Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

コラム・ノウハウ

最新記事一覧

人気のお店に裏メニューあり?裏メニューが存在する理由

人気店によくある裏メニューはメニューに載っていないため、初めてのお客さまはその存在を知ることができません。どんなに美味しくてもそれらを表メニューに載せないことがあります。常連さんだけが知っている裏メニューはなぜ存在するのでしょう。 売れるものを意図的に売らないというこの手法は実はマーケティングという面からみてもとても意味のあることなのです。ここでは裏メニューが存在する理由について説明します。

特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット

特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット

初めて入った食堂で、常連客とお店の人が仲良さそうに話をしてて、自分たちの存在を軽く扱われたことありませんか?常連客だけを大切にしているお店。そういうお店はあまり近づきたくなくなりますよね。ではビジネスという視点で考えたときはどうなのでしょう? 特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット、そしてお店としてどうあるべきなのかを考えていきたいと思います。

じわじわ集客力があがる!黒板を使った集客方法

じわじわ集客力があがる!黒板を使った集客方法

黒板を使ったぐらいでお客様が増えるわけないだろ。そう思うかもしれませんし、実際、実践した多くの人がそう思っていました。ところがびっくりするぐらい集客してくれるのがこの黒板を使った集客です。 爆発的に集客できるわけではないのですが、確実に黒板に惹かれて来店してくれる人が増えるのです。お店に入ろうか悩んだ人をお店に吸い寄せる。そんな魔法のような力が黒板にはあるのです。

顧客データベースをフル活用して愛されるお店になろう!

顧客データベースをフル活用して愛されるお店になろう!

ポイントカードや会員カードの導入で様々な顧客データベースを入手することができます。お客さま個人の嗜好であったり、データベース全体から見る流行の移り変わり。他にもさまざまな情報がデータベースには詰まっています。 ところがデータベースに入っているデータが膨大すぎて使いこなせないことが多々あります。ここでは、どうすれば顧客データベースを活かすことが出来るのかを紹介します。

こんなにもあります!ポイントカード、会員カードのメリット

こんなにもあります!ポイントカード、会員カードのメリット

コンビニに行くと必ずと言っていいほどポイントカードの提示を求められます。家電量販店はかなり前からポイントカードを導入していました。購入金額の数%がポイントとして溜まっていくのでお店にメリットが少ないように思えませんか? でも実はポイントカードや会員カードには大きなメリットが隠されているのです。損するようにみえてお店は一体何を得ているのでしょう。ポイントカードや会員カードのメリットを紹介します。

「顧客は商品ではなく、体験を買いに来ている」の意味

「顧客は商品ではなく、体験を買いに来ている」の意味

現代は飽食の自体と言われ、よほどの事がない限り、飢えて死ぬようなことはありません。所得の無い人や就労が困難な人のためにも、生活保護というセーフティネットも存在しています。簡単にいえば「モノは足りている」時代なのです。特にここ数年は、シェアビジネスを始めとした「物質よりも体験」の流れが加速しています。この記事では、そういった「商品ではなく経験を買いに来ている顧客」という概念と事例を解説していきます。

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

クリエイティブ系職種と呼ばれている人たちで、横文字の肩書きが多い!しかしながら、一体どの名前の人が何をやっているのかわからないのが現状。とはいえ、本人にも聞けないし、周りの人に聞くのもちょっと恥ずかしいですよね。紙の媒体に絞って、それぞれどんなことをやっているのかをご紹介します。

「会員制」の店舗が成り立つ3つの理由とは。

「会員制」の店舗が成り立つ3つの理由とは

高級クラブや高級ラウンジ、会員制のスーパーなど。これらはすべて「会員制」を導入し成り立っている店舗です。これらの店舗はほとんどの場合、新規顧客獲得のために特別な広告や宣伝を打ったりはしません。通常、企業にとって新規顧客の獲得やそれに関する広告活動は重要な要素です。それを行っていないにも関わらず、世の中には高い顧客満足度と大きな売上も誇っている、そんな多くの会員制店舗が存在します。一体なぜ、このような会員制の店舗は成り立つのでしょうか。この記事では、その3つの理由をご紹介します。

「重さの数え方」など、紙に関する豆知識

「重さの数え方」など、紙に関する豆知識

いつも慣れ親しんでいる紙ですが、その重さや数え方や厚さの目安、そしてインクと紙の相性が存在することなどはあまり知られていません。ここで紹介するちょっとした専門用語を理解しておくだけで、紙とチラシに対してより理解が深まるでしょう。

知り合いづての「口コミ集客」3つのコツ

知り合いづての「口コミ集客」3つのコツ

企業経営において、一番の集客効果を発揮するのが顧客や知り合いづての「口コミ」です。昔であれば、近所で評判のお店が町内で噂になる程度だったでしょうが、現代では、全国の人気店が検索で分かるようになっています。「ぐるなび」「食べログ」のような口コミサイトの登場で、この傾向は今後さらに加速していくでしょう。そんな、これからの時代にますます必要となってくるであろう「口コミ集客」の3つのコツをご紹介します。

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

先日、「【特集】チラシ(ポスティングや折込み広告)でより効果を出す方法」にて、編集Yこと私、安井がお送りいただいたチラシに赤入れさせていただきました。そちらを元に、気づいたことをお伝えさせていただきたいと思います。その時に赤入れした内容の考え方をお伝えいたします。

意外とはまる「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?

意外とはまる「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?

