印刷するときに押さえておきたい!シール用紙の選び方を解説!

シールの印刷を他社に依頼する場合は、その目的に応じてシールの用紙を決める必要があります。用途に見合った用紙を使わないと、破れてしまったり短期間で剥がれてしまったり、色あせしたりなどさまざまな影響があります。 用紙は種類によって、その価格も異なります。比較的安価な屋内用の用紙で事足りるのに、わざわざ防水加工などが施された屋外向けの用紙で依頼してしまうと、その分高価になってしまうでしょう。 用紙にはそれぞれ特徴があってその効果も異なるため、使用の目的に合わせた用紙選びが重要です。そこで当記事では、シール用紙の特徴とともにおすすめの用紙やその用途、また注意点などについても解説します。

コスト重視なら紙のシール用紙がおすすめ

耐水性や耐候性が高いフィルム素材

和の印象を表現できる和紙(大礼)

前の記事のし(熨斗)をシールで印刷する方法は?貼...

関連キーワード