Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

名刺

最新記事一覧

名刺の角丸加工で見た目の印象を変えよう!基本知識や注意点を解説

名刺は角丸加工を行うことで見た目の印象が変わります。ビジネスシーンで頻繁に行われる名刺交換では、名刺のデザインや形状などにこだわることで相手に好印象を与えられるでしょう。ただし一般的に角のある名刺はビジネス色が強く、堅苦しい印象を与える場合もあります。 今回紹介する名刺における角丸加工の基本知識や注意点を理解すれば、より理想に近い名刺を作成できるかもしれません。また名刺以外の角丸加工の活用例も紹介します。ぜひ参考にしてください。

印刷機の画像

名刺をオンデマンド印刷するメリットとは?デメリットも合わせて解説

ビジネスシーンにおいて名刺は、自分自身や会社を知ってもらう上で重要な役割を果たします。その名刺の印刷方式の1つがオンデマンド印刷です。名刺のオンデマンド印刷について理解すれば、名刺の作り方に幅を持たせられるでしょう。当記事ではオンデマンド印刷の概要やオフセット印刷との違い、メリットやデメリットを紹介します

配色を確認する紙の画像

名刺のイメージを決定づける要素は3つ!配色ルールも合わせて紹介

名刺は、自分がどのような人なのかを示し、簡単な自己紹介を兼ねたものを一瞬にして伝えるツールです。ビジネスシーンで使用する際は、会社の事業内容や扱う商品、サービス、自身の人物像などを相手に理解してもらうのに役立てます。 この記事ではイメージの良い名刺の特徴やイメージを決める要素、配色ルールなどについて紹介します。

名刺を持つ人の画像

女性の名刺には3号サイズがおすすめ!印象を変える用紙や加工も紹介

女性の名刺には、3号サイズがおすすめです。3号サイズは女性名刺や小型サイズとも呼ばれ、一般的なサイズより小さめで、可愛らしさを演出できるからです。 当記事では、女性におすすめといわれている3号サイズの概要と印象を変える用紙や加工方法を紹介します。

デザインのイメージ画像

名刺のデザインはテンプレートを利用しよう!費用相場もあわせて解説

名刺デザインを作成する場合、適切な金額でやり取りするためにも、名刺デザインにかかる費用相場をしっかりと把握しておかなければなりません。 当記事では名刺デザインのテンプレート利用について掘り下げるとともに、適切な費用相場などもあわせて解説します。

同人活動では名刺で繋がりが増える!作り方やポイントなどを知ろう

同人活動に名刺があったほうがいい大きな理由は、自分の顔として自己表現できるツールだからです。同人活動を続けていると、同じ趣味を持った人達とやり取りをする機会が増えるでしょう。 名刺があれば簡単に連絡先情報を交換できるため、より交流を深められるだけでなく、新しい出会いのきっかけになります。同人イベントに来場している人に名刺を渡すことで、自身の仲間やファンを増やすことにもつながるでしょう。

QRコードをチラシや名刺に印刷する場合の注意点

自社のサイトへの来訪者数を増やしたい、またはECサイトなどを運営していて、そちらでの購買行動を喚起したい場合、通常だとQRコードを利用するかと思います。オフラインでの販促の場合、特にこうしたコードの掲載が重要になるのですが、印刷物ならではの注意点が存在するのはご存知でしょうか。今回はQRコードを印刷物に掲載する場合の注意点を紹介します。

名刺やカードを活用してお客様との距離を近付けよう

名刺やカードを活用してお客様との距離を近付けよう

北風の冷たさも和らぎ、春を感じるころになりました。春といえば出会いの季節。ビジネスや商売でも一番新しいお客さまが増える季節です。名刺やカード印刷といったコモノを活用して、お客さまの心をつかみましょう。

通常のサイズだけじゃない、色々な大きさや形の名刺

日本の名刺の標準サイズは、名刺4号、あるいは東京4号と呼ばれる、55x91mmのサイズが一般的です。なぜこのサイズに落ち着いたかについては諸説ありますが、昔の尺貫法から由来するという説が知られています。その真意についてはここでは触れませんが、長い年月の間に55x91mmが標準的なサイズとして定着しました。しかし、印刷通販などのサイトを見ると、このサイズ以外にも多様なサイズ、カタチの名刺が用意されています。今回は、名刺のサイズ、カタチについて整理したいと思います。

印象的で使える名刺を作るコツとは?

名刺といえば多くの人が「連絡先交換」のツールだと思っているかもしれません。しかし、連絡先を教えるだけで終わってしまってはもったいないのです。名刺には連絡先情報しか載せてはいけないというルールはありませんし、工夫次第で名刺を渡す相手にとても良い印象を与えることも可能。特に企業理念やサービスポリシーを入れることは、大きなメリットにつながります。
この記事では、名刺にプラスアルファの情報を載せることでどのような効果があるのかを説明していきます。

企業・法人向けの名刺を作成する前にチェックすべきポイントはここ!

企業や法人で使用する名刺は個人で作成する名刺と違って気をつけるべきことが多くあります。
デザインをデザイン会社や印刷会社に依頼する場合は、気をつけなけるべきポイントやイメージを良くするポイントは押さえてくれます。
しかし、自社でデザインを行う場合には注意が必要。この記事では自社で名刺をデザインする際に、どのようなルールに沿って作成するべきかを説明していきます。

使う紙によって名刺の印象はガラリと変わる

名刺交換で受け取った名刺をよく観察すると、同じように見える名刺でも少しずつ紙の質感が違うことに気付くでしょう。
また、その紙の質感によって高級感が出たり、和風のテイストになったりと受ける印象がガラリと変わることに驚いたこともあるのではないでしょうか。
この記事では名刺作成においてよく使われる紙の種類とその特徴、またどのようなタイプの名刺におすすめなのかも併せて紹介していきます。

二つ折り名刺がおすすめな理由とは?

