Magazine

ラクスルマガジンキーワード

印刷用紙

最新記事一覧

会社の顔作り、封筒の制作

インターネットの普及に伴って、新たなビジネスの創出が、以前に比べて増えています。そして会社を立ち上げた時に、ほとんどの企業が取り組まなければならないのが、会社の顔でもあり、業務上不可欠となる社用の封筒づくりです。
メールやSNSが普及しても、請求書やDM、各種案内などに、必ず封筒が利用されます。今回は、ラクスルで作成できる封筒について、整理します。

意外と知らない!?見落としがちなチラシの厚さ

意外と知らない!?見落としがちなチラシの厚さ

チラシやフライヤーを作成する際、デザインに注目されることは多いですが、意外と見落とされがちなのがチラシの「厚さ」です。実は、極薄のものから厚手まで厚さは色々ありますよ。見た目はあまり変わらなくても、触ると大分印象は変わります。

ポストカードの印象は印刷用紙で変わる!?

ポストカードの印象は印刷用紙で変わる!?

ポストカードは、家族や友達への便り、企業の商品案内等によく使われます。その目的やデザイン、サイズも様々なものがあります。
目的によって、用紙は変えたほうが良いことはご存知でしたか?用紙も色々な風合いや質感があり、用紙を変えるだけで全く別の雰囲気にすることもできます。
せっかくポストカードを作成するなら、最適な用紙で作成したいですね。今回は、それぞれの用途にあった用紙をご紹介します。

ポスターに適した紙の種類と厚さのヒント

ポスターに適した紙の種類と厚さのヒント

ポスターの起源は、古くギリシャ・ローマ時代、技術的にはルネッサンス以降の活版印刷の出現、そして、広告メディアとしては、パリの万国博や江戸時代の引き札が原点といわれています。
ポスターによく利用される紙は、大きく分けて、アート紙、コート誌、マット紙の3種類です。もちろん、これ以外にも特殊な紙を使うこともありますが、今回は、3つの紙を中心に説明します。

屋内・屋外用のポスターの違いって何?

屋内・屋外用のポスターの違いって何?

「ポスター」という言葉から、皆さんは何を想像しますか。
国政選挙や地方選挙で街角に掲示される選挙ポスターをイメージする方もいれば、絵画に匹敵するような芸術的なポスター、街や乗り物の中の広告ポスター、身近なところで、学校や職場に掲示される案内情報など様々な場所でポスターを見ることができます。
選挙ポスターは屋外に展示されますが、屋内に展示されるポスターとの違いはどこにあるのでしょうか、今回は屋内ポスター、屋外ポスターの違いについて、説明します。

ステッカーを色褪せや水濡れから守るための基礎知識

ステッカーを色褪せや水濡れから守るための基礎知識

シール・ステッカーは、使われる場所や状況に応じて、様々な素材が利用されます。基本構造は、「素材(基材)」「糊」「表面加工」「台紙」の4層で構成され、その組み合わせによって、基本性能が決まります。今回は、素材と糊を中心に解説します。

ポスターの紙の種類、厚さの選び方

ポスターの紙の種類、厚さの選び方

戦後、銀座にポスター専門の画廊があったほど、ポスターは芸術的な価値を持っていた時代があります。パリのムーランルージュや、赤玉ポートワインなどのポスターは、今でも美術館などで展示されています。
印刷技術の発展が、ポスターを産み出し、写真技術やCG技術が今日のポスターに活かされています。本日はそんなポスターの紙の種類、厚さの選び方についてお伝えします。

気を抜かないで!〜封筒の用紙とカラー選び〜

気を抜かないで!〜封筒の用紙とカラー選び〜

最近では、メールのやり取りが増え、手紙を送ることは以前に比べて減ってはきていますが、やはり手書きの手紙は嬉しいものです。また、ビジネスの世界では、いまだに書類を郵送でやり取りすることも少なくありません。その手紙を入れる封筒の第一印象は、相手に良い印象も悪い印象も与えてしまいます。
今回は、最適な封筒選びができるように、書類や手紙を入れる封筒に着目をし、その主な紙の種類の特徴やカラー、オススメの用途を見ていきます。

