冊子・カタログ

パンフレットやカタログ、会社案内や会報誌など様々な用途で大活躍!1冊から注文可能

商品一覧送料無料

サイズ: A3/A4/A5/A6/B4/B5/B6/CD | ページ数: 864 ページ
5,000円〜 A4 / 8ページ / 100部
サイズ: A4/A5/B5/B6 | ページ数: 864 ページ
6,470円〜 A4 / 24ページ / 10部
1部からお試しいただけます。

中綴じと無線とじの違い

中綴じ冊子

中綴じ冊子

中綴じ冊子の特徴

中綴じは、二つ折りにした紙の折り目部分を針金で綴じたもので、ページ数の少ないドキュメントに最適です。

綴じ方

中綴じ冊子

ページ数

8 − 64ページ

無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

無線綴じ冊子の特徴

無線綴じは、糸や針金を使わず、本の背を糊 (のり)で固めて綴じたもので、ページ数が多い場合は、無線綴じが向いています。

綴じ方

中綴じ冊子

サイズ

ページ数

24 − 124ページ

対応サイズ一覧

タテ綴じ

A3

297 × 420

B4

257 × 364

A4

210 × 297

B5

182 × 257

A5

148 × 210

B6

182 × 128

A6

105 × 148


ヨコ綴じ

A4 ヨコ

297 × 210

B5 ヨコ

257 × 182

A5 ヨコ

210 × 148

B6 ヨコ

182 × 128

CD

121 × 120

折りパンフレット

冊子・カタログのデータ作成用テンプレートで注文やデザインも簡単に

データを作成する際に便利なテンプレートを無料でダウンロードできます。

イラストレーターワードパワーポイント

データ作成用テンプレート

イラストレーター / ワード / パワーポイント

冊子・カタログの関連商品

冊子・カタログの選び方・ヒント

冊子・カタログで使用される形状の種類は主に
中綴じ冊子・無線綴じ冊子の2種類があります。

中綴じ冊子とは

本を開いた状態で、本文を何枚も重ね針金で綴じた冊子。小冊子やパンフレット、フロアガイド等に使用されます。

無線綴じ冊子とは

本の背の部分全体に糊 (のり)を塗布して表紙に貼り付けた冊子。強度が高く、文庫本や研究誌、雑誌等に使用されます。

冊子・カタログとは

冊子とは小型で薄い本のことで、一般的にはパンフレットやブックレットと同じ意味を持っています。 それに対しカタログは商品や展示物の説明をするために作られる印刷物を指し、高品質で多くの色を使った印刷物に対して用いられることの多い用語です。

カタログ・冊子には大きく分けて2つの綴じ方があります。一つは「中綴じ冊子」という綴じ方で、本を開いた状態で背の部分を針金で留める製本方法です。本文と別に表紙をつける必要が無いため、価格が安いのが特徴です。簡単なパンフレットや会社案内、情報誌、単行本、フロアガイドなどに利用されます。構成上4ページごとの作成しかできないため、ページ数は基本的に表紙を含めて4の倍数になるように構成するのがポイントです。もう一つは「無線綴じ冊子」という綴じ方で、本文の背の部分を特殊な糊 (のり)を使って表紙で包み込むように固定する製本方法で、中央に綴じ目が無いのが特徴です。本文よりも紙質の厚い表紙で包むため強度が高く、文庫本や厚手のカタログ、雑誌など、ページ数の多い印刷物に利用されます(女性誌などの雑誌の場合、表紙をつけた中綴じ冊子など、特殊な製本方法を用いることもあります)。中央の綴じ部分(ノドと呼ばれます)があるため、中綴じ冊子のようにページを完全に開き切ることができません。そのため、ページの綴じ部分付近の可読性は低くなります。また、特性上ページ数が奇数の製本ができない点も注意が必要です。

冊子・カタログの用途

カタログや冊子の用途は通信販売での商品紹介や同人誌、フリーペーパーなど、実に多種多様です。 通信販売においてカタログは商品の魅力を最大限に伝えるためのツールとして用いられ、紙質やデザイン性にこだわって作られます。そのためillustrator(イラストレーター)やphotoshop(フォトショップ)といった専門的なソフトを使うことが多く、作り方も難しいため、製作はプロのデザイナーや印刷会社に依頼される場合が大半です。 また、実店舗でもカタログを置くこともあり、家具屋や車屋、アパレルショップでは店舗に商品を置ききれなかったり、季節ごとに商品が入れ替わったりするため、カタログを用意して顧客に商品を見やすく説明しています。

旅行代理店の店頭や駅に置かれている旅行カタログは、日常生活の中でよく目にする冊子・カタログと言えるでしょう。近年ではPC(パソコン)上でカタログが見られる場合も多く、紙よりも手軽にアクセスできるため、多くの店舗で利用されています。主にインターネット上にpdf形式で公開されており、閲覧には特殊なソフトが必要な場合があります。

冊子・カタログの利用方法

意外と知らない冊子・カタログの使い方とは?冊子・カタログ印刷は、中綴じ・無線綴じを使い分けることで、会社案内やパンフレット、さらには文庫本や研究誌、雑誌等でも利用可能です。

冊子・カタログ印刷商品一覧