オフィスに欠かせない「事務用印刷」とはどういうもの?

チラシやパンフレットなど、印刷物を目にする機会は多いですが、そんな印刷にもいくつか種類があるのはご存知でしたか?印刷には利用目的で分けた場合、5種類程度の分け方が存在し、それぞれ「商業印刷」「出版印刷」「事務用印刷」「証券印刷」「包装その他特殊印刷」に分類されます(「包装印刷」を分け、6種類とする見方もあります)。それぞれによって印刷物などの違いがあるのですが、ここでは事務用印刷について、その内容と印刷物を紹介したいと思います。

事務用印刷の目的と印刷物

事務用印刷の3つの分類

事務用印刷も既成のものではなく、オリジナルのものを

前の記事【飲食業界】効果が出たDM・ダイレクト... 次の記事ECサイトを運営する際に考えておきたい...

関連キーワード