L判を端まで印刷する4つの方法を紹介。印刷する際の注意点も解説

一般的な写真サイズとされる「L判」の大きさは「89×127mm」です。自身が撮影した写真をL判で印刷したところ、端まで印刷されずに困った経験がある方も多いでしょう。 そこで本記事では、L判を端まで印刷する方法や注意点などについて紹介します。

印刷における「L判」とは?

L判で印刷する際の注意点は2つ

L判を端まで印刷する4つの方法

前の記事印刷物の製本における丁合とは?そのしく...

関連キーワード