Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

パンフレット

最新記事一覧

観音折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では観音折りパンフレットについてご紹介いたします。観音折りは、横長の紙を左右から真ん中に向けて折り、さらに真ん中で二つ折りにしたものです。観音折りは合計8ページのパンフレットがご作成いただけるので、比較的情報量の多い施設案内やイベント案内によくご使用されています。

巻き三つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷の中から、本記事では巻き三つ折りパンフレットについてご紹介いたします。巻き三つ折りは横長の紙を左右からの真ん中に向けて折り込んだ折り方となっております。合計で6ページ分のパンフレットがご作成いただけるので、フロアガイドや展示会案内などいくつか情報を分けて掲載したい場合にご利用される方が多くいらっしゃいます。

二つ折りパンフレットの利用方法(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルの折りパンフレット印刷でも一番人気の二つ折りパンフレットについてご紹介いたします。二つ折りは短辺同士が重なるように真ん中で折る折り方です。ラクスルのお客様では会社案内やイベント案内のパンフレット・リーフレットとしてご使用される方が多くいらっしゃいます。

展示会案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

展示会を開催する際に、展示物の簡単な紹介と展示配置などをまとめたパンフレットを作成されることがあります。そのような展示会案内を印刷される際には、手に持てるサイズながらも、情報を多く載せることができる巻三つ折りや観音折りがオススメです。観音折りですと8ページのパンフレットが作成できるので、展示物ごとにページを分けて紹介することもできます。

フロアガイド・フロアマップの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

デパートやショッピングモールでは、施設内に複数のお店があるため、施設内の地図をフロアごとに記したフロアガイド・フロアマップが必要です。フロアガイド・フロアマップを作成する際には、手に持ちながら歩けるサイズにすることを意識するとよいでしょう。写真をきれいに発色できる光沢紙か、光の反射を抑えてシックな雰囲気にできるマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

施設案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

施設内の地図や施設自体の解説、お店の情報などをまとめたパンフレットを施設案内といいます。施設案内を印刷される際には、載せる情報量によってサイズを使い分けることをオススメします。載せる情報量が多くない場合は、手に持ちながら施設内を歩けるようにコンパクトなA4の1/3サイズでご作成することをオススメいたします。情報量が多い案内を作る場合も、カバンなどに入れて持ち歩けるように大きくてもA4仕上がり以内でご作成いただくとよいでしょう。

目録の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

式典などの際に贈り物やプレゼントをその場ではお渡しできない際に、品目や贈答する金額を記したものを目録といいます。目録のように文字を主体として白黒で印刷されることが多い商品については普通紙で印刷されることをオススメしております。

イベント・公演プログラムの作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

イベント・公演プログラムとは、演劇やコンサート、演奏会、発表会などの解説・案内などを印刷したパンフレットのことです。プログラム作成のポイントとしては、コンサートなど比較的暗い場所でも見やすいように明るい発色でデザインを作成することです。明るい色がキレイに発色できる光沢紙で印刷するのがオススメです!

訪問看護・デイサービス案内の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

ラクスルでは最近訪問看護やデイサービスのサービス案内を折りパンフレット印刷でご作成いただくお客様が増えてきています。訪問看護などの案内は、高齢者が読まれる機会も多くなるので、光の反射が少なく読みやすいマット紙でご作成いただくことをオススメしております。

メニュー表の作り方(パンフレット、リーフレット印刷・作成方法)

お店で販売・提供している商品の一覧をまとめたものをメニュー表といいます。メニュー表を印刷される際には、写真をメインにするか文字をメインにするかで用紙を使い分けることをオススメいたします。写真をメインにしている面は光沢紙を、文字をメインにしている面には普通紙をご選択ください。

会社案内のパンフレットづくりで外せないポイントはココ!

会社案内のパンフレットは、会社の顔となります。自社の理念や事業サービスの特徴をしっかりとアピールするには、見た目も良くすっきりと仕上げたいものです。
特に、企業理念や事業サービスの特徴、業績といったアピールしたい情報がたくさんある場合は、画像や図版などを配しながら、見映えの良いデザインにする必要があります。
ここでは、会社案内のパンフレットを作る際に、注意したいポイントについてご紹介します。

デザインで勝負!かっこいいパンフレットの作り方

パンフレットの役割は、掲載されている情報を必要な消費者に確実に伝えることです。しかし、実際に手に取ってもらえなければ、作った意味がありません。見た目がおしゃれでかっこいいデザインであれば、思わず手に取ってみたくなり、商品や企業のイメージアップにもつながります。
手に取ってもらえるパンフレットをデザインにすることは、決して難しいことではありません。いくつかのポイントを押さえておけば、センス良く、洗練されたデザインに仕上げることができます。そんな、デザイン性に優れた「かっこいいパンフレット」の作り方について考えてみましょう。

