写真と情報で効果的なチラシのデザインを簡単に作る方法

チラシのデザインなのですが、極端に言うと、目立っていて、行きたくなる情報があれば反響が出ます。 工夫すればするほど、情報量がどんどんどんどん増えていき、何が言いたいのかわからなくなるケースもしばしば。 今回はシンプルなデザインで効果的なチラシの作り方をお伝えしたいと思います。 使用するソフトは何でも構いません。むしろ、どんなソフトでも作れるデザインなので、お試しください。

チラシの要素は基本的には3つ

チラシの要素は基本的には3つ

1.全体を分割する

2.店名・住所などのアクセス情報を配置する

3.メイン画像を配置する

4.キャッチコピーを配置する

5.キャッチコピーの説明文、その他情報を配置する

5.キャッチコピーの説明文、その他情報を配置する

6.デザインを整える

まとめ

前の記事立地の悪さを逆手に取ろう!路地裏店の効... 次の記事初回以降に来てくれないお客様に再び来...