用紙ガイド

用紙の「種類」「厚さ」「サイズ」の特徴や用途、 選び方をご案内いたします。

名刺の用紙ガイドはこちらをご覧ください。

 

用紙の種類

コート紙

表面に光沢(艶)のある紙で、触ったときにペタッとした感触があります。特殊な薬品を表面に塗っているので、色鮮やかに印刷することができます。ラクスルで一番売れているコートの商品は「チラシ」です。写真を多用したデザインのものは、とてもきれいに印刷されます。お店やイベントの宣伝用チラシ、会社で利用する折りパンフレットを検討中の方に、オススメの紙です。もし今、家庭用、会社用のプリンターでチラシやパンフレットを印刷しているようであれば、是非ラクスルのチラシ印刷を試してみてください。本格的な印象を与えることができるうえ、コスト削減も実現可能です。

160308_tokushu_lp_01

 

【相性の良い印刷物】
・写真が多く入ったチラシ
・色を多く使ったチラシ
・折込チラシ
・告知用のポスター

・コートと同じ質感でより厚みが欲しい→アートポスト
・光沢はない方がいい→マット

 

 

 

 

 

マット紙

光沢が出ないように、艶消しを施した紙。表面はサラッとした質感です。
色が、ややくすんで表現されるため、落ち着いた雰囲気を演出できます。

160308_tokushu_lp_02

ラクスルでオススメのマットは、文字情報の多いチラシです。手に取った方が文字を読みやすいだけではなく、落ち着いた風合いを演出することができます。
もし今、家庭用、会社用のプリンターでチラシやパンフレットを印刷しているようであれば、是非ラクスルのチラシ印刷を試してみてください。本格的な印象を与えることができるうえ、コスト削減も実現可能です。

・マットと同じ質感でより厚みが欲しい→マットポスト
・光沢が欲しい→コート
・色を鮮やかに表現したい→コート

 

 

上質紙

ざらついた質感のある紙。
表面に加工をしていないため、鉛筆でも書き込みが可能です。マット紙よりも、色がくすんで表現されます。

160308_tokushu_lp_03

ごく一般的な紙で、コピー用紙、ノートなどに使われています。薄い紙をイメージされるかもしれませんが、厚さには様々な種類があります。

アンケート用紙など、書き込みを前提としたチラシや折りパンフレットです。
厚めの上質では、ポストカードの印刷も承っています。個別にメッセージを書き込みたいときなどにピッタリです。

・色鮮やかに表現したい(チラシ)→コート、ハイマッキンレーアート
・色鮮やかに表現したい(ポストカード)→アートポスト、ハイマッキンレーポスト

 

 

 

アートポスト

表面に光沢(艶)のある紙で、触ったときにペタッとした感触があります。特殊な薬品を表面に塗っているので、色鮮やかに印刷することができます。
コートのうち、厚いものをアートポストと呼びます。

観光地などでよく見る写真入りのポストカードには、アートポストがよく利用されます。写真の色を美しく表現することが出来るからです。

ラクスルで一番売れているアートポストの商品は「名刺」です。顔写真なども美しく印刷されるので、写真入りの名刺をご検討中の方には特にオススメです 。もちろん「ポストカード」印刷にも適しています。
色鮮やかな風景写真などを使ったポストカードには、アートポストをお選び下さい。

・アートポストと同じ質感でより薄い紙がいい コート
・光沢はない方がいい マットポスト
・もっともっとキレイに色を表現したい ハイマッキンレーポスト

 

マットポスト

光沢が出ないように、艶消しを施した紙。表面はサラッとした質感です。
色が、ややくすんで表現されるため、落ち着いた雰囲気を演出できます。
マットのうち、厚いものをマットポストと呼びます。

マットポストは、街頭や駅構内に掲示するポスター印刷によく選ばれます。外光や蛍光灯の反射が少なく、歩く人たちの目にも留まりやすいのです。

ラクスルでは、写真を使っていない名刺に、マットポストをオススメしています。手に取った方が文字を読みやすいだけではなく、全体的に落ち着いた風合いを演出することができます。(写真をつかったものであれば、アートポストがオススメです)

・マットポストと同じ質感でより薄い紙がいい マット
・光沢が欲しい アートポスト
・色を鮮やかに表現したい アートポスト、ハイマッキンレーポスト

 

ケント紙

厚手で、固く張りのある紙。滑らかな触り心地。
パルプと化合物を混ぜて作られる合成紙で、表面に加工をしていないため、鉛筆でも書き込みが可能です。

画用紙や製図用紙として使われているのがケントです。ラクスルでは、白色のケントをご提供しています。
オススメは、名刺です。触り心地が滑らかで、落ち着いた風合いになります。高級感の演出にも効果的です。
また、白色封筒の印刷をご希望の場合も、ケントになります。

・とにかく高級感を追求したい ヴァンヌーボ
・色鮮やかに表現したい アートポスト、ハイマッキンレーポスト
・茶色の封筒がいい クラフト

 