5月のおすすめ商品情報

折りパンフレット、封筒など5月のおすすめ商品情報

ゴールデンウィークのイベントも一段落して次は夏のイベント集客に向けて準備を始める方も多いと思います。夏の販促ツールの定番であるうちわはもちろん、パンフレットなどもこの時期はよくご利用されます。今回の特集では5月のおすすめ商品をご紹介します。

採用パンフレットの最近の傾向と作り方

採用パンフレットの最近の傾向と作り方

毎年就職シーズンになると、ニュースなどで、様々な話題が取り上げられます。ここ数年は経済環境も好転して、就職率も上がり、学生の就職環境も好転していることから、企業にとって、未来を託す人材の採用の重要度は増しています。
最近の就職活動では、SNSのアカウントを持っていないと、就職活動にも支障になるといった話題になるように、インターネットを通じた採用活動が活発です。 しかし、WEBやSNSなどのメディアは、学生にとって都合の良いところだけをつまみ食いする傾向にあり、SNSでは「良い人」を演ずるといった弊害もあり、なかなか直球勝負ができていません。

「認知的不協和」を最小にする採用パンフレットとは?

「認知的不協和」を最小にする採用パンフレットとは?

厚生労働省によれば、大卒新入社員の離職率は入社3年目で30%を超しています。具体的な離職理由は、「思っていた仕事と違った」「やりがいがなかった」「給料が低かった」「会社の環境になれなかった」など、入社までの情報と、入社後の実態に乖離があったことが大きな原因です。
心理学で使われる「認知的な不協和」を解決するための解決策が「退職」という行動につながったのです。退職率を下げるためには、採用前後のギャップを縮めることが大事です。様々なことが考えられますが、「採用パンフレット」も、その役割を担っています。

海外向けの営業資料は紙のパンフレットがおすすめ!その理由とは?

これから海外に向けて営業活動を行う予定の会社、今後海外支店を立ち上げる予定のある会社、また海外営業のための一時的な出張に行く予定のある人におすすめなのは、「海外向けのカタログ(パンフレット)」を作ること。
日本向けの営業資料はすでに手元にあると思いますが、まず日本語では意図が伝わりません。また、海外向けと日本向けでは営業方法が違うので、営業資料も海外向けのデザインで作る必要があります。

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

会社案内や商品・サービス紹介、入社案内など、ビジネス上の必須アイテムといっても過言ではないパンフレットの印刷。今回の特集は、ラクスルでパンフレットを印刷する際、①どの商品で②どの仕様を選んで③どの紙を選べばいいかという3つの観点から、納得の仕上がりを実現するための「パンフレット注文ガイド」をお届けいたします。

チラシからステップアップ! ワード・パワポでつくる「折りパンフレット」カンタン作成講座

チラシからステップアップ! ワード・パワポでつくる「折りパンフレット」カンタン作成講座

※この記事は公開から1年以上が経過しています。

お手ごろな価格と用途に合わせて選べる豊富なラインナップが人気の「折りパンフレット印刷」。パンフレットの作成!となると身構えがちですが、ちょっとしたポイントをおさえれば、ほとんどチラシと同様です。 チラシから少しだけステップアップして、自慢のパンフレットをつくってみましょう!

キレイにパンフレットデータを作るコツ【ラクスル印刷講座vol.5】

キレイにパンフレットデータを作るコツ【ラクスル印刷講座vol.5】

ラクスルの特長といえば、まず「誰でもラクに」印刷できるところ。プロのデザイナーさんでなくても、簡単にデータを作って入稿出来るように、ラクスルでは様々なデータに対応しています。
「専用のソフトが無い」「複雑そう」という声も多くありますが、心配は無用です!実は割と簡単です。プロ仕様のソフトからオフィス系ソフト、ラベル作成ソフトまでご自宅のPCにすでに入っているソフトで作っていただければOK。
ただ、やっぱり「デザイン」するとなると自信が無いという方も多いようなので、今回は常に多くお問い合わせをいただくワード・パワーポイントでのデザインデータ作成のコツをご紹介。今回は、ラクスルの特集を担当しているデザイナーからの助言も。デザインは、感性だけで自由にするもの!ではなく、守った方が美しく見えるルールや鉄則があるんです。

折り加工チラシ/折りパンフレット で手に取ってもらえるツールを

折り加工チラシ/折りパンフレット で手に取ってもらえるツールを

チラシ・フライヤー印刷の折り加工オプションや折りパンフレット印刷には12種類の紙の折り方があり工夫次第で手に取ってもらえるクリエイティブなツールが作れます。8つ折りにして読み物コンテンツを作ってみたり、観音開きでクーポンをつけてみたり、ちょっとした工夫で クリエイティブで喜ばれるツールになります。
手折りは大変ですが、印刷と一緒に頼めば、作業時間はゼロ!ラクスルでは折り加工の指定も簡単にでき、テンプレートもご用意。どなたでも折り加工を取り入れていただけます。
この機会に、ツールのプランニングしてみませんか?