シールとステッカーってなにが違うの?

シールとステッカーってなにが違うの?

「シール」と「ステッカー」という言葉の境界線はかなり曖昧で、国によっても異なるようです。
「シール」は、もともとは、ラテン語で文書の正当性を表す印章類、やブランド、あるいは手紙を蠟で封印するといった意味で使われていました。欧米では、裏面に粘着面のある用紙を広く「ステッカー」と呼んでいます。
日本でもかなり曖昧に使われている言葉ですが、屋内用途向けを「シール」、屋外用途向けを「ステッカー」と呼ぶことが多いようです。サイズ的にも、ステッカーは小型から大型まで多様です。
今回は、この視点からシール、ステッカーの特性と、用途、作成方法について解説します。

シール

ステッカー

まとめ

前の記事【採用担当者必見】ラクスルで求人!広告... 次の記事【今月のオススメ】1月の販促イベントの...