Magazine

ラクスルマガジンキーワード

印刷用紙

最新記事一覧

大部数チラシ(輪転)の用紙の厚さ・紙の種類を追加しました!

新聞折込などでよく利用される大部数チラシ(輪転)。 今回、その輪転チラシにマット紙の70kg、そしてコート紙の58kg、68kg、70kgを追加しました。 用途や訴求内容で上手く紙の種類・厚さを使い分けて、上手に販促をしていきましょう。

【保存版】チラシの紙サイズ別お勧め利用用途!

【保存版】チラシの紙サイズ別お勧め利用用途!

チラシにはA版とB版があり、サイズA3からB8まで沢山あるので、どんな用途の場合にどのサイズを選べばいいのか分かりませんよね。そこで今回は保存版として、代表的な仕様であるA4、B4、A3、それぞれのおススメ利用用途をご紹介します。是非チラシ集客の参考にしてください。

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

納得の仕上がりのための「3つの選び方基準」 パンフレット注文ガイド

会社案内や商品・サービス紹介、入社案内など、ビジネス上の必須アイテムといっても過言ではないパンフレットの印刷。今回の特集は、ラクスルでパンフレットを印刷する際、①どの商品で②どの仕様を選んで③どの紙を選べばいいかという3つの観点から、納得の仕上がりを実現するための「パンフレット注文ガイド」をお届けいたします。

【保存版】印刷用紙の選び方

【保存版】印刷用紙の選び方

「ラクスルでチラシや名刺を印刷してみよう」!といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない…。この特集では、用紙の「種類」「厚さ」「サイズ」の特徴や用途、選び方を解説いたします。なお、ラクスルでは無料の印刷サンプルをご用意しております。用紙が持つ質感や風合いは本ページ上でお伝えできる範囲に限りがあるため、実際に印刷サンプルを触ってご確認いただくことをおすすめしております。

チラシ作りは70kgと90kgの用紙を使い分けよう

チラシ作りで差をつけたいと考えた時、個性的な特殊紙や特殊加工を選んでみたくなります。しかし、この時紙の厚さに着目しておく事も、周りと差をつける大事な要因となります。紙の厚さの特徴と使い分けを知っておきましょう。

チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシはデザインや配色、フォントなど様々な要素で構成されますが「紙の厚さ」も仕上がりを左右する重要な要素です。薄い紙と厚い紙にはそれぞれ特徴があり、用途によって使い分ける必要があります。その使い分けに関してもポイントをご紹介します。

「重さの数え方」など、紙に関する豆知識

いつも慣れ親しんでいる紙ですが、その重さや数え方や厚さの目安、そしてインクと紙の相性が存在することなどはあまり知られていません。ここで紹介するちょっとした専門用語を理解しておくだけで、紙とチラシに対してより理解が深まるでしょう。

チラシ作りに役立つ、普通紙とマット紙の特徴

印刷に使う紙にこだわる事も、魅力的なチラシ作りに欠かせない作業です。まずは、比較的利用しやすい普通紙とマット紙の違いをおさえておきましょう。この2つを使いこなす事で、他の多種多様な用紙を使う際も、悩まずに選べるようになります。

チラシの用紙の選び方【ラクスル印刷講座 vol.1】

チラシの用紙の選び方 [ ラクスル印刷講座 vol.1 ]

お客様の注文をお手伝いするため始めました、ラクスル印刷講座。記念すべき第一回目は「チラシの用紙の選び方」です。「インターネットでチラシを注文してみよう!」といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない… 紙サンプルを取り寄せるのも時間がかかるし…
そんなお悩みをこの講座で解決いたします!デザイン・用途に合わせた用紙選びでチラシを作成しましょう!