名刺といえば長方形(91mmx55mm)の一枚のカードを思い出す人がほとんどだと思います。しかし、名刺はこのサイズでないとダメというルールはないのです。
しかし常識的に考えると、名刺入れに入らないサイズの名刺はとても迷惑なもの。そこで登場するのが「二つ折り」の名刺です。
この記事では、二つ折り名刺のメリットとデメリットについて説明していきます。

名刺印刷で使える加工方法とは

55x91mmの小さな名刺ですが、ビジネスマンにとって名刺は自分の顔でもあります。名刺ひとつで名前を覚えてもらい、好印象を持って頂けるならば、投資のしがいもあります。名刺は先程述べた55x91mmの名刺4号が一般的ですが、サイズ的には、欧米サイズと呼ばれるちょっと小さめのサイズや、女性が利用する女性名刺と呼ばれるサイズが中心です。
今回は、一瞬の名刺交換が大きな成果につながるような、特徴のある名刺づくりに活用できる加工方法について整理します。

意外と重要?!名刺の大きさと人に与える印象について

意外と重要?!名刺の大きさと人に与える印象について

ビジネスパーソンなら誰でも、名刺を作ったり交換したりする機会があるでしょう。名刺はそのデザインや紙質なども重要な要素ですが、同じくらい大切なのは、名刺の大きさです。
今回は、様々な名刺の大きさと、それぞれの大きさが人にどんな印象を与えるかなどについてをご紹介します。

印象によって使い分ける、名刺に使用するカラー

以前は活版印刷やシルクスクリーンを利用して、印刷面が少し盛り上がった名刺や、活字独特の味わいのある名刺を愛用する方も多かったのですが、最近は名刺もオフセット印刷が使われるようになりました。そんな中で注目されているのが、色彩表現です。
本記事では名刺の色彩について詳しくみていきたいと思います。

意外と知らない、名刺のサイズ・寸法

名刺はビジネスマンにとっては、欠かせないコミュニケーションツールです。初対面の場合、名刺から会話のきっかけを作り出す方も多いと思います。名刺の受け取り方や、受けとった名刺のしまい方、揃え方などにはいろいろなルールがあるようですが、今回は名刺のサイズについて注目したいと思います。

これで大丈夫!名刺の情報の選び方

これで大丈夫!名刺の情報の選び方

名刺と言えば、ビジネス目的で使われることを想像しがちですが、最近では初対面で名前を覚えてもらうための自己紹介カードの役割をする名刺や、ママ友向けの名刺、就職活動用の名刺など様々な種類があります。
名刺の用途は多様化していますが、限られたスペースを活用して相手に情報を伝えることは、どのタイプの名刺にも共通して言えることです。また、ビジネスの名刺の基本を抑えれば、他の種類の名刺作成にも応用できます。その為、ここではビジネス目的の名刺に焦点を当て、名刺に載せるべき情報のノウハウを紹介していきます。

名刺を持っている写真

名刺の裏面は活用しないと損をします

多くの名刺は片面印刷仕様が採用されていますが、せっかくのアピールの機会を無駄にしてしまっていることを知っていますか?
名刺を受け取った人の多くは裏面も確認します。そのため、裏面をさまざまなアピールに使用しないともったいないのです。
この記事では名刺の裏面の活用方法を紹介します。

第一印象は名刺で決まる?名刺の紙の種類と印象について

第一印象は名刺で決まる?名刺の紙の種類と印象について

名刺は、社会人になれば、誰もが必要とするビジネスツールの一つです。初対面の時、相手と交換する名刺は、その人の人となりをうかがわせるものになります。
落ち着いた大人の印象を与えたいのか、個性やインパクトを重視するのか、実利的なものにしたいのかなど、その目的や用途によって、名刺のデザインは変わってきます。
今回は、名刺の紙の選び方に着目し、それぞれの紙の種類が、どういった用途に合っているか、また相手にどのような印象を与えるかをご説明します。

「クーポン名刺・クーポンカード」で新年度のスタートダッシュを!

「クーポン名刺・クーポンカード」で新年度のスタートダッシュを!

ワンコインで手に入る「名刺印刷」や、二つ折りなどでコンパクトながら情報を折り込める「カード印刷」を使って、ビジネスに効く「クーポン名刺・クーポンカード」を作ってみませんか?挨拶の多い新年度に改めてサービスを紹介するチャンス。メールやSNS で済ませてしまうご時世だからこそ、紙ツールが効果的です。

開業に欠かせない印刷物をまとめて注文!名刺も封筒もラクスルで

開業に欠かせない印刷物をまとめて注文!名刺も封筒もラクスルで

今回の特集では開業されたばかりの方々におすすめの、ラクスル商品をご紹介いたします。注目のラインナップは下記4商品!
「名刺」「封筒」「チラシ」「折込チラシ」
どれも開業時には欠かせない印刷物ばかりです。ラクスルでは低価格かつ高品質でこれらをご提供いたします。
また初めてご注文される方はご安心を!
ご不明な点やお気づきの点などございましたら、いつでもお気軽にカスタマーサポートまでお問合せ下さい。