「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?成功するキャッチコピーには特徴がありますが、失敗するキャッチコピーにも特徴があります。 にも関わらず、巷には「成功するキャッチコピー」についての記事しかありません。 この記事では、逆に「この特徴に当てはまっていれば失敗する」という例を挙げ、解説していきます。

ユニークな会員カードでリピーターを獲得しよう!

ユニークな会員カードでリピーターを獲得しよう!

リピーターを獲得するために欠かせないツールとなっている会員カードですが、多くのショップが会員カードを発行した結果、特徴のない会員カードではお客さまを引き止められなくなってきました。そのため、お客さまをリピーターにするために様々な工夫をしている会員カードがあります。その一例を紹介します。

一般的に集客が厳しい日とは、どのような日?

一般的に集客が厳しい日とは、どのような日?

いつも通り営業していても、集客数が伸びないというのがあります。どのような日が、集客数が伸びないかご存知でしょうか?今回は、いつも通り通常営業しているのに、集客数が伸びない日について説明を行っていきます。

ポスティングと新聞折込の違い

ポスティングと新聞折込の違い

チラシって、たくさんありますが一体、どうやって配れば良いのか?ポスティングと新聞折込みの違いを明らかにすることで、お客さんにチラシをどうやって届ければ有効なのかについて考えたいと思います。

新規顧客とリピート顧客、大切にするべきはどちら?

新規顧客とリピート顧客、大切にするべきはどちら?

企業において、リピート顧客は大切な存在です。何度も商品を購入し、サービスを利用してくれる顧客は、企業に継続的な利益をもたらしてくれるからです。しかし、一方で新規顧客も同じように大切な存在です。特に創業期などは、リピート顧客が存在しないため、新規顧客の獲得に努めなければいけません。ただ、どちらも同じレベルで大切に扱うのは至難の技。優先順位をつけるとすれば、一体どちらを大切にするべきなのでしょうか?

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

集客って、本当に難しいですよね。来て欲しい来て欲しいと思ってみても、意外とお客様は来てくれないし。思ってもみないことで、お客様が来てくれたりします。それをコントロールできるようになったら、広告としては合格。お客様に来て、お金をいただけるようにチラシの内容の考え方をお伝えします。

世界をまたにかけるグローバル企業のキャッチコピーまとめ

世界をまたにかけるグローバル企業のキャッチコピーまとめ

日本企業のキャッチコピーはCMや広告でよく目にしますが、海外に本社を置く外資系企業のキャッチコピーはあまり見たことがありません。しかし、私たちが知らないだけで、各社ごとに魅力的なキャッチコピーがつけられています。そこで今回は、食品/外食・アパレル・ITの3つのカテゴリーから、ぜひ皆さんに知って欲しい、魅力的な外資系企業のキャッチコピーをご紹介します。

効果的なキャッチコピーにするために必要な「3つの視点」

効果的なキャッチコピーにするために必要な「3つの視点」

キャッチコピーにはすでに無数の先例が存在しています。真似してしまわないようにと、真剣に考えれば考えるほど、ついつい煮詰まってしまうもの。そんなときは、そのまま同じやり方で考え続けても、あまり上手く事は運びません。一度、考え方をリセットする必要があります。これから紹介する3つの視点を使って、固まった考えをリセットし、見方を変えてみてはどうでしょう。

求人チラシを作るときに法律で意識すべきことは?

求人チラシを作るときに法律で意識すべきことは?

求人チラシを作る際、守らなければならない法律があることをご存知でしょうか?この法律を守らなければ法律違反となってしまい、後で知らなかったでは済まされません。法律違反にならないためにも正しい法的知識を身に付けましょう。

保存してもらえるチラシにあって、捨てられるチラシにない物

保存してもらえるチラシにあって、捨てられるチラシにない物

複数のチラシがあった場合、内容をじっくり見たくなるチラシもあれば、すぐ捨ててしまうチラシもあります。配布したチラシがお客様の手元にずっと保存してもらう事ができれば、大きな集客効果が期待できます。では、保存してもらえるチラシとそうでないチラシには、どのような違いがあるのでしょうか?

チラシ(ポスティングや新聞折込)集客で反響が出ない3つの理由と改善方法

販売を促進するためにチラシ印刷などをする方、多いんじゃないでしょうか。一度、ポスティングや新聞折込み広告をやったけど、全然効果が出ない・・・なんてことも経験した方もあると思います。
しかし、世の中ではポスティングや新聞折込み広告が無くなりません。そう、効果を出している人がいるんです。では、今、使っているチラシがなぜ効果が出ないか別に改善方法をお伝えしたいと思います。

絶対にステルスマーケティングをしてはいけない理由

絶対にステルスマーケティングをしてはいけない理由

ステルスマーケティングは通称「ステマ」と呼ばれるマーケティング方法です。ステルスマーケティングを簡単に説明すると、広告目的と気づかれないように商品を宣伝することです。実はそれほど最近のマーケティング手法ではありません。紀元前からその歴史があり、そう遠くない過去では「土用の丑の日の鰻」もステルスマーケティングとされています。そんなステルスマーケティングはなぜしてはいけないのかを説明します。

掲載情報が少なすぎるときはデザインの力で解決しよう!

掲載情報が少なすぎるときはデザインの力で解決しよう!

情報の多いチラシをまとめるのは大変ですが、実は情報が少ないチラシをまとめるのも大変なのです。だからといって必要もない情報を掲載することには意味はありません。それよりも少ない情報でも魅力的なチラシを作ればいいのです。少ない情報だからこそできるチラシのデザイン方法を紹介します。