海外向けの営業資料は紙のパンフレットがおすすめ!その理由とは?

これから海外に向けて営業活動を行う予定の会社、今後海外支店を立ち上げる予定のある会社、また海外営業のための一時的な出張に行く予定のある人におすすめなのは、「海外向けのカタログ(パンフレット)」を作ること。
日本向けの営業資料はすでに手元にあると思いますが、まず日本語では意図が伝わりません。また、海外向けと日本向けでは営業方法が違うので、営業資料も海外向けのデザインで作る必要があります。

Webページがある時代になぜ紙の資料なのか?

国内向けパンフレットと海外向けパンフレットのデザインの違い

まとめ

前の記事成功するのぼり旗の作り方 次の記事B8サイズとは