商品シールの使い方と注意点

商品シールの使い方と注意点

包装技術協会によれば、日本のパッケージ市場の規模は5兆6000億円で、41%が紙製品、31%がプラスチックや軟包装、17%が金属製品、2%がガラス製品、その他が11%です。
パッケージによって、商品の持ち運びが可能になり、ブランドも誕生しました。今回はパッケージに貼られている商品シールについて解説します。

広く活用されている商品シール

デザイン面での留意点

差別化とシリーズ化

流通・保存への対応

糊も重要な要素

まとめ

前の記事チラシで反響を出すために重要なこととは? 次の記事シール印刷で、お客様をキャッチしよう