Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

シール

最新記事一覧

印刷するときに押さえておきたい!シール用紙の選び方を解説!

シールの印刷を他社に依頼する場合は、その目的に応じてシールの用紙を決める必要があります。用途に見合った用紙を使わないと、破れてしまったり短期間で剥がれてしまったり、色あせしたりなどさまざまな影響があります。 用紙は種類によって、その価格も異なります。比較的安価な屋内用の用紙で事足りるのに、わざわざ防水加工などが施された屋外向けの用紙で依頼してしまうと、その分高価になってしまうでしょう。 用紙にはそれぞれ特徴があってその効果も異なるため、使用の目的に合わせた用紙選びが重要です。そこで当記事では、シール用紙の特徴とともにおすすめの用紙やその用途、また注意点などについても解説します。

アイキャッチ画像

写真シールやステッカーを作成!自作よりもネット注文がおすすめ

写真やイラストなどの手持ちのデータからシールやステッカーを作るには、色々な方法があります。もちろん自作することも可能です。とはいえ、これまで作った経験がない場合は、いざ自分で作りたいと思ってもどのように作ればよいかわからない人もいるでしょう。 この記事では、自作で写真をシールやステッカーにする作り方やネット印刷サービスを利用する方法、インターネット注文で簡単にきれいなシールやステッカーを作る方法についてそれぞれ詳しく説明します。オリジナルのシールやステッカーを作りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

千社札のようなステッカー・シールを自作する方法を解説!オリジナルを安く作れる!

古風でインパクトのあるデザインが人気の「千社札」ですが、実は簡単な方法で千社札のようなシールが自作できるのはご存知ですか?今回は、千社札ステッカー・シールを作る方法をご紹介していきます!自宅にあるものを使った自作方法も紹介していますので、ぜひご覧ください。

備品の管理などに使う「ラベルシール」の作り方を解説!印刷用紙まで完全網羅!

備品管理などに使えるラベルシールの作り方は、実はとても簡単なのをご存知でしょうか?シールを作るって手間暇がかかるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、2つの方法で気軽に作れるんです。今回はそんなラベルシールの作り方と印刷用紙について解説します。

ステッカーが貼ってある壁の写真

オリジナルシールやステッカーは簡単に作れる?!話題の作り方をご紹介

今、オリジナルシールやステッカーを制作することが話題になっていることをご存知でしょうか? たとえば、洗剤入れや調味料入れ、クリアボックスなどの仕分け用ラベルにしたり、お気に入りキャラクターをプリントシールにしたり、スポーツチームやイベントのデザインを印刷して勧誘や宣伝の際に利用するなど、シールやステッカーは暮らしをより便利に楽しくできるアイテムとして注目されています。 今回はオリジナルシール・ステッカーの作り方についてご紹介。世界にたった1つのオリジナルシールやステッカーを制作しましょう。

郵便のイメージ写真

封筒やメール便に貼り付ける『宛名シール』の作り方

封筒やメール便を送付する際、宛名書きを大変だと感じたことはありませんか?送付先の相手の名前は決してミスが許されないもの。もし、間違えてしまったら1から書き直しをすることになり、時間も封筒も無駄になってしまうことがあります。 今回は、このような宛名書きのミスを防ぎ、宛名書きの時間短縮も叶えるような『宛名シール』の活用についてご紹介。簡単に『宛名シール』を自作できる方法もお伝えしますね。

はってはがせるシール

シールはがしにイライラしない!シールはがしのコツと『きれいにはがせるシール』の魅力

シールをきれいにはがすことができず、困った経験はありませんか?実は、シールの粘着力の特徴やコツをおさえれば、きれいにシールをはがすことができるんです。 しかし、最近では『きれいにはがせるシール』を使うことで、コツをつかまなくても、誰でも簡単にシールをはがすことができると、注目を集めるようになりました。破棄がしやすいように個人情報の宛名シールで使われたり、商品などを傷つけない値札シールとして使われたりと、さまざまな場面で重宝されています。 今回は、きれいにシールをはがせるコツをお伝えするとともに、『きれいにはがせるシール』の魅力や特徴についてご紹介します。

ソーシャルディスタンスのお知らせ

【無料デザインテンプレート配布中】ソーシャルディスタンスの呼びかけ

現在、感染症拡大抑制のため、人同士の距離を確保する『ソーシャルディスタンス』の取り組みが大切になっています。スーパーやコンビニなど多くの場所で、一人ひとりの間隔をとるために2m間隔で床にシールを貼る取り組みや、店内に注意喚起を促すポスターを掲示する取り組みが進められています。

social_distancing

小売店向けシール・ステッカー・ポスターのソーシャルディスタンスを促すデザイン事例をご紹介

コロナウイルスの感染拡大がまだ心配される中、営業していただいている小売店の方も多くいらっしゃいます。人が多く集まる小売店では、2m以上離れるソーシャルディスタンスを守っていただくために様々な工夫を行っております。そこでラクスルからもソーシャルディスタンスを促すシール・ステッカー・ポスターのデザイン事例をご紹介!無料で使えるデザインテンプレートも配布しておりますのでぜひご確認ください。

【プロのデザインが無料】オリジナルシール・ラベル・ステッカーの作り方

【プロのデザインが無料】オリジナルシール・ステッカーの作り方

ラクスルのオンラインデザインで「シール・ステッカー」が作れるようになりました!オンラインデザインでは宛名シールやロゴシール、ラベル、販促シールなど、様々な用途のテンプレートをご用意。
今回はテンプレートを使ってかんたんに「シール・ステッカー」を作る方法をご紹介します!

