用紙の種類ガイド(名刺印刷)

名刺印刷でご選択いただける、用紙の種類についてご説明します。

※用紙の厚さ・重さについては用紙の厚さ・重さガイド(名刺印刷)をご覧ください

よく使われる用紙

広く一般に使用されており、コストパフォーマンスに優れています。
特に強いこだわりがなく、お値段を抑えたい場合には以下の3種類をご検討ください。

用紙の名前 用紙の特徴
光沢感 発色性 手触り 筆記性 おすすめの用途
鉛筆 ボールペン
光沢紙
(アートポスト)

あり

高い
ツルツル ×
不可

不向き
写真・イラストが多い印刷物に最適
マット紙
(マット)

ややあり

中程度
さらさら
不向き

不向き
文字情報が多い印刷物に最適
上質紙
(ケント)
×
なし
×
低い
さらさら

鉛筆やボールペンで書き込みをする印刷物に最適

 

光沢紙(アートポスト)

・特徴
表面に光沢のある紙で、触った時にツルツルとした感触があります。
特殊な薬品を紙面に塗っているので、色鮮やかに印刷することができます。
・用途
写真や色を多く使ったデザインの名刺におすすめです。

マット紙(マット)

・特徴
つや消しを施した紙で、光の反射が少なく、印刷された文字が読みやすいです。
(インクが乗った部分はツヤが出ます)
表面はさらっとした感触で、落ち着いた雰囲気を演出できます。
・用途
文字情報の多い名刺におすすめです。

上質紙(ケント)

・特徴
少しざらついた感触で、鉛筆でも書き込みが可能です。
(インクが乗った部分は、筆記性が無くなってしまいます)
色がややくすんで表現され、落ち着いた風合いになります。
・用途
書き込みを前提とした名刺におすすめです。

 

その他の用紙

高級紙(ヴァンヌーボ)

paper4

・特徴
手触りはかなりざらついた質感です。
独特の雰囲気で、落ち着いた風合いの高級感を演出できます。
・用途
結婚式やパーティーへの招待状、招待状を封入するための封筒として利用されることが多いです。
また、紙の質感を生かした、シンプルなデザインの名刺がおすすめです。

 

片面強光沢紙(ミラーコート・プラチナ)

paper7

・特徴
鏡のような光沢があることから「ミラーコート」と呼ばれ、アートポストよりもさらにハッキリとした色表現が可能です(表面のみ)。
ただし、インキがのる部分は光沢感が減少することがございます
・用途
写真を使った名刺などにおすすめです。
※裏面はコート紙となっております。

 

片面和風紙(しこくてんれい)

paper3

・特徴
羽のような特殊繊維が入っており、和紙のような独特な雰囲気を醸し出します。光があたると模様部分がきらきらと輝きます(表面のみ)。
・用途
模様を生かしたシンプルなデザインや、和風のデザインの名刺もおすすめです。
※裏面は上質紙(ケント)となっております。

 

淡クリーム紙(PHO)

paper2

・特徴
ナチュラルな淡いクリーム色の上質紙です。
触った感触は非常に滑らかです。
・用途
紙の強度も高く名刺をはじめとした高級事務用紙として定評があります。紙色を生かしたデザインや文字のみの名刺におすすめです。
 

LIMEX(ライメックス)

paper2

・特徴
石灰石でつくられた、環境に優しく水に強い新素材です。
・用途
多少の雨水などで濡れても問題ないため、耐水性が求められる状況で利用される名刺におすすめです。

 

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

用紙サンプル(無料)

実際にお客様の手にとって質感などを確認いただけるよう、無料の用紙サンプルをご用意しております(LIMEXを除く)
こちらの無料印刷サンプルのご請求からお申し込みください。
※お申込みからお届けまで、1週間程度かかります。

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった