Magazine

ラクスルマガジンキーワード

年賀状

最新記事一覧

現代の年賀状の起源はどこに?

日本郵便によれば2018年の年賀はがきの発行枚数は29億6000万枚で、ピークの2003年の44億6000万枚に比べると、7割以下の発行枚数になっていますが、赤ちゃんまで含めて、日本人一人当たり、毎年24枚の年賀はがきを送付していることになります。
この数字には企業などが利用する私製はがきの年賀状を含んでいないので、実質的な年賀状の送付数はさらに増えることになります。ちなみに元旦に配達された配達物数は、2018年で15億4000万枚でした。
日本で最初に官製はがきが発売されたのは、1873年ですが、10年もたたないうちに、1月1日の消印を目指す人たちが増加してしまいました。実は、今日の年賀はがきは、なんとかこのピークを緩和できないかと、産み出された制度です。ここでは年賀状の起源について見ていきたいと思います。

デザインテンプレートを使った年賀状作りのノウハウ

デザインテンプレートを使った年賀状作りのノウハウ

皆さんは毎年の年賀状作り、どのような方法ですすめていますか?こった人は、版画を使った年賀状や、QRコードを使って、インターネットから画像や映像を呼び出すような、特殊な年賀状を作る方もいます。
これは、日常からデザインやコンピュータを利用しているからできるので、1年に1回、あたまをひねりながら、アイデアを考えるノンデザイン人間には、かなり、敷居の高い作業です。
こんな時に助かるのが、年賀状サイトのデザインテンプレートです。今回はデザインテンプレートを使った年賀状作りのノウハウについて紹介します。

年賀状の準備は大丈夫?ビジネス向け年賀状のレイアウトの基本!

年賀状の準備は大丈夫?ビジネス向け年賀状のレイアウトの基本!

さぁ、もうすぐ2017年も終盤に差し掛かって参りました。今年はどのような1年になりましたか?

さて、ビジネスパーソンにとって必要な新年の準備といえば「年賀状」です。

メールやSNSが普及した今の時代、いざ年賀状を作成するとなると、腰が上がらない方も少なくないはずです。年賀状をイチから手書きで作成する人は少数派で、ネット上のテンプレートを活用している人が大多数ではないでしょうか?

とはいえ、年賀状の意味やビジネス向きのレイアウトを知っておかないと、「貰って嬉しい年賀状」を送るつもりが、「失礼な年賀状」になってしまう可能性もあります。せっかく年賀状を届けるのであれば、相手が「貰って嬉しい年賀状」にしたいところですよね。

新年を迎えるにあたって、ここで年賀状に関する知識をおさらいしておきましょう。

年賀状で想いを届けよう!

年賀状で想いを届けよう!

近年では、年賀状を出さずにメールで新年の挨拶をすませてしまう方も少なくありません。2017年の元旦に配達された年賀状の総枚数は、前年比で6%減少しており、なんと8年連続で前年を下回っています。
メールの普及に 伴い、年賀状の配達件数は減少傾向にあるとはいえ、それでも完全に廃れてはいません。
大事な人に「年賀状を出す」というのは、実は平安時代から続く日本の文化で、日本人にとっては大きな意味があるものです。伝統のある文化を継承するという意味でも、いつもはメールで新年の挨拶をすませるという方も今年は心のこもった年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

喪中ハガキが必要になった場合

喪中ハガキが必要になった場合

年末に送られてくる喪中ハガキ、受け取ったことはあると思いますが、若い方の中には、出したことのない人の方が多いかもしれません。できれば、喪中ハガキは出したくないものですが、避けることはできませんので、最低限の知識はもっていた方が良いでしょう。

年賀状DMを効果的に利用する方法

年賀状DMを効果的に利用する方法

2018年の年賀状を出す時期になって来ました。せっかくの機会ですから、この機会を有効に利用したいものです。
今回は、DMに年賀状を利用するメリットについて、整理したいと思います。

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

プライベートではメールなどで済ましてしまうことも多くなった新年の挨拶ですが、ビジネスではまだまだ年賀状が主流です。手にとってもらえるということはもちろんですが、手書きのメッセージを書き込めるのが良いところですよね。今回の特集では、より気持ちの伝わるものにするためにビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

