チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシはデザインや配色、フォントなど様々な要素で構成されますが「紙の厚さ」も仕上がりを左右する重要な要素です。薄い紙と厚い紙にはそれぞれ特徴があり、用途によって使い分ける必要があります。その使い分けに関してもポイントをご紹介します。

1.「価格」は薄い紙の方が安い。

2.「高級感」は厚い紙の方が出る。

3.厚い紙は「カタログやパンフレット」にも使える。

まとめ

前の記事「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。 次の記事読み手に「朝」を想起させる3つのキーワ...