【負荷の一極化を防ぎ、デザイン規定の統一を実現】双日インフィニティ株式会社様の事例

双日インフィニティ株式会社 アパレル

双日インフィニティ株式会社様は、McGREGORやPENDLETON、Admiralなど、様々な国を代表するアパレル・ライフスタイルブランドを手がけています。店舗ごとの案内状の印刷データ制作・入稿を本部の担当者1名が全て担っていましたが、ラクスルを導入することで業務工数の分散と削減に成功。ラクスルのオンラインデザインの活用や、新たな印刷フロー導入について、お話を伺いました。

—— 有名ブランドをいくつも手がけている御社ですが、ラクスルを活用されるようになったきっかけを教えてください。

—— デザイン作成を担当される方は何人いらっしゃったのですか?

双日インフィニティ株式会社アパレル

双日インフィニティ株式会社様は、McGREGORやPENDLETON、Admiralなど、様々な国を代表するアパレル・ライフスタイルブランドを手がけています。

前の記事【印刷コストも業務工数も1/10に!】株式...