用紙の種類ガイド(折りパンフレット印刷)

折パンフレット印刷でご選択いただける、用紙の種類についてご説明します。

※用紙の厚さ、重さについては用紙の厚さガイド(折りパンフレット印刷)をご覧ください。

 

 

よく使われている用紙

折りパンフレットでよく使われる紙の種類は主に光沢紙・マット紙・普通紙の3種類です。
広く一般に使用されており、コストパフォーマンスに優れています。

用紙の名前 用紙の特徴
光沢感 発色性 手触り 筆記性 おすすめの用途
鉛筆 ボールペン
光沢紙
(コート)

あり

高い
ツルツル ×
不可

不向き
写真・イラストが多い印刷物に最適
マット紙
(マット)

ややあり

中程度
さらさら
不向き

不向き
文字情報が多い印刷物に最適
普通紙
(上質)
×
なし
×
低い
さらさら

鉛筆やボールペンで書き込みをする印刷物に最適

 

光沢紙(コート)

・特徴
表面に光沢のある紙で、触った時にツルツルとした感触があります。
特殊な薬品を紙面に塗っているので、色鮮やかに印刷することができます。
・用途
写真や色を多く使ったデザインの折りパンフレットにおすすめです。

マット紙(マット)

・特徴
つや消しを施した紙で、光の反射が少なく、印刷された文字が読みやすいです。
(インクが乗った部分はツヤが出ます)
表面はさらっとした感触で、落ち着いた雰囲気を演出できます。
・用途
文字情報の多い折りパンフレットにおすすめです。

普通紙(上質紙)

・特徴
少しざらついた感触で、鉛筆でも書き込みが可能です。
(インクが乗った部分は、筆記性が無くなってしまいます)
色がややくすんで表現され、落ち着いた風合いになります。
・用途
書き込みを前提とした折りパンフレットにおすすめです。

 

その他の用紙

高級光沢紙(ハイマッキンレーアート)

・特徴
光沢のある紙で、触り心地はツルツル。 漂白された真っ白な紙で、印刷された色が鮮やかに浮かび上がります。
光沢紙(コート)よりも、さらにハッキリとした色表現が可能です。
・用途
細やかな色表現が求められる場面で用いられ、写真集の紙としてよく使われています。
※色は鮮やかに印刷したいが、価格を抑えたい場合→光沢紙(コート)がおすすめです。

 

 

用紙サンプル(無料)

実際に手にとって質感などを確認いただけるよう、無料の用紙サンプルをご用意しております。
こちらの無料印刷サンプルのご請求からお申し込みください。
※お申込みからお届けまで、1週間程度かかります。

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった