Magazine

ラクスルマガジンキーワード

CRM

最新記事一覧

どちらを大切にすべき?新規顧客とリピート顧客

マーケティング戦略上、顧客獲得を考えたときに問題になるのが「新規顧客」と「リピート顧客」のどちらをメインにするかということです。そして結論から言えば大切にすべきなのは「リピート顧客」ということになっています。その理由を説明していきましょう。

既存のお客様にリピートしてもらうための対策方法

既存のお客様にリピートしてもらうための対策方法

自社のビジネスの利益を最大化しようと思えば、既存の顧客のリピート率を最大化していかなければなりません。あなたは自社の顧客のリピート率の上げ方をご存知でしょうか?今回は、既存の顧客のリピート率の上げ方について説明していきます。

ポイントカードや会員カードを提供するメリット

ポイントカードや会員カードを提供するメリット

企業によって違いますが、ポイントカードや会員カードを提供している企業があります。なぜこのような、カードを提供しているかご存知でしょうか?カードを提供するということ自体にメリットがあるのですが、今回は、どのようなメリットがあるのかについて解説をしたいと思います。

キャッチコピーにおける1人称・2人称・3人称の使い分け方法

企業はリピーターを「贔屓」した方がいいの?悪いの?

新規顧客とリピーター。どちらもビジネスをしていく上で欠かせない存在。そんな中で「顧客ごとに優先順位をつける」方がいいのか、それとも「全顧客に平等なサービスを提供する」方がいいのかは多くの人が頭を抱える悩みの種です。今回はそんな悩みにお答えしていきます。

電話応対と対面応対、気をつけるべきポイントは違います!

電話応対と対面応対、気をつけるべきポイントは違います!

ビジネスの基本中の基本になる接客。その中でも電話応対だから気をつけるべきこと、対面応対だから気をつけるべきことがあります。それぞれの特徴をしっかり理解して、お客さまに大して失礼のないビジネスマナーを身につけましょう。

取引先に定期的な挨拶をする意味と効果とは?

取引先に定期的な挨拶をする意味と効果とは?

企業の中には、仕事以外にも取引先に対して定期的に連絡をしたり、あいさつをしに行くところがあります。そうした行為には一体どういった意味、そして効果があるのでしょうか。BtoBの視点から解説していきたいと思います。

特別だけど特別ではない?身近にあるロイヤリティプログラム

特別だけど特別ではない?身近にあるロイヤリティプログラム

ロイヤリティプログラムは優良顧客に対するインセンティブを提供するマーケティング方法のことをいいます。顧客が離れていくことを防止し、リピートにつなげることを目的にしています。じつはこのロイヤリティプログラムはみなさんの身近なところ、生活に密着する形でどこにでもあるのです。よくあるロイヤリティプログラムについて紹介します。

おもてなしの心を学んでお客様のリピートにつなげよう!

おもてなしの心を学んでお客様のリピートにつなげよう!

「おもてなし」という言葉が注目されたのは国際オリンピック総会で、滝川クリステルさんが「おもてなし」の発言をしたことからです。そこから「おもてなし」が注目され始めましたが、おもてなしはそこで急に生まれたものではなく、日本が世界に誇る文化のひとつです。 そのおもてなしを大切にして売上を伸ばしているお店があります。おもてなしはお店の売上にどのような関係があるのか考えてみましょう。

初回以降に来てくれないお客様に再び来店してもらう方法

初回以降に来てくれないお客様に再び来店してもらう方法

チラシやポスティング・新聞折込の効果があってようやくやって来てくれたお客様。ところが初回来店してくれた以降に来てくれなくなることがありますよね。「すごく良かった、また来ます」と言ってもらい満足してもらったはずなのに来てくれない。 その理由はいったいどこにあるのでしょうか。一度来店してくれたお客様にまたお店に足を運んでもらうには待っているだけではダメです。お客様が再び来店してくれる方法を紹介します。

特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット

特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット

初めて入った食堂で、常連客とお店の人が仲良さそうに話をしてて、自分たちの存在を軽く扱われたことありませんか?常連客だけを大切にしているお店。そういうお店はあまり近づきたくなくなりますよね。ではビジネスという視点で考えたときはどうなのでしょう? 特定のお客様を贔屓することのメリットとデメリット、そしてお店としてどうあるべきなのかを考えていきたいと思います。

顧客データベースをフル活用して愛されるお店になろう!

顧客データベースをフル活用して愛されるお店になろう!

ポイントカードや会員カードの導入で様々な顧客データベースを入手することができます。お客さま個人の嗜好であったり、データベース全体から見る流行の移り変わり。他にもさまざまな情報がデータベースには詰まっています。 ところがデータベースに入っているデータが膨大すぎて使いこなせないことが多々あります。ここでは、どうすれば顧客データベースを活かすことが出来るのかを紹介します。

こんなにもあります!ポイントカード、会員カードのメリット

こんなにもあります!ポイントカード、会員カードのメリット

コンビニに行くと必ずと言っていいほどポイントカードの提示を求められます。家電量販店はかなり前からポイントカードを導入していました。購入金額の数%がポイントとして溜まっていくのでお店にメリットが少ないように思えませんか? でも実はポイントカードや会員カードには大きなメリットが隠されているのです。損するようにみえてお店は一体何を得ているのでしょう。ポイントカードや会員カードのメリットを紹介します。

「会員制」の店舗が成り立つ3つの理由とは。

「会員制」の店舗が成り立つ3つの理由とは

高級クラブや高級ラウンジ、会員制のスーパーなど。これらはすべて「会員制」を導入し成り立っている店舗です。これらの店舗はほとんどの場合、新規顧客獲得のために特別な広告や宣伝を打ったりはしません。通常、企業にとって新規顧客の獲得やそれに関する広告活動は重要な要素です。それを行っていないにも関わらず、世の中には高い顧客満足度と大きな売上も誇っている、そんな多くの会員制店舗が存在します。一体なぜ、このような会員制の店舗は成り立つのでしょうか。この記事では、その3つの理由をご紹介します。

ユニークな会員カードでリピーターを獲得しよう!

ユニークな会員カードでリピーターを獲得しよう!

リピーターを獲得するために欠かせないツールとなっている会員カードですが、多くのショップが会員カードを発行した結果、特徴のない会員カードではお客さまを引き止められなくなってきました。そのため、お客さまをリピーターにするために様々な工夫をしている会員カードがあります。その一例を紹介します。

新規顧客とリピート顧客、大切にするべきはどちら?

新規顧客とリピート顧客、大切にするべきはどちら?

企業において、リピート顧客は大切な存在です。何度も商品を購入し、サービスを利用してくれる顧客は、企業に継続的な利益をもたらしてくれるからです。しかし、一方で新規顧客も同じように大切な存在です。特に創業期などは、リピート顧客が存在しないため、新規顧客の獲得に努めなければいけません。ただ、どちらも同じレベルで大切に扱うのは至難の技。優先順位をつけるとすれば、一体どちらを大切にするべきなのでしょうか?

既存のお客様にリピーターになってもらう3つの方法

リピーター戦略は企業にとって非常に重要な要素のひとつです。 利益が多く上がっている企業のほとんどはリピーターが生み出す利益で経営が成り立っているところが多いです。 極端な話、もし自社に多くのリピーターがいるのであれば、新規顧客の獲得戦略は必要ないのです。 それだけリピーターとは企業にとって重要な存在といえます。 そのため、新規顧客と既存顧客をリピーターにできるかどうかで、経営が上手くいくかいかないか判断できるといっても過言ではないのです。 この記事では、企業にとって大切なリピーター育成の3つの方法についてご紹介します。