シールとステッカーってなにが違うの?

シール・ステッカー・ラベルの違い

「シール」「ステッカー」「ラベル」という言葉の境界線は曖昧です。そのため、印刷注文を行いたい際に、自分が作成したい商品が「シール」なのか「ステッカー」なのか迷われる方も多いでしょう。この記事では、そんな悩みを解決すべく「シール」「ステッカー」そして「ラベル」の違いについて解説します。

ここがポイント!カットラインパスはこう作る!

ここがポイント!カットラインパスの作り方

「カットライン(仕上がり線)」とは、シール印刷やラベルのデータを印刷する場合にオブジェクトの他に必要となる、仕上がりの形をカットするための「線」のデータです。カットラインは、Illustratorの「図形ツール(長方形ツール等)」や「ペンツール」を使って作成することができます。
カットラインを作成する際の注意事項を見ていきましょう。

食品表示法や薬事法も要確認!表示ラベル作成時の注意点

包装技術協会によれば、日本のパッケージ市場の規模は5兆6000億円で、41%が紙製品、31%がプラスチックや軟包装、17%が金属製品、2%がガラス製品、その他が11%です。
パッケージによって、商品の持ち運びが可能になり、ブランドも誕生しました。今回はパッケージに貼られている商品シールについて解説します。

車や窓に使うシールやステッカーの日焼け、劣化を防ぐには?

屋外で利用するシールやステッカーは、過酷な環境条件にさらされます。そのため、どうしても屋内で利用するシールやステッカーより劣化の進度は早まります。ただ、素材やフィルムを工夫することで長持ちをさせることは可能です。今回は、屋外で利用されるシール、ステッカーの劣化を防ぐための、手段や方法について解説します。

粘着力を間違うと大変!用途にあったシールを作るためには?

シール・ステッカーの粘着力と糊の関係、ベタベタのはがし方は?

シール・ステッカー・ラベルなどの印刷に使用する糊にはさまざまな種類があり、粘着の強度も異なります。
それぞれの粘着強度・糊の特徴を理解して、用途や目的に沿ったシールの注文を行いましょう。
また、シールのはがし方についてもご紹介いたします。

訂正シールで失敗しない方法

訂正シールで失敗しない方法

印刷は大量複製の技術と言われていますが、原稿にミスがあれば、大量に間違いが流布される恐れがあります。このようなミスが発生しないように、原稿を確認することが大事なのですが、それでもミスは発生します。そんな時便利なのが、訂正シールです。

商品パッケージに欠かせないバーコードは、どれくらいの大きさで作ったらいいの?

※ラクスルでは可変バーコード印字のオプションは承っておりませんのでご注意ください。

バーコードは1980年代に日本で普及し、今では、パッケージ商品や、自動車の部品、宅配便の伝票など、幅広い使用用途に普及しています。バーコードによって、業務の効率化や、マーケティングへの貢献が期待されています。
今回はバーコードの作成について見ていきたいと思います。

値札の作り方って簡単なの?

値札の作り方って簡単なの?

※ラクスルでは商品タグの印刷は取り扱いがございませんのでご注意ください。

値札のない小売店があるとしたら、消費者は何をベースに商品購入をしたら良いのでしょう。古くは、正札とも呼ばれた「値札」「プライスカード」は小売店にとって、なくてはならない消費者とのコミュニケーションツールです。 最近は電子POPや電子値札なども普及しはじめましたが、まだまだ、紙の値札は健在です。
今回は値札の作り方について見ていきます。

忘れずに!個人情報を守るプライバシー保護シール

忘れずに!個人情報を守るプライバシー保護シール

プライバシー保護シールとは、目隠しシール、情報保護シールとも呼ばれる重要な情報(個人情報など)が記載された書面の場合、記載された部分に貼ることで、個人情報の漏洩を防ぐためのシールのことです。このシールによって記載する人が書面を投函し、受け取る人に渡る間に重要な情報部分を保護することができ、情報漏れを防ぐことができます。
現在、2017年5月30日に施行された個人情報保護に関する法律改正により、すべての事業者が個人情報保護法の対象となり、厳重な管理が求められています。
個人情報の郵送でのやり取りでは、このプライバシー保護シールは必要なツールです。

シール・ステッカー・ラベルの作り方【ラクスル印刷講座 vol.4】

「記念に自社ロゴのステッカーを作りたい」「ノベルティとしてオリジナルキャラクターのシールを配りたい」「至急、訂正シールが欲しい」といったお客様のご要望によって開始した、シール・ステッカー・ラベル印刷。
様々な用途で使えるようにベーシックな紙種と加工を用意しています。データ作りが難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実際はポイントさえ押さえていれば大丈夫。
データの作り方をマスターして、オリジナルステッカー制作に挑戦してみましょう!