Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

コラム・ノウハウ

最新記事一覧

のぼり旗を手作りしよう!意外に簡単な作り方と手作りするポイント

町内のお祭りや学校の文化祭では、賑やかしのためにものぼり旗が欠かせません。しかし少ないロット数を業者に頼むと割高になる上、時間や手間もかかります。やはり手作りするのがおすすめです。 この記事では、のぼり旗の作り方と手作りする際の押さえたいポイントを解説します。

かき氷ののぼり

のぼり旗の意味とは?旗との違いや活用方法も併せて紹介

のぼり旗は顧客を集めるツールとして活用され、注目を集められれば自店の認知度向上や売上アップにもつながります。 この記事では、のぼり旗の意味や定義、旗との違いを紹介します。のぼり旗の活用方法やオリジナルののぼり旗の作り方も併せてチェックしましょう。

折り目のある紙

パンフレットの折り方には種類がある!4つの選ぶコツを学ぼう

パンフレットには、さまざまな折り方があるのはご存知でしょうか。折り方によってパンフレットのレイアウトに違いが出るため、あらかじめ決めておくことが重要です。 この記事では、パンフレットの代表的な折り方を紹介します。パンフレットの折り方を選ぶ際のコツも紹介しているので併せて参考にしていただき、より良いパンフレットを作成しましょう。

文房具

自分でパンフレットを作成する方法とは?ポイントや注意点も紹介

パンフレットは、Wordやテンプレートを活用して自作できます。自作することによって、好みのパンフレットを作りやすくなるはず。 本記事では、パンフレットの作成を自分で行う方法を紹介します。作成までの流れやポイント、注意点を参考に魅力溢れるパンフレットを作りましょう。

色鉛筆

パンフレットはレイアウトが重要。伝わるパンフレットを作成するコツ

パンフレットを作成する際は、「どんなデザインにすればいいのだろう」「どうすれば自社の魅力が伝わるだろう」と悩みや疑問があるでしょう。パンフレットを作成するコツを掴んでおけば、わかりやすいパンフレットを作成できます。 この記事では、パンフレットを作成する際のコツを紹介します。作成時に押さえておきたいポイントも紹介するので、伝えたい情報を届けられるパンフレットを作成しましょう。

商談風景

パンフレットとリーフレットの違いとは?使う場面と情報量での選び方

パンフレットとリーフレットはどちらも同じ情報媒体と考えがちですが、実はそれぞれ特徴があり、利用するのに適当とされる場面も違います。 この記事では、まずパンフレットとリーフレットの特徴を詳しく見直し、それぞれをどう使い分けるかについて解説します。

資料を持つビジネスマン

パンフレットの表紙の役割とは?より目を引くための条件と作成のコツ

デジタル情報全盛の現代において、紙製のパンフレットには人に情報を伝えるためのいくつかのメリットがあります。
・能動的にアピールできる:Webサイトのように訪問を待つ(受動的)のではなく、こちらの意図に合ったターゲットを設定し積極的に働きかける(能動的)ことができる
・忘れていても見かけただけで思い出せる:受け取ったときはそれほど着目していなくても、その後パンフレットを見かけるだけで思い出せる
そんなパンフレットですが、やはり見た人が興味を持ち、手に取ってもらう必要があります。その入り口となるのが「表紙」です。 この記事は、パンフレットの表紙の重要性から手に取ってもらうための条件、作成のポイントを解説し、より効果的に認知してもらえるパンフレット表紙の作成をサポートします。

請求書と封筒

封筒の宛先の会社名にどの敬称を使う?宛名の書き方と守るべきマナー

しっかりと学び、ビジネスにおいて使えるようにしておきたいマナーはたくさんあります。社外の取引先などへ送る封筒の会社名に使う敬称選びもその1つです。 この記事では、ビジネスマナーの基本ともいえる封筒の宛先を書く際に敬称をどう選ぶかと書き方について解説します。

空とポスト

年賀状の料金は種類によって異なる!ラクスルの印刷価格も紹介

新年の挨拶に使う年賀状は、種類によって料金が変わるのはご存じでしょうか。日本郵便から販売されている年賀状は、さまざまな種類や特徴があります。 料金や購入方法などを理解していただくために、今回は年賀状の種類や料金、ラクスルの印刷価格や年賀状印刷をする際の流れについて紹介します。

郵便局の写真

余った年賀状はどうする?有効活用する3つの方法を紹介!

