カットパスガイド

このページでは、シール・ステッカー印刷のカットパスについて説明します

カットパスとは

シール・ステッカーのデータには必ず、シールをはがす位置を示す「カットパス」が必要です。
カットパスは、シールを台紙からはがしたときの形・大きさを示します。

sticker_02-01

カットパス作成方法の選び方

ご注文時、ご希望に合わせてカットパス作成指示を選択してください。
・ラクスルでカットパスを作成(①円形、②四角形、③デザインに合わせる)
・お客様自身でカットパスを作成(④)
※オンラインデザインで作成の場合(⑤)は、自動で作成されていますので、お客様での作成は不要です。

 

①,②ラクスルでカットパスを作成(円形、四角形)

デザインに対して円形(正円・楕円)や四角形(正方形・長方形)のカットパスを、ラクスルで作成します。
ご注文時に「円形」もしくは「四角形」をご選択ください。
※角を丸くする(角丸)の対応はできません。角丸を希望の場合は、④お客様自身での作成が必要です。
※必ず、下記の「ラクスルでの作成」を選択する際の注意点をご確認ください。

 

③ラクスルでカットパスを作成(デザインに合わせる)

デザインに合わせたカットパスを、ラクスルで作成します。
ご注文時に「デザインに合わせる」をご選択ください。
※必ず、下記の「ラクスルでの作成」を選択する際の注意点をご確認ください。

 

 

④お客様自身でカットパスを作成する場合

カットパス形状に細かな指示がある場合は、お客様にて作成いただき、デザインデータと一緒にご入稿ください。
ご注文時には「自分で用意する」をご選択ください。
なお、カットパスの作成時は必ず、シール・ステッカーのデータ作成方法を必ずご参照ください。

 

⑤オンラインデザインでデータを作成する場合

カットパスは自動で作成されています。
ご注文時に「オンラインデザインで作成」をご選択ください。

 

「ラクスルでのカットパス作成」(①、②、③)を選択する際の注意点

シールの端まで背景を入れたい場合(白フチなしの仕上がりを希望の場合)

データの背景は、デザイン(文字・絵柄)の外側になるべく大きく引きのばしてください。
下記の表の「合計(A+B)」の長さだけ、背景をデザインの外側に確保したデータを用意してください。
・「A. 塗り足し」:背景は、仕上がり線よりも外側に引きばす必要があります。(塗り足しといいます)
・「B. 仕上がり線から、内側のデザイン(文字・絵柄)までの間」は、一定の距離(余白)をあける必要があります。

 

 

 

※背景としての必要な長さは、納品形態によって異なります。

納品形態 A. 塗り足しの幅 B. 仕上がり線から
デザインまでの幅
合計(A+B)
絵柄より外側に確保すべき、背景の幅
1シートに複数枚 2mm以上 1mm以上 3mm以上
バラ四角カット 2mm以上 2mm以上 4mm以上
バラ台紙カット 3mm以上 3mm以上 6mm以上
ロールシール 2mm以上 2mm以上 4mm以上

 

カットパスの仕上がりについて

・オペレーターが目視でチェックしカットパスを作成するため、同じデータでもカットパスの仕上がりの形が異なる場合があります。
・デザインに合わせたカットパスの作成をご希望の場合、原則カットパスのパス数は40パス以内、角度は90°以上になりますので、デザインによってはご希望に添えない場合がございます。

 

データチェックについて

・本サービスをご希望の場合、印刷データの最終確認が必須となります。
・デザインに合わせたカットパスの作成をご希望の場合、ご通常より長いお時間をいただく可能性がございます。

①②ラクスルでカットパス作成(円形、四角形)
④お客様自身で作成⑤オンラインデザイン
③ラクスルでカットパス作成
(デザインに合わせる)
通常の
データチェック所要時間
半日~1日 1日程度
お急ぎ便での
データチェック所要時間
2時間以内 4時間以内
受付時間 平日:9:00-20:00
土日祝:12:00-16:00
平日:9:00-18:00
土日祝:12:00-14:00
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった