Magazine

クリエイティブ

最新記事一覧

初心者必見!効果の出るチラシ作成のコツ

イベントの集客やセール告知などチラシを作成する目的は様々ですが、読んでくれた人に何かしらのアクションを期待するという点では共通していると思います。ではその効果を高めるためにはどのようにしてチラシを作成すればよいのでしょうか?今回は特にはじめてチラシを作成する方向けに効果の出るチラシ作成のコツを目的から掘り下げる形で紹介していきたいと思います。

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

ビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイント

プライベートではメールなどで済ましてしまうことも多くなった新年の挨拶ですが、ビジネスではまだまだ年賀状が主流です。手にとってもらえるということはもちろんですが、手書きのメッセージを書き込めるのが良いところですよね。今回の特集では、より気持ちの伝わるものにするためにビジネス年賀状でおさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

腕利きデザイナー/マーケターが選ぶ|年賀状2017オススメデザインテンプレート

ラクスルは2017年酉年年賀状の注文受付を開始しました!なかでも、ラクスルイチオシはカンタンデザイン年賀状。無料デザインテンプレートからオンライン上で編集・注文。とにかくカンタンに年賀状を作成することができます。今回は、ラクスル自慢の腕利きデザイナーとマーケターが「プロの目」で選んだオススメデザインテンプレートをご紹介します。

差別化できる?売上アップにつながる手書きを活用しよう!

「チラシを差別化するには手書きがいいよ」こんなアドバイス受けたことがありますよね。あなた自身も手書きのチラシだとちょっと気になって手にしたことあると思います。でも実際のところ手書きチラシは売上アップにつながるのでしょうか? ただ手書きしただけでは効果が出なさそうなことはなんとなく想像できると思います。売上アップにつながるための手書きチラシの作成方法について説明します。

キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

「たった1分で出来る」「60日でガラッと変わる」このように、世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。そこで本記事では、キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、抑えておくべきポイントをまとめてみました。

どうしても開けずにはいられない!圧着DMの効果的な使い方

通常のハガキよりも情報量が多く、中身を確認したくなるという心理的効果もあって高い開封率の圧着DM。どんなシチュエーションで使うのが最適なのか考えずに使っていませんか?DMを利用する人たちがどんな時に圧着DMを使っているのかを紹介します。

読み手に「朝」を想起させる3つのキーワード。

朝早くから営業していることをアピールするためにはどのような言葉を使えばいいのでしょうか。ただ単に「◯◯時からやっています」と書くのもいいですが、どこか味気ありません。そこでこの記事では直接的に「朝」という単語を使わずに、間接的に読み手に「朝」を想起させる3つのキーワードをご紹介します。

フォント数で気をつけるべき「3つのポイント」。

文字の大きさのことを「フォント」と呼びます。ざっくりいえば「文字の大小」。この文字の大小がデザインに及ぼす影響は大きく、フォントひとつで受け取る印象は大きく変わってきます。この記事では、チラシなどをデザインするときにフォントで気をつけるべき「3つのポイント」を紹介します。

「誠実さ」と「親しみやすさ」を感じさせる色とは?

色は無意識で人の感情を刺激し、行動を促す効果があります。その効果を活用したチラシをデザインすることによって、読み手に対してこちらが狙った感情を抱いてもらいましょう。今回は「誠実さ」と「親しみやすさ」を感じさせる色について説明していきます。

知っておきたい!食欲を「そそる色」と「なくす色」。

食材や料理の色、背景の色、お皿の色、様々な色に食欲は左右されます。知っているのと知らないのとでは大違いです。この記事では飲食店や食材のチラシをデザインを手がけるうえで大事な配色のポイントをご紹介します。

色によって感じる「暖かい」デザインと「寒い」デザイン。

チラシのデザインを考える上で大事な要素の一つに「配色」があります。色によっては熱い・暖かいと感じる色もあれば、冷たい・寒いと感じる色もあります。この記事では、どの色がどういった印象を抱かれやすいのかをご紹介します。

ブランドの「高級感」のみを伝えるチラシとは?

企業経営において価格競争はできるだけ避けたいもの。大企業など資本がある所はまだいいですが、中小企業が価格競争に陥ってしまえば多くの場合はジリ貧になってしまいます。そんな価格競争のアリ地獄にはまってしまわないために、「高級感のみ」を打ち出したチラシをつくるのも戦略のひとつです。それでは、そういったチラシに欠かせないポイントをご紹介していきます。

お客さまの心をつかめ!手書きポップの3つの効果

POPはコンピュータでサクサクっと作ってしまったほうが圧倒的に早いので経費削減につながります。それでもいま注目されているのは手書きPOPです。手書きPOPは作成に時間がかかりますが、時間をかけるだけの効果が確実に得られることを優れた販売者たちは知っているのです。そんな手書きPOPにどのような効果があるかを紹介します。

Photoshopで3ステップ!~光る文字の作り方~

Photoshopを使ってデザインに文字を取り入れる際、そのまま文字を入力するだけは少し物足りなさを感じます。せっかく決めたデザインやフォントをさらに見栄えのよいものにするために、特殊加工を取り入れてみましょう。今回は、とても簡単な作業でできる特殊加工を、1点ご紹介します。

効果的なキャッチコピーは視点を変えることから作られる

お客様の心に伝わるキャッチコピーを作るためには、お客様として、お店として、そしてデザイナーとしての3つの視点からじっくりとキーワードを探しましょう。それぞれの目線で考えることで商品の魅力が見えてきます。お店やデザイナーのアピールしたいポイントやコンセプトを理解しましょう。

ダイレクトに想いを伝える「イメージキャッチコピー」

一口にキャッチコピーと言っても、そのパターンは様々あります。何かを問いかけたり、伝えたいメッセージを伝えたり…。 その中でも、シンプルでダイレクトに商品の特徴を伝えられるのは「イメージキャッチコピー」です。今回は、そんなイメージキャッチコピーについて見ていきましょう。

続きが気になる!読ませるコピーのカギは未完成!?

作り手がどんなに思いを込めてキャッチコピーを作っても、誰も読んでくれなければその効果は期待できません。では、どのようにキャッチコピーを作ると、人に読んでもらうことが出来るのでしょうか?そんな疑問を解決するため、今回は読ませるキャッチコピーを作るポイントをご紹介いたします。

「高品質な写真を使いたい!」レンタルフォトの使い方

販促物を制作するにあたって、写真はどうされていますでしょうか?イメージに始まりセッティングから撮影まで行なうと、とんでもない高コストになってしまいます。そこで、レンタルフォトの出番です。今回は「聞いたことはあるけれど、どう使うの?」「なんとなく使っていたけれど、大丈夫?」といった方向けに、レンタルフォトについてご説明します。

鮮度が命!スーパーのチラシからわかる集客術エッセンス

スーパーのチラシは集客術の宝庫です。定期的な発行ペースを保ちながら、確実な集客アップを狙うというスタイルは、まさに「真似したい集客方法」のひとつではないでしょうか。スーパーのチラシのヒミツを徹底解析しました!

ギャップで好感度大!「ネガティブアプローチ」を利用しよう

広告には、昔から使われてきた様々な手法が存在します。「ネガティブアプローチ」もその一つです。言葉の意味だけではマイナスなイメージを抱きがちですが、使いこなすとこれほど便利な手法はありません。内容と効果的な利用方法を知って、強力なキャッチコピーを作ることができます。

この色はどんなイメージ!?色を効果的に使ったキャッチコピー

世の中には実にたくさんの色が溢れていますが、その色一つひとつにはそれぞれのイメージがあります。キャッチコピーの中にも、色が持つイメージをうまく取り入れることで、印象がグッと変わります。そこで、今回は色を効果的に使ったキャッチコピーについて見ていきましょう。

四角いデザインの命は、ずばり角丸にあり!

四角いデザインは比較的使いやすく、すっきりと清潔感があるデザインといえるでしょう。一方で、「少し堅苦しいかも」と感じられる場合もあり、そのようなときに使える小技が角丸です。しかし、この角丸は自由に大きさが設定できる分、扱う人の裁量が試されるポイントでもあります。

取り扱い要注意?!特殊効果を使う際に注目したいポイント3つ

広告やチラシ制作において、とても便利な特殊効果。インパクトを持たせたり、アクセントを添えたり、ガラリと雰囲気を変えることができます。しかし、使い方を誤ると逆効果になる場合も。使用するべきポイントを押さえて、その効果を最大限に発揮させましょう!

やっぱり可愛い「○デザイン」!イメージ別使い方3選

国民的キャラクター・アンパンマンやドラえもんからもわかる通り、丸は万人に好かれるデザインとして有名ですね。顧客という明確な相手があるからこそ、自身のデザインにも「使いたい!」という気持ちになるのは自然なことなのではないでしょうか。しかし、同じ丸でも、実は使い方によってイメージは随分変わるのです。