として冊子の作り方を紹介。冊子に関するお悩みの中から、特に多いものをピックアップしました。お悩みが解決したら、ぜひ一度冊子作りに挑戦してみてください!

  • 15

    無料デザインテンプレートでかんたんにデザイン制作できるオンラインデザインサービスは対応商品・サイズを絶賛拡大中です。チラシは人気のA4サイズをはじめ合計10サイズ(A3~A7、B4~B8)、ポスターはA2サイズをはじめ合計6サイズ(A1~A3、B1~B3)に対応しています。これまで以上に幅広い販促用途でご利用いただけます!
    「商品サイズが増えるのはうれしいけど、どのサイズを選べばよいのだろう?」というお客様の声にお応えして、チラシとポスターの代表的な使い方とおすすめ用紙サイズをご紹介します。

  • 16

    「いつもキャッチコピーには悩んでしまう」「何を伝えれば、お客様が来てくれるのかわからない」そんな皆様のお悩みにお答えして、今回はキャッチコピーの基礎知識をご紹介します。
    キャッチコピーの基本は「お客様がサービスに求めること」と「自社サービスの強み」をマッチさせて伝えることです。今回はお客様が求めるものを「5W1H」で整理して、それぞれに合わせたキャッチコピーをつくる基本パターンをご紹介します。

  • 17

    外国人が日本語を学ぶときに一番困惑するの漢字とひらがなとカタカナの使い分けです。難しい理由は同じ言葉でも漢字とひらがなとカタカナで書いたときに持つそれぞれの言葉に含まれるメッセージが微妙に変わってくることにあります。 「体、カラダ、からだ」全て同じ言葉なのでどの表記を使っても問題ないのですが、これらを使い分けることで受け手の感じ方が変えることができます。あなたは意識して使い分けしていますか?

  • 18

    集客って、本当に難しいですよね。来て欲しい来て欲しいと思ってみても、意外とお客様は来てくれないし。思ってもみないことで、お客様が来てくれたりします。それをコントロールできるようになったら、広告としては合格。お客様に来て、お金をいただけるようにチラシの内容の考え方をお伝えします。

  • 19

    「パンフレットや小冊子をつくりたいけど、冊子自分でつくるのって難しそう・・・」と思っていませんか?実はわりとカンタンにつくれるんです。この特集では冊子をカンタンにつくるための6ステップをご紹介、是非お試しあれ!

  • 20

    「ポスティングをやってみたいけれども効果が心配」「ポスティングを実施したけれども効果がいまいち分からない」といった悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか?ポスティングの反響率は一般的には0.5%~0.8%程度と言われていますが、チラシのデザインや配布エリア、商材など多くの要素によって大きく異なり、5%の反響があったという例もあります。ここでは、高い反響率を得るために注意すべきことをご紹介いたします。