冊子・カタログの作り方【ラクスル印刷講座 vol.3】

説明会や講演会のパンフレット、商品カタログ、思い出のアルバム。何度も見返すモノなら、だんぜん「冊子印刷」がオススメです。
ただ、作ってみたいけど専門用語も多いし、 データの作り方がよく分からない… と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はラクスル印刷講座第3弾として冊子の作り方を紹介。冊子に関するお悩みの中から、特に多いものをピックアップしました。お悩みが解決したら、ぜひ一度冊子作りに挑戦してみてください!

意外と知られていない、中綴じ冊子と無線綴じ冊子の違いについて

中綴じ冊子とは?

中綴じ冊子

中綴じ冊子の作り方

3)どうやって作ってるの?

無線綴じ冊子とは?

無線綴じ冊子とは?

無線綴じ冊子の作り方

無線綴じ冊子の作り方

右綴じと左綴じ、どちらが最適?

右綴じと左綴じ、どちらが最適?

ページの数え方は面の数? それとも紙の枚数?

ページの数え方は面の数? それとも紙の枚数?

データはどうやって作るの?

データはどうやって作るの?
前の記事ポストカード印刷は幅広い用途で人気。... 次の記事ビジネスシーンで大活躍!「封筒印刷」の...

関連キーワード