ヴァンヌーボ

表面はかなりざらついた質感。その独特の雰囲気で、落ち着いた風合いの高級感を演出することができます。
結婚式やパーティーへの招待状や、招待状を封入するための封筒として使われることも多い紙です。

ラクスルでは、名刺やショップカード印刷の紙として取り扱っています。品のよい高級感を演出し、シンプルなデザインであればさらに、落ち着いた雰囲気になります。

・高級感を保ちながら、価格を抑えたい ケント
・色鮮やかに表現したい アートポスト

 

ハイマッキンレーアート

光沢(艶)のある紙。触り心地はツルツル。 漂白された真っ白な紙で、印刷された色が鮮やかに浮かび上がります。
コートよりも、さらにハッキリとした色表現が可能です。細やかな色表現を望む場合に好まれ、写真集の紙としてよく使われています。

ラクスルでは、チラシ
の高級光沢紙としてご提供しています。より、鮮やかな色表現をご希望のお客様にオススメです。
※ハイマッキンレーアートは厚手(135kg)のみのお取り扱いとなります。

・色は鮮やかに印刷したいが、価格を抑えたい コート
・光沢はない方がいい 上質、マット

 

ハイマッキンレーポスト

光沢(艶)のある紙。触り心地はツルツル。漂白された真っ白な紙で、印刷された色が鮮やかに浮かび上がります。
コートよりも、さらにハッキリとした色表現が可能です。
ハイマッキンレーアートのうち、厚いものをハイマッキンレーポストと呼びます。

ラクスルでは、ポストカードの高級光沢紙として取り扱っています。写真がとても美しく表現されるので、お店や会社のダイレクトメール、グリーティングカード等にオススメです。官製はがき程度の厚さをご希望の場合は、厚手(220kg)をお選び下さい。なお、スタンプの押印などには不向きなのでご注意下さい。

・色は鮮やかに印刷したいが、価格を抑えたい アートポスト

 

エスプリコートSS

片面は光沢があり、片面は光沢のない紙。
光沢のある面は、写真入りのデザイン等を色鮮やかに印刷することができ
光沢のない面は、仕上がり後、ペンでの書き込みや押印が可能です。

ラクスルでは、カード印刷にオススメしています。表は店舗案内、商品案内などを写真やイラスト等を使って色彩豊かに表現し、裏面は文字の書き込みや押印をすることが出来ます。裏面にも印刷することは出来ますが、色の表現が表面に比べると劣るため、単色印刷などシンプルなデザインが向いています。

・両面ともに光沢がある方がいい アートポスト
・両面ともに光沢はない方がいい マット、上質
・高級感を追求したい ヴァンヌーボ

 

ユポ紙

樹脂を原料とした紙で、触り心地はサラッと滑らか。
水に濡れても破れず、薬品や油などにも強い丈夫な紙。

その丈夫さから、災害時、怪我人の治療優先度を記すトリアージタッグにも採用されている紙です。身近なところでは、長い時間、風雨に晒される屋外ポスター、また、絶対に破れてはいけない、選挙ポスターにもユポがよく使われています。

ラクスルでは、ポスター用紙としてご提供しています。屋外でご利用になる際にオススメです。

・屋内で利用、大きく写真を使ったデザイン コート
・屋内で利用、文字やイラストがメインのデザイン マット

 

クラフト紙

カサカサした感触で、引っ張っても破れにくい強い紙。
漂白過程を省いているため、木の色に近い茶色味がかったものが多くなります。
クラフト紙は、その強度を活かし、包装紙やショッピングバック、段ボールなど梱包用の紙としてよく使われています。

ラクスルでは、封筒の紙としてご提供しています。茶色の紙をご希望の場合にご利用ください。なお、茶色の紙に印刷されるため、カラー印刷をご希望の場合はご注意ください。

・白色の封筒がいい  ケント

※ラクスルでは紙・インクのメーカーはお客様にご指定頂けませんので、予めご了承ください。

 

紙の厚さ

コート90kg、マット110kgなどのように紙の厚さは○○kgという斤量(きんりょう)を用いてあらわします。 斤量=原紙(四六判788mm×1091mm)1,000枚分の重さ(kg)で、数値が低いほど薄く、高いほど厚くなります。また、同じ斤量でも 用紙が異なると厚さは異なります。
 

厚さと用途チャート

160308_tokushu_lp_04

 

● 58kg(一般的なコピー用紙より少し薄い)
よく使われる例:大部数の新聞折込チラシ

● 70kg/73kg(一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さ)
よく使われる例:新聞折込チラシ・冊子の本文用紙

● 90kg(チラシ・フライヤーでは定番の厚さ)
よく使われる例:チラシ・カタログ冊子の本文用紙

● 110kg(ある程度しっかりした厚み)
よく使われる例:商品パンフレット・高級感あるフライヤー

● 135kg(しっかりした厚み)
よく使われる例:冊子の表紙・ポスター・商品パンフレット

● 180kg(郵便ハガキとほぼ同じ厚さ)
よく使われる例:DM・ポストカード

● 220kg(ハガキよりも厚みがある)
よく使われる例:名刺 ポストカード

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった