Magazine

デザイン制作

最新記事一覧

初心者必見!効果の出るチラシ作成のコツ

イベントの集客やセール告知などチラシを作成する目的は様々ですが、読んでくれた人に何かしらのアクションを期待するという点では共通していると思います。ではその効果を高めるためにはどのようにしてチラシを作成すればよいのでしょうか?今回は特にはじめてチラシを作成する方向けに効果の出るチラシ作成のコツを目的から掘り下げる形で紹介していきたいと思います。

ポスティング・新聞折込の反響率を改善する3つの方法

ポスティング・新聞折込の反響率を改善する3つの方法

ラクスルでは、ポスティング・新聞折込を実施くださっているお客様の実施結果を分析し、さらにお客様の集客のために、そのノウハウを役立てていきたいと考えております。ポスティング・新聞折込を実施されたお客様からのもっとも多いご相談は、「どうすればもっと反響が得られるか?」 何度も試していくことで精度があがっていくものですが、できれば最短でその方法にたどりつきたいですよね。今回は、「反響率を改善する3つの方法」を伝授いたします!

実践!魅力的なキャッチコピーの考え方

実践!魅力的なキャッチコピーの考え方

広告の2大要素といえば、写真とキャッチコピー。パッと見の印象はこの2つでほとんど決まります。他の部分を読み込んでもらえるかどうかは、写真とキャッチコピー次第。今回は、キャッチコピーのテクニックをいくつか紹介します。

パッと目を引いて説得力のある、キャッチコピーの書き方4選。

パッと目を引いて説得力のある、キャッチコピーの書き方4選。

チラシを作る時に、目を引くために使う大きめに表示する文章。キャッチコピーをどうやったら、より目を引くことができるかというテクニックです。この4つのことを使えば、何も考えずに使うよりも気になるキャッチコピーを作ることができます。文字通り、お客様をキャッチしましょう。

チラシもポスターも大胆デザインで目立て!思い切ったデザイン方法3選

チラシもポスターも大胆デザインで目立て!思い切ったデザイン方法3選

チラシを作ってみても、何か目立たないなぁという仕上がりになってしまうこと有りますよね。そこで、今回はセオリーを応用して、大胆に目立つデザインの方法を3つお送りいたします。みなさまの用途に合わせて、これだ!と思ったら、使ってみてください。埋もれてしまいがちなチラシも、思わず見てしまうデザインを作ることができますよ。

デザイナー直伝!書体選びとテクニック ~基礎編~

デザイナー直伝!書体選びとテクニック ~基礎編~

皆さんはチラシを作る際に使用する書体はどうしていますか?パソコンにはたくさんの書体が入っていますので、そこから好きなものを選んで使いますよね。でも実は、自分の好みでたくさんの書体を使ってしまってはごちゃごちゃしてしまって読みにくくなってしまいます!今回は今から実践できる書体選びと基礎的なテクニックを紹介します!

デザイナー直伝!集客UPにつながる配色アイデア帳 ~目的別編~

デザイナー直伝!集客UPにつながる配色アイデア帳 ~目的別編~

皆さんはチラシを作る際に、ターゲット層だったり、売り物をどう見せたいか考えるのではないでしょうか。キャッチコピーを考えたり、写真を使ったりはもちろん大切ですが、 配色によってその効果を出せるって知っていました?そこで今回は目的別にチラシの効果を後押しする配色技術をお伝えします!

デザイナー直伝!集客UPにつながる配色アイデア帳 ~イメージ編~

デザイナー直伝!集客UPにつながる配色アイデア帳 ~イメージ編~

チラシの仕上がりも、印象も、配色こそが決め手!どんなにおいしそうな写真や最高のキャッチコピーも配色の失敗で台無しに。読んでもらえるチラシかただ捨てられるチラシかは色の使い方次第で大きく変わります。そこで今回は効果の期待できる配色パターンをデザイナー直伝でお伝えします。

これであなたもデザイナー!デザイン制作徹底分析!

これであなたもデザイナー!デザイン制作徹底分析!

今までチラシデザインに関する特集を行ってきましたが、実際どうやって作ればいいですか?というお声をいただいたので、どのようにデザイン制作が行われているかを徹底分析したいと思います。

レイアウトで差がつく!チラシデザイン

レイアウトで差がつく!チラシデザイン

集客効果の高いチラシを制作する際に重要となるのが、パッと見の「わかりやすさ」「見やすさ」です。では、「わかりやすい」「見やすい」チラシを製作するのにはどうしたらよいのか?答えは簡単。チラシの「レイアウト」を整えるだけで、「わかりやすさ」「見やすさ」は飛躍的に向上します。今回は誰でも簡単に実践できるレイアウトの5つのポイントを紹介します。

チラシに使える魅力的な写真をスマホカメラで撮るコツ

チラシに使える魅力的な写真をスマホカメラで撮るコツ

チラシの出来は写真の出来で決まる、と言われるほど、チラシにおける写真の役割は重要な要素です。そんな方におススメなのがスマートフォンのカメラ。最近では、飛躍的に性能が向上していますので、工夫次第で十分にチラシに使用できる写真が撮れます。そこで、今回はスマホで魅力的な写真を撮る6つのコツを紹介しちゃいます。

デザインテクニック。チラシでメリハリをつける方法

デザインテクニック。チラシでメリハリをつける方法

広告の2大要素といえば、写真とキャッチコピー。パッと見の印象はこの2つでほとんど決まります。他の部分を読み込んでもらえるかどうかは、写真とキャッチコピー次第。
今回は、キャッチコピーのテクニックをいくつか紹介します。

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

クリエイティブ系職種と呼ばれている人たちで、横文字の肩書きが多い!しかしながら、一体どの名前の人が何をやっているのかわからないのが現状。とはいえ、本人にも聞けないし、周りの人に聞くのもちょっと恥ずかしいですよね。紙の媒体に絞って、それぞれどんなことをやっているのかをご紹介します。

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

先日、「【特集】チラシ(ポスティングや折込み広告)でより効果を出す方法」にて、編集Yこと私、安井がお送りいただいたチラシに赤入れさせていただきました。そちらを元に、気づいたことをお伝えさせていただきたいと思います。その時に赤入れした内容の考え方をお伝えいたします。

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

集客って、本当に難しいですよね。来て欲しい来て欲しいと思ってみても、意外とお客様は来てくれないし。思ってもみないことで、お客様が来てくれたりします。それをコントロールできるようになったら、広告としては合格。お客様に来て、お金をいただけるようにチラシの内容の考え方をお伝えします。

チラシ(ポスティングや新聞折込)でより効果を出す方法

チラシ(ポスティングや新聞折込)でより効果を出す方法

チラシなど、販売を促進するために印刷する方、多いんじゃないでしょうか。一度、ポスティングや折込み広告をやったけど、全然効果が出ない・・・なんてことも経験した方もあると思います。
しかし、世の中ではポスティングや折込み広告が無くなりません。そう、効果を出している人がいるんです。では、今、使っているチラシがなぜ効果が出ないか別に改善方法をお伝えしたいと思います。

ラクスルでの便利な名刺の作り方

ラクスルでの便利な名刺の作り方

名刺と言えば、商売をする上でとても重要なもの。ラクスルとしては、便利に名刺を印刷して欲しいと思っています。今回は便利に使える名刺用のサービスをご紹介します。

チラシ、キャンペーンのネタを考えるコツ

チラシ、キャンペーンのネタを考えるコツ

今回はチラシやキャンペーンのネタを考える方法をお伝えいたします。「お店に集客したいんだけど、ネタが無い!」その結果、結局割引キャンペーンなどをしてしまい、忙しいけど儲けがなかなか出ないなんて状況になっていませんか。
実は、うまくネタを考えれば集客するチャンスが出てきます。また、割引で得たお客さんはなかなかリピーターになってくれないもの。新たな魅力や活用方法を伝えて、新たなお客さんを開拓しましょう。

designラクスルが本当に簡単なのか、編集Yが試してみた

designラクスルが本当に簡単なのか、編集Yが試してみた

隣の席で、「designラクスルが完成した!やったー!」と言っていたので、本当に簡単なのか試してみることにしました。初めて触るので、上手くできるかわかりませんがやってみることにしました。オリジナルイラストを販売するチラシを作ったのですが、完成品のできは・・・?

3C分析を使って他社に負けない広告デザインを制作しよう!

3C分析を使って他社に負けない広告デザインを制作しよう!

折込チラシやポスティングなどの広告をしたいけど、具体的にどんなことを書いたら良いかわからない!そんな人向けに、一般的な考え方を使った広告制作のコツをお教えします。今回は3C分析を使います!3つのCの頭文字をとった分析です。
Customer:カスタマー(お客さん)、Company:カンパニー(自社)、Competitor:コンペティター(競合)を見ながら、自社の強みを見つけて、広告で何を打ち出していけば良いかが分かってしまうものです。意外と、簡単ですので次のステップに沿って、自分のお店や会社に当てはめてやってみてください。