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

こんなにあった!のぼり旗の生地・素材とその活用法

俗に、「のぼり」あるいは「のぼり旗」と呼ばれる広告・販促ツールがあります。 自動車ディーラーの展示場や、ゲームセンター、レストラン、小売店などで、お客様を店内へ誘引することを目的にしています。皆さんも、のぼり旗を見てお店に入ったことが、一度ならずあるのではありませんか。
今回はそんなのぼり旗の生地・素材とその活用法について見ていきます。

広告効果を発揮するには用紙選びが大切!?

広告効果を発揮するには用紙選びが大切!?

チラシやフライヤーに使われる用紙は、多種多様なものがあります。同じ内容でも、紙の種類が変われば雰囲気が変わります。たくさんある種類の中、どの用紙を選ぶかで最終的な仕上がりに差が出て、広告効果に大きな影響が出てきます。
そうは言っても、適切な紙の特徴を理解するには、多くの経験と知識が必要とされます。その為、ここでは代表的な用紙について紹介します。

大部数チラシ(輪転)の用紙の厚さ・紙の種類を追加しました!

大部数チラシ(輪転)の用紙の厚さ・紙の種類を追加しました!

新聞折込などでよく利用される大部数チラシ(輪転)。 今回、その輪転チラシにマット紙の70kg、そしてコート紙の58kg、68kg、70kgを追加しました。 用途や訴求内容で上手く紙の種類・厚さを使い分けて、上手に販促をしていきましょう。

同人誌を作る場合の紙の種類は?製本方法は?

同人誌を作る場合の紙の種類は?製本方法は?

同人誌を作る際には、「本文の用紙はどれにしよう?」「表紙の用紙はどれにしよう?」など、悩んでしまうものです。仕様によって選ぶ紙の種類も違ってきますし、製本方法も考えなければいけません。ここでは、そんな悩みに一挙にお答えします。

【保存版】チラシの紙サイズ別お勧め利用用途!

【保存版】チラシの紙サイズ別お勧め利用用途!

チラシにはA版とB版があり、サイズA3からB8まで沢山あるので、どんな用途の場合にどのサイズを選べばいいのか分かりませんよね。そこで今回は保存版として、代表的な仕様であるA4、B4、A3、それぞれのおススメ利用用途をご紹介します。是非チラシ集客の参考にしてください。

屋外用に最適!雨だけではなく紫外線にも強いポスターの作り方

屋外用に最適!雨だけではなく紫外線にも強いポスターの作り方

選挙のポスターなど屋外に貼ってあるポスターは雨に濡れても破れることはありません。それはポスター用にさまざまな種類の耐水仕様を施してあるからです。
この記事では、ポスターの耐水性を高めるさまざまな方法やそれに適したインクなどを紹介します。

屋外用と屋内用で違う!選挙ポスターを作るポイントとは?

選挙ポスターは屋内用、屋外用の両方が考えられますが、それぞれ最適な紙や印刷方法が異なります。
用途にあっていない紙や印刷方法でポスターを作ると、ポスターがすぐに使い物にならなくなり、作り直しをしなければならなくなるかもしれません。
この記事では、印刷者が気をつけるべき、ポイントを屋外用、屋内用に分けて説明します。

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

会社案内や商品・サービス紹介、入社案内など、ビジネス上の必須アイテムといっても過言ではないパンフレットの印刷。今回の特集は、ラクスルでパンフレットを印刷する際、①どの商品で②どの仕様を選んで③どの紙を選べばいいかという3つの観点から、納得の仕上がりを実現するための「パンフレット注文ガイド」をお届けいたします。