年賀状は書き損じや印刷ミスに備えて、必要な枚数よりもたくさん準備して年賀状作成へ取りかかる人が多いでしょう。しかし、宛名書きの失敗や印刷ミスがなかった年賀状を余らせておくともったいないです。 当記事では余った年賀状を有効活用する3つの方法をみていきましょう。

正月の玄関飾り

謹賀新年は「謹む」という言葉を含む賀詞!意味や正しい使い方を解説

年賀状を作成するときに、住所や宛名、メッセージを書き間違えてしまうこともあるはずです。そんなとき、書き損じた年賀状を破棄するのはもったいないと感じることもあるでしょう。そこで今回は、書き損じた年賀状を交換できる時期や注意点について紹介します。

毛筆で何かを書く女性の写真

年賀状の書き損じは交換可能?交換するときの注意点を詳しく解説

年賀状を作成するときに、住所や宛名、メッセージを書き間違えてしまうこともあるはずです。そんなとき、書き損じた年賀状を破棄するのはもったいないと感じることもあるでしょう。そこで今回は、書き損じた年賀状を交換できる時期や注意点について紹介します。

正月飾りの画像

写真年賀状を使う機会って?送る際の注意点や写真の選び方をご紹介

普段頻繁に会えない相手に写真で自身の状況を伝えられる写真年賀状。メッセージでも自身の近況は伝えられますが、写真のほうがより分かりやすく相手にも喜ばれます。 しかし、送る相手によっては、迷惑に感じる人や失礼にあたることもあるのです。そこで今回は、写真年賀状がおすすめの場面や送る際の注意点について見ていきましょう。

正月飾りの写真

年賀状デザインで迷っている方必見!無料で使えるテンプレを紹介

年末になると、毎年悩んでしまうのが年賀状のデザイン。シンプルなものや個性豊かなもの、流行を取り入れたものなど、毎年さまざまなデザインの年賀状が販売されます。さらに年賀状のデザインは、出す相手によって使い分けることも大切です。この記事では、年賀状のデザイン選びで気をつけたい点やラクスルで作れる無料の年賀状デザインについて解説します。

虎の写真

2022年は寅年!寅の意味や由来、壬寅について解説!

2022年は寅年(とらどし)。十二支の三番目となる寅は、勇敢で強いイメージがあります。では「寅年」は、どのような年になるのでしょうか?今回は寅年をテーマに、十二支の意味やその由来、2022年に訪れる「壬寅」を解説します。寅年の方は、自身の干支について知る機会にしてください。

金のだるまの画像

取引先の会社に年賀状を出す際のマナーは?失礼のない年賀状を出そう

会社から年賀状を出す場合、どのようなことに気を付けながら作成すべきか詳しく知らない人も多いでしょう。プライベートとは異なり、年賀状を出す際のマナーを守ることで取引先の会社に良い印象を与えられることもあるのです。 この記事では、会社が出す年賀状のマナーについて詳しく紹介します。宛名や文面の書き方や注意点などを紹介するので、取引先の会社に良い印象を与えられる年賀状を作成しましょう。

正月飾りの置物の写真

コンビニ年賀状とネット印刷年賀状、どちらがよいのか徹底検証!

年末が近づくと、そろそろ年賀状の準備をしなければなりません。中には、いつも年末ぎりぎりになって慌てるので「今年こそは早めに準備しよう」と思っている人も多いことでしょう。 そこで、「早く安価に作成できる」として利用者が急増している「コンビニ年賀状」と、「ネット印刷年賀状」の違いについて徹底検証しました。

正月飾りの写真

年賀状をおしゃれに作るポイントとは?テンプレートを活用しよう

おしゃれな年賀状を作りたいと思っても、「どうやって作ればいいかわからない」、「デザインのセンスがないから難しい」といった悩みを抱える人はいるでしょう。 この記事では、おしゃれな年賀状を作る4つのコツを紹介します。おしゃれな年賀状を簡単に作成できるテンプレートについても紹介しているので、併せて参考にしてみてください。

ポストの写真

年賀状が元旦に届くのはいつまでに投函?年賀状の受付期間を知ろう

年賀状を作るとき、「元旦に届くためには、いつ出せばよいのだろう」と疑問に思う人は珍しくありません。その疑問を持つ人の根底には「元旦に間に合うように年賀状を準備したい」という思いがあるのです。 この記事では、年賀状を元旦に届けるための受付期間について紹介します。受付期間を過ぎた場合の対応や目安の配達日も併せて紹介するので、参考にしながら年賀状を準備してみてください。

PCと男性

おしゃれな年賀状デザインの選び方とマナー|キレイな写真の選び方

年のはじめのご挨拶として、最近はおしゃれなイラストなどのテンプレートを使うのが主流ですが、親しい方には近況報告を兼ねて、写真つき年賀状も増えてきました。 この記事は、年賀状に使うおしゃれなデザインを選ぶ方法と、選ぶときのマナーについて解説します。

DM・ダイレクトメールの効果とは?開封率や反応率はどれくらい?

日常的によく見るDM(ダイレクトメール)ですが、みなさん実際の開封率や反応率についてご存じでしょうか。マーケティングの手段としてそもそもどれくらいの効果があるのか、すぐに捨てられたり目を通してもらえない印象もありますよね。今回は、施策を行う前に事前に抑えておきたいDMの開封率や反応率についてまとめてみました。