Magazine

デザイン制作

最新記事一覧

【キャッチコピーの基礎知識】5W1Hでつくる・かんたんキャッチコピー

「いつもキャッチコピーには悩んでしまう」「何を伝えれば、お客様が来てくれるのかわからない」そんな皆様のお悩みにお答えして、今回はキャッチコピーの基礎知識をご紹介します。
キャッチコピーの基本は「お客様がサービスに求めること」と「自社サービスの強み」をマッチさせて伝えることです。今回はお客様が求めるものを「5W1H」で整理して、それぞれに合わせたキャッチコピーをつくる基本パターンをご紹介します。

初心者必見!効果の出るチラシ作成のコツ

初心者必見!効果の出るチラシ作成のコツ

イベントの集客やセール告知などチラシを作成する目的は様々ですが、読んでくれた人に何かしらのアクションを期待するという点では共通していると思います。ではその効果を高めるためにはどのようにしてチラシを作成すればよいのでしょうか?今回は特にはじめてチラシを作成する方向けに効果の出るチラシ作成のコツを目的から掘り下げる形で紹介していきたいと思います。

フォントの数がデザインをコントロールする。

みなさんは、パソコンで文章を書くとき、どんなフォントを使っていますか?文字の内容はもちろんですが、文字のフォントが違うだけで、受けるイメージは大きく変わってきます。この記事では、フォント数をコントロールしながら綺麗なデザインに仕上げるポイントをご紹介します。

差別化できる?売上アップにつながる手書きを活用しよう!

「チラシを差別化するには手書きがいいよ」こんなアドバイス受けたことがありますよね。あなた自身も手書きのチラシだとちょっと気になって手にしたことあると思います。でも実際のところ手書きチラシは売上アップにつながるのでしょうか? ただ手書きしただけでは効果が出なさそうなことはなんとなく想像できると思います。売上アップにつながるための手書きチラシの作成方法について説明します。

アイデアがどんどん湧いてくる人のデザイン案出し方法

デザインを考えるときにアイデアがまったく出てこないことってありますよね。とくに初心者ほど案出しで苦しんでいると思います。ところが湯水のごとくアイデアを出してくる人があなたの周りにいませんか?実はデザイン案を出すにはコツがあります。そこで上級者が案出しのために実践していることを紹介します。

情報量が多すぎてもしっかり伝えられるチラシの作り方

チラシなどを作るときに情報量を絞ったほうがわかりやすいチラシにはなるのですが、伝えたい事はたくさんあって絞れない。なんとかすべての情報を掲載したいとき工夫すべきはレイアウトデザインです。レイアウトを変えることで多くの情報をわかりやすく伝える方法を紹介します。

ネタが同じな場合、季節によってチラシを作り分けるコツ

長期的に売る商品が決まっていると、季節によって売る商品が変わるということはありません。ネタが変わらなかったとしても、チラシ自体は、季節によって作り分けなければなりません。今回は、そのコツについて説明します。

ポスティング・新聞折込の反響率を改善する3つの方法

ラクスルでは、ポスティング・新聞折込を実施くださっているお客様の実施結果を分析し、さらにお客様の集客のために、そのノウハウを役立てていきたいと考えております。ポスティング・新聞折込を実施されたお客様からのもっとも多いご相談は、「どうすればもっと反響が得られるか?」 何度も試していくことで精度があがっていくものですが、できれば最短でその方法にたどりつきたいですよね。今回は、「反響率を改善する3つの方法」を伝授いたします!

日常にヒントは溢れている。意外と使えるこんなデザイン

デザインをする上でよく困ってしまうのが「どんなデザインにしていいか分からない」ということです。たしかに抽象的なデザインは知識が必要ですし、初心者には難しいでしょう。そこで今回は日常で見かける色々なものから得られるデザインのヒントをご紹介します。

デザインに対してお金を払うときに気をつけるポイント

自分の技術ではどうしようもないとき、デザインを他者に依頼することもあるでしょう。そして、専門的なデザインにはどうしてもお金がかかってしまいます。そんなデザイン料を支払うとき、気をつけておくべきポイントは何でしょうか?以下の項目は最低限押さえておきたいところです。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ

写真や配色、内容にばかり目がいきがちなチラシのデザイン。そこでよく見落とされるのが「字間」「行間」といった文字と文字の距離です。実はこの2つを少し調節するだけで、チラシの見やすさはグッと上がるのです。

効果を倍増させるチラシデザインの工夫とは?

チラシはデザインを少し工夫するだけでその効果が大きく変わってくる集客ツールです。では、一体どのような工夫をすればその効果を高めることができるのでしょう?この記事では、そんな工夫のポイントを3つの例を挙げながら説明してきます。

包装紙のデザインが顧客に与える効果とは?

商品を包む役割の包装紙。実はこの包装紙のデザインひとつで顧客に与える印象は大きく変わってきます。しかし、多くの場合は商品に気を取られすぎるあまり包装紙をおろそかにしてしまいがちです。そこで今回は包装紙のデザインにおいて気をつけておきたいポイントをご紹介します。

デザインの鍵を握る「色数のコントロール」

フルカラーのチラシ、落ち着いたモノクロのチラシ。色数が変わるだけで、受け取る印象も大きく変わってきます。実はデザインにおいて「何個の色を使うか」は大切な要素なのです。この記事では「基本の色数とデザインのポイント」についてご紹介します。

色によって感じる「暖かい」デザインと「寒い」デザイン。

チラシのデザインを考える上で大事な要素の一つに「配色」があります。色によっては熱い・暖かいと感じる色もあれば、冷たい・寒いと感じる色もあります。この記事では、どの色がどういった印象を抱かれやすいのかをご紹介します。

忘れてはいけない、デザイナーの3つの心得。

「デザイナー」と聞くと何やら「華やか」「才能のある人しかできない」「想像力豊か」といったイメージがあるかと思います。しかし、そんなイメージを抱かれる職業でも地道な努力は必要とされるのです。今回はそんなデザイナーとして忘れてはいけない「3つの心得」をご紹介します。

デザインにおいて情報量が多すぎるときの対処法。

チラシをデザインする上で大事なのは「その商品がどういう商品なのかという情報」です。どんな人たちが、どんな想いで、どんな経緯を経て作ってきたのかを知る必要があります。しかし「アレもコレも」となってしまっては顧客としては情報過多で混乱してしまいます。多すぎる情報をうまくまとめるポイントは何なのでしょうか?

「安さ」を訴求できるチラシのデザインとは?

広告やチラシはSALEの際に配布することがほとんどです。いつもよりお得なっている商品やサービスを、どうすれば効果的に伝えることができるのでしょう?読み手に「安い」と思ってもらえる、3つのポイントをご紹介します。

やっぱり優等生!デザインで役立つ□の小技3選

四角は、デザインの主役としても脇役としても人気な形です。使い勝手がよくなじみ深い四角ですが、実は表立った部分以外でも活躍できる優等生なのです。今回は、四角を効果的に使って、よりデザインの質を向上させる小技をご紹介いたします。

冒険してみる!あえてセオリーをはずしてデザインをするメリット

クリエイティブな活動の代表格ともいえるデザインですが、デザインにも当然ながら「定石」というものはあります。これを知って守ることが、デザインの質向上に繋がり、また高品質なデザインを多く生み出すことの要になります。しかし、ときにはこのセオリーをあえてはずして、新しいデザインを模索するのもよいのではないでしょうか。

欲しいものが確実に仕上がる!デザイナーへの発注テクニック3選

デザイナーへ発注したけれども、思っていたものと全然違ったものが納品されてしまった・・・こんな経験はありませんか?デザイナーのスキルに疑問を向ける前にデザイナーとのコミュニケーションが十分だったか少し考えてみてください。もし不安要素があるのなら、以下の方法を使いましょう。

成約が何倍にもなる写真を使ったチラシ作成術

今回は写真を効果的に使ったチラシ作成術をご紹介します。デザインは物によってはインパクト重視でイメージ画像を中心としたものの方が成約が上がるケースがあります。写真が使うべきか、イメージ画像使うべきかというのは『ある条件』があります。今回はその条件と写真の活用術をご説明します。

成約率を上げるインパクト抜群のイラストを作成するコツ

効果的なチラシの中にはイラストが中心になっているものもあります。物を売る場合は実物の写真を載せることが効果的ですが、サービスなどを売る場合はイラストを用いることが効果的です。今回はイラストを中心としたデザインでの効果的なイラストの作成方法をご紹介します。