第一印象は名刺で決まる?名刺の紙の種類と印象について

第一印象は名刺で決まる?名刺の紙の種類と印象について

名刺は、社会人になれば、誰もが必要とするビジネスツールの一つです。初対面の時、相手と交換する名刺は、その人の人となりをうかがわせるものになります。
落ち着いた大人の印象を与えたいのか、個性やインパクトを重視するのか、実利的なものにしたいのかなど、その目的や用途によって、名刺のデザインは変わってきます。
今回は、名刺の紙の選び方に着目し、それぞれの紙の種類が、どういった用途に合っているか、また相手にどのような印象を与えるかをご説明します。

【保存版】印刷用紙の選び方

【保存版】印刷用紙の選び方

「ラクスルでチラシや名刺を印刷してみよう」!といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない…。この特集では、用紙の「種類」「厚さ」「サイズ」の特徴や用途、選び方を解説いたします。なお、ラクスルでは無料の印刷サンプルをご用意しております。用紙が持つ質感や風合いは本ページ上でお伝えできる範囲に限りがあるため、実際に印刷サンプルを触ってご確認いただくことをおすすめしております。

注意!ポストカードの作成時には気をつけよう!

注意!ポストカードの作成時には気をつけよう!

ポストカードは、はがきと同じ料金で送ることができると思っていませんか?実はポストカードのサイズは様々で、はがきと同じ料金で郵送できるものとできないものがあります。一般的なサイズは長方形(100×148mm)で、はがきと同じサイズになります。この場合は、はがき(第二種郵便物)として62円で送ることができます。絵画展や美術館で人気のポストカードのサイズは、正方形(140×140mm)ですが、このサイズだと定形外郵便物扱いになり120円の送料になります。
ポストカードの料金は、重さやサイズ、宛名が規定に則っているかどうかで、はがきに分類されるかが変わってきます。それでは、どのようなルールがあるのかみていきましょう。

チラシ作りは70kgと90kgの用紙を使い分けよう

チラシ作りは70kgと90kgの用紙を使い分けよう

チラシ作りで差をつけたいと考えた時、個性的な特殊紙や特殊加工を選んでみたくなります。しかし、この時紙の厚さに着目しておく事も、周りと差をつける大事な要因となります。紙の厚さの特徴と使い分けを知っておきましょう。

チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシはデザインや配色、フォントなど様々な要素で構成されますが「紙の厚さ」も仕上がりを左右する重要な要素です。薄い紙と厚い紙にはそれぞれ特徴があり、用途によって使い分ける必要があります。その使い分けに関してもポイントをご紹介します。

「重さの数え方」など、紙に関する豆知識

「重さの数え方」など、紙に関する豆知識

いつも慣れ親しんでいる紙ですが、その重さや数え方や厚さの目安、そしてインクと紙の相性が存在することなどはあまり知られていません。ここで紹介するちょっとした専門用語を理解しておくだけで、紙とチラシに対してより理解が深まるでしょう。

チラシ作りに役立つ、普通紙とマット紙の特徴

チラシ作りに役立つ、普通紙とマット紙の特徴

印刷に使う紙にこだわる事も、魅力的なチラシ作りに欠かせない作業です。まずは、比較的利用しやすい普通紙とマット紙の違いをおさえておきましょう。この2つを使いこなす事で、他の多種多様な用紙を使う際も、悩まずに選べるようになります。

チラシの用紙の選び方【ラクスル印刷講座 vol.1】

チラシの用紙の選び方 [ ラクスル印刷講座 vol.1 ]

お客様の注文をお手伝いするため始めました、ラクスル印刷講座。記念すべき第一回目は「チラシの用紙の選び方」です。「インターネットでチラシを注文してみよう!」といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない… 紙サンプルを取り寄せるのも時間がかかるし…
そんなお悩みをこの講座で解決いたします!デザイン・用途に合わせた用紙選びでチラシを作成しましょう!