「顧客は商品ではなく、体験を買いに来ている」の意味

現代は飽食の自体と言われ、よほどの事がない限り、飢えて死ぬようなことはありません。所得の無い人や就労が困難な人のためにも、生活保護というセーフティネットも存在しています。簡単にいえば「モノは足りている」時代なのです。特にここ数年は、シェアビジネスを始めとした「物質よりも体験」の流れが加速しています。この記事では、そういった「商品ではなく経験を買いに来ている顧客」という概念と事例を解説していきます。

1.「カスタマーエクスペリエンス」という概念。

1.「カスタマーエクスペリエンス」という概念。

事例1.「スターバックス」

事例1.「スターバックス」

事例2.リッツカールトンホテル

事例2.リッツカールトンホテル

まとめ

前の記事チラシ制作に関する横文字職種をご紹介 次の記事こんなにもあります!ポイントカード、会...

関連キーワード