販促ツールは目的や予算に合わせて使い分けしよう

販売促進のために使用する営業宣伝用ツール(販促ツール)は、イベントやキャンペーンはもちろん、日々の営業活動にも欠かせない物です。その種類はグッズや試供品、カタログ、フライヤー(チラシ)といった印刷物など、さまざまです。
その中でも印刷物は、制作のスピードやコストなど多くのメリットがあり、手軽に扱える販促ツールです。どうしたら、印刷で効果的な販促ツールを仕上げられるのか、詳しくご紹介しましょう。

販促ツールとして手軽に使える印刷物

印刷販促ツールの種類と用途

1 チラシ(フライヤー)

2 リーフレット

3 パンフレット

販促ツールを印刷物で作るポイントは?

1 目的に合ったサイズや形態を選ぶ

2 誰に何を伝えるかを絞り込む

3 スケジュールは最初に確認しておく

ラクスルなら制作から配布までサイト上で完結!

前の記事お急ぎ集客はラクスルにお任せ!【Raksul... 次の記事デザインで勝負!かっこいいパンフレット...

関連キーワード