シール・ステッカー・訂正シール

シール・ステッカー印刷

商品や会社のロゴステッカー・エンブレム・キャラクターなどの販促ノベルティなどに。用紙の種類も耐水・非耐水などバリエーションがあります。
ワードやパワーポイントデータの印刷もOK!
ネット印刷のラクスルなら24時間購入・データ入稿可能です!

選べるお支払い方法:クレジット銀行振込コンビニ請求書払

シール

主に屋内用として気軽にご利用いただけます。

商品や品物の内容物等や商品名を記載したラベルやシール用途としておすすめです。色落ちや摩耗から保護するラミネート紙もあわせてお選びいただけます。PDF、パワーポイントでのデータご入稿も可能です。

屋内用シール・ステッカーの価格例(受付日から4日後出荷の場合・税別)

光沢紙(アートポスト) × 10ピース = 単価400.0
合計 4,000円
詳細・料金を見る ※ 用紙の種類の変更もできます

ロゴステッカー

長期間貼っておいても色落ちしにくい耐候インキを利用

ラクスルのロゴステッカー印刷は主に屋外用途に向いています。キャラクターグッズ・会社のロゴ・バンドや同人グッズなどのノベルティアイテムとして人気があり、販促効果の高いツールとしておすすめです。イラストレーター・ワード・PDF・パワーポイントなどお手持ちのデータから気軽に制作できます。

屋外用耐水シール・ステッカーの価格例(受付日から4日後出荷の場合・税別)

耐水紙(合成紙) × 強粘着 × 10ピース = 単価400.0
合計 4,000円

訂正シール

印刷後の訂正用途に最適なラベル・シールです

書類・カタログ・パンフレットなど印刷後に内容が変更になってしまった時の訂正をしていただくのに便利なラベル・シールです。糊がグレー色になっており、裏面が透けないようになっているため被着体の色や誤字に影響されずに訂正が可能です。

訂正シールの価格例(受付日から4日後出荷の場合・税別)

光沢紙(アートポスト) × 10ピース = 単価400.0
合計 4,000円
詳細・料金を見る ※ 用紙の種類の変更もできます

シール・ステッカーとは

シールとは、ラベルやステッカーなど、糊の付いた紙全般を指します。 中でもステッカーは、宣伝や装飾を目的に製造されたシールのことを言います。主に屋外で使われ、長期間貼っておいても色が落ちにくい用紙・インクを用いることが多いです。 それに対してラベルは、主に屋内で使われるシールのことを言います。 シールは、原義的にはこの2つをまとめた名称です(実際には混同して使われています)。 日本でのシールの歴史は古く、1912年頃には紙の裏に糊をつけた、現在のシールの原型のようなものが使われ始めました。 シール・ステッカーの基本的な作り方としては、illustrator(イラストレーター)やphotoshop(フォトショップ)といったソフトを使って作ったデザインデータを専用の用紙に印刷し、場合によってはコーティングやカッティングを行います。シール・ステッカーは自作(手作り)も可能ですが、企業や団体で作る際には、ブランドイメージを大きく左右する要因にもなります。「なかなかうまく印刷できない」「用紙やインクがよくわからない」という時には、プロの印刷業者に依頼すべきでしょう。

シール・ステッカーの用途

シール・ステッカーはキャラクターのグッズや会社・バンドのノベルティ(販促)グッズ、また、商品などのラベルとして使われます。 自社のロゴなどの文字や、キャラクターのようなイラストをステッカーとして販売・配布することで顧客やファンの私物に貼ってもらい、それを持ち歩いてもらうことで宣伝の媒体になります。

シールやステッカーが主に貼られるのは、キャラクターグッズであれば携帯電話や文房具、ノベルティグッズであればPC、ラベルであれば値段をプリントし、商品に貼られます。また、自動ドアやエレベーターの注意書きなど、特殊な用途のステッカーもあります。最近ではアニメやゲームのキャラクターのラッピングカーなども登場しており、その用途の幅はますます広がっています。 また、シール・ステッカーには用途に応じた耐久性が求められます。使う場所は屋内か屋外か、どんなところに貼られるか、ダメージを受けたら問題のある物(注意書きなど)か、などを考慮し、最適な印刷を選ぶ必要があります。

関連商品を見る