広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは左の5つの英単語の頭文字を取ったもので、アメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」をするまでに人はどのような心理的な移り変わりをするかという内容です。 「消費行動」と広告は大きな関わりがあるため、広告業界では常に意識して使われる理論になります。今回は「ラクスル集客講座」と題しましてこのAIDMAについて説明していきたいと思います。

Attention(注意) 「目を惹く」

Attention(注意) 「目を惹く」

Interest(関心)「興味」を持ってもらう

Desire(欲求) 「欲しい」と思ってもらう

Memory(記憶) 「記憶」してもらう

Action(行動) 「行動」してもらう

まとめ

前の記事「認知的不協和」を最小にする採用パン... 次の記事ビン商品のシール作りの特徴と、ポイント

関連キーワード