用紙の種類ガイド(カード印刷)

このページでは、カード印刷で選択できる用紙の種類について説明します。
※用紙の厚さについては用紙の厚さガイド(カード印刷)をご覧ください。

種類別の特徴

用紙の名前 用紙の特徴
光沢感 筆記性
(○:可、△:不向き、×:不可)
用紙自体 インキ面 鉛筆 ボールペン スタンプ
光沢紙(コート) あり あり × ×
マット紙(マットコート) なし ややあり ×
上質紙(ケント) なし なし
片面光沢紙(エスプリコートSS)
(別名:エスプリSS-CoC)
表:あり
裏:なし
表:あり
裏:なし
表:×
裏:○
表:△
裏:○
表:×
裏:○
片面強光沢紙(ミラーマルチFS)
(別名:ミラーケントFS)
表:あり
裏:なし
表:あり
裏:なし
表:×
裏:○
表:△
裏:○
表:×
裏:○
ヴァンヌーボVホワイト なし ややあり
PET × × ×

光沢紙(コート)

写真やイラストなどがくっきりと鮮やかに印刷されます。
用紙自体も、インキの乗った面もツヤがあります。
用紙に迷ってしまう…という場合は、印刷のつぶれ等も少ないので光沢紙(コート)がオススメです。

マット紙(マットコート)

光沢が抑えられているので、落ち着いた風合いが得られます。
さらさらとした手触りで、インキが乗った面はほんのりと光沢が感じられます。

上質紙(ケント)

スタンプ・鉛筆・ボールペンで書き込みが可能です。
やや色が沈みますが、落ち着いたトーンや柔らかい印象にしたい場合に向いています。

片面光沢紙(エスプリコートSS)

表面は強い光沢があり写真用紙に近い印象です。真っ白で、はっきりと鮮やかに印刷ができます。
裏面はケント紙のため、書き込みも安心です。

片面強光沢紙(ミラーマルチFS)

表面は強い光沢があり写真用紙に近い印象です。カード印刷取扱用紙の中で一番真っ白で、鮮やかに印刷ができます。
裏面はケント紙のため、書き込みも安心です。
※片面光沢紙(エスプリコートSS)よりも、さらに鮮やかさに印刷可能です。

ヴァンヌーボVホワイト

画用紙よりも滑らかな風合いのある用紙。真っ白ではなく自然な白です。
インキの乗った部分の光沢も控えめなので、落ち着いた印象を与えられます。

PET

サラサラと滑らかな手触りの、薄型のプラスチックカードです。
インキ部分もマット調に仕上がる為、柔らかい印象を与えることができます。
※この素材は、必ず四隅の角が丸く仕上がります。

 

 

※用紙に迷ってしまったら※

お悩み オススメの紙種 備考
正直どの用紙がいいかわからない マット紙 光沢が抑えられているため文字が読みやすく、柔らかい印象を与える事ができます。また、ラクスルのカード印刷では、一番お安く提供できる用紙でもあります。
厚い用紙を使いたい 1位:ヴァンヌーボVホワイト
2位:マット紙220kg
3位:片面強光沢紙220kg
(ミラーマルチFS)
カード印刷のお取り扱い用紙中、厚いものトップ3です
白が綺麗に出る用紙がいい 1位:片面強光沢紙(ミラーマルチFS)、片面光沢紙(エスプリコートSS)
3位:上質紙(ケント)
4位:光沢紙(コート)、マット紙、PET
6位:ヴァンヌーボVホワイト
上の方は真っ白、下へ行くに従い自然な白になります。
写真やイラストが多い 1位:片面強光沢紙(ミラーマルチFS)、片面光沢紙(エスプリコートSS)
3位:光沢紙(コート)
お取り扱い用紙の中で、ツヤのある紙3種類です。細かい部分も比較的つぶれにくく、はっきりとした印刷が可能です。特にミラーマルチFSは、写真用紙の様な強い光沢感があります。
スタンプカードにしたい 上質紙、又は片面強光沢紙(ミラーマルチFS)、片面光沢紙(エスプリコートSS)の裏面を捺印面にするのがオススメです カード印刷の取り扱い用紙中インクが乾きやすく、筆記性の高い用紙です。
落ち着いた印象にしたい ・ヴァンヌーボVホワイト
・マット紙
・PET
・上質紙(ケント)
下2種はサラサラした手触りで、上へ行くほどインキ面が鮮やかに感じる仕上がりになります。

 

 

用紙サンプル(無料)

実際に手にとって質感などを確認いただけるよう、無料の用紙サンプルをご用意しております。(片面強光沢紙を除く)
こちらの無料印刷サンプルのご請求からお申し込みください。
※お申込みからお届けまで、1週間程度かかります。
 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった