キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

「たった1分で出来る」「60日でガラッと変わる」このように、世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。そこで本記事では、キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、抑えておくべきポイントをまとめてみました。

1.「具体的」な数字を用いる。

2.「根拠」をもって伝える。

3.読み手の「身近な数字」置き換える。

まとめ

前の記事新規顧客とリピート顧客、どちらにより... 次の記事DM・ダイレクトメールってなに?有効活用...