年賀状作成の時間短縮!簡単キレイな印刷はラクスルで

年賀状作成の時間短縮!簡単キレイな印刷はラクスルで

年賀状とは、旧年中にお世話になった方への一年間の感謝の気持ちを表したり、新しい年のご挨拶をしたりする、古くからのしきたりです。最近では、メールでのメッセージなどで簡単に済ませる人も増えてきていますが、紙で届く年賀状を受け取る方が、より気持ちが伝わりやすく、見た目も華やかで喜ばれるでしょう。
今回は、ラクスルでの印刷に特化した年賀状の作り方の手順をご説明します。

年賀状の印刷、時間を有効に活かすコツ

年賀状の印刷、時間を有効に活かすコツ

毎年年末の年賀状作りに、時間を取られていませんか?年賀状作りのプロセスにおける悩みは、①年賀状の絵柄のデザイン、②年賀状の印刷、③年賀状の宛名書きの3つに整理できます。
これらの作業の順番は、一般的には不可逆的で、①が終了しないと、②に進めないといった関係にあります。したがって、最初につまずくと、そのしわ寄せが、次の作業に影響し、どんどん締め切りの期日が迫ってきます。
今回は年賀状を効率的に作成するコツについてまとめました。

年に一度の大チャンス!年賀状でビジネスを加速させる

毎年会社から出す顧客向けの年賀状。正直なところ、面倒だと思っていませんか?
たしかに年賀状の作成は時間と手間がかかるもの。自分では作成しないかもしれませんが、年賀状を出す人のリストを作成しなければならず、ただでさえ忙しい年末に仕事を増やすのは嫌だと思う人も多いでしょう。
しかし、面倒だからと言って年賀状作成を適当にするのは、相手に失礼なばかりでなく、自分や会社にとっても大変不利益でもったいないことをしているのです。
年賀状は年に一度の大きなビジネスチャンス。これを有効活用しない手はありません。
この記事では、年賀状をどのようにビジネスに活かすことができるか紹介していきます。

年賀状DMで一石二鳥!効率的な販促活動を実現しましょう

年賀状DMで一石二鳥!効率的な販促活動を実現しましょう

2018年の年末年始は働き方改革などの影響もあり、以前に比べると休むお店も増え、少し静かに迎えそうです。この時期になると「年賀状」の話題が出てきますが、今年は、年賀状をビジネスに活用しようという動きが出始めています。
第一の理由は年賀状の数量が毎年減少している中で、新しい年賀状の需要を掘り起こそうという日本郵便サイドの動きです。そして、もう一つが、郵便料金の値上げにともなって、値上げされない年賀状のコストメリットをうまく活用しようというビジネスサイドの思惑です。

シンプルに送るだけじゃない、年賀状の一工夫

年に一度の年賀状、普通じゃつまらない、ちょっと工夫して、ステキな年賀状を作りましょう。今回は既成の年賀はがきを使うことを前提にします。
年賀状のデザインで簡単なのは、既存のデザインテンプレートから選択して、住所や名前などの個人情報を入れ替えるイージーオーダー方式のデザインです。
シェアの高い、日本郵便やインキメーカー、印刷通販のデザインテンプレートを利用すれば、簡単に原稿作りは進みますが、他の人と同じデザインになることもあり得ます。今回はオリジナリティーのある年賀状デザインを検討します。

自分の写真を年賀状に使うのはNG?

自分の写真を年賀状に使うのはNG?

年賀状に自分の写真を使うって、結構、勇気がいりますよね。SNSで話題になったことも記憶にあるので、なかなか踏み切れない人も多いと思います。
では、受け取る人はどう感じているのでしょうか、ネット上の意見では「なんて、自分好きの人なんだろう」といった意見もありますが、全体的には少数で、肯定的な意見を数多く確認することができました。
今回は年賀状の自分の写真を使うことの是非について考えてみたいと思います。

喪中はがきに返信したい場合の方法とは?

喪中はがきを受け取ったことがない人は、突然喪中はがきが自宅に届いたときに、どのような対応をして良いのか困ってしまうと思います。
返信のはがきを出すべきなのか、出すとしたらどのような文面にしたら良いのかなど疑問は尽きません。
この記事では喪中はがきを受け取ったときの対応方法について説明していきます。

喪中はがきを出す機会が訪れる前に知っておきたいこと

歳を重ねると受け取ることが多くなる喪中はがき。また、自分が喪中はがきを出す場合もあるでしょう。
ただ、迷うのがどの親族の範囲までの喪中はがきを出せば良いかということ。
この記事では一般的にどの続柄までの喪中はがきを出すべきか、また喪中はがきを出すときの注意点について説明します。

喪中はがき作成にボールペンはNG?

香典、祝儀などそれぞれ作成のマナーがあります。それと同じように喪中はがきにも作成のマナーがあります。
とくに迷う人が多いのは、筆記用具は何を使うのかということ。黒ならば良いのか、ボールペンを使用して良いかなど疑問はたくさんあると思います。
この記事では、喪中はがき作成のルールや特に気をつけるべきことを説明します。

寒中見舞いはどんな時に送る?年賀状との違いは?

冬に出すあいさつ状といえば一番に思い出すのは「年賀状」。それに加え、もうひとつよく耳にするのは「寒中見舞い」です。どちらも郵便はがきやカードで出すあいさつ状ということは分かっても、その違いをはっきり説明できる人は少ないのではないでしょうか。
この記事では、年賀状と寒中見舞いの違いや寒中見舞いを出す時期、またその幅広い用途について解説していきます。

年賀状 添え書きの極意

毎年年末になると、年賀状の件でよく頭をかかえます。いったい何枚年賀状を購入すれば良いのか、絵柄や写真は何にしようか、ご不幸などがあって差し出しができない方の選別はできているか、最新の住所の整理ができているかなど多岐にわたります。
そして、最後に年賀状に添える文章の内容で苦労することが多いと思います。今回は定番の「添え文」の書き方について整理します。

ここに注意!その年賀状の書き方は間違っているかも!?

ここに注意!その年賀状の書き方は間違っているかも!?

年賀状は、日頃お世話になっている方や、しばらく連絡を取っていない人にも近況を報告できる一年の初めの挨拶状です。年初めのあいさつで失礼があったら大変です。しっかりとマナーのポイントを押さえましょう。
年賀状に最低限記載することは、①賀詞、②あいさつ文、③年号です。まずは、表面の宛名のマナーを確認し、裏面のマナーをみていきましょう。

どちらを選ぶ?写真入り年賀状と写真なし年賀状

どちらを選ぶ?写真入り年賀状と写真なし年賀状

年賀状を作成する際、デザインは最初に悩みますよね。写真入りにするか、写真のない年賀状にするのかをまず決めなければなりません。
写真入りの年賀状は「写真タイプ」もしくは、「印刷タイプ」で印刷され、写真なしの年賀状は「印刷タイプ」で印刷されます。
それでは、写真入りと写真なしの年賀状では、何がどのように違うのかを見ていきましょう。

宛名管理は日頃の整理が大切

宛名管理は日頃の整理が大切

12月後半、年賀状の季節になって、あわてたことはありませんか。よくあるのは、年賀状の絵柄の選定です。本当は自分で絵柄を制作したいのですが、時間もないので、年賀状関連のサイトから、ダウンロードして間に合わせたなんてことがよくあると思います。
そして、もうひとつが、年賀状の宛名書きです。本当は心をこめて、自筆で書きたいのですが、書き間違いや、時間的な余裕を考えると、どうしても、パソコンにたよってしまうこともよくある例です。
今回はそんな方のために役立つ宛名管理の方法についてまとめてみました。

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

ラクスルは2017年酉年年賀状の注文受付を開始しました!なかでも、ラクスルイチオシはカンタンデザイン年賀状。無料デザインテンプレートからオンライン上で編集・注文。とにかくカンタンに年賀状を作成することができます。今回は、ラクスル自慢の腕利きデザイナーとマーケターが「プロの目」で選んだオススメデザインテンプレートをご紹介します。

年賀状を送るときに使うと効果的な3つの告知。

年賀状を送るときに使うと効果的な3つの告知

一年に一度しか無いお正月と、年の初めに届く年賀状。よく通っているお店から届く年賀状も、一工夫加えれば立派な広告に早変わりします。年初めの挨拶だけでなく、読み手に来店を促す効果的な工夫が施された年賀状とは一体どういったものでしょうか?

歳末ギリギリ割引キャンペーン ~12月31日

歳末ギリギリ割引キャンペーン ~12月31日

※このキャンペーンはすでに終了しております。


12月という季節は年末でわくわくする季節ですね。ラクスルも来年に向けて思い切ったことをしたいと思いました!もともと、リーズナブルなお値段で提供させていただいている、印刷商品を思い切ってさらに下げさせていただくことにいたします!結構、ギリギリな価格になっておりますのでこの機会にぜひ印刷してください。