チラシ・フライヤーの印刷用データ作成方法

オンラインデザイン かんたん編集!そのまま印刷! チラシや名刺のテンプレート デザイン700種以上! すべて0円
チラシ・フライヤーの印刷用データの作り方をご案内いたします。デザインデータ作成においての注意点がいくつかありますので、こちらのページを参考にデータの作成をお願いいたします

入稿対応データ形式

  • PDF(推奨)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe InDesign
  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint

 

チラシ・フライヤーの印刷用データ作成には2つの方法があります

ラクスルのオンラインデザインサービスか、お客様自身のソフトを使ってデザインを作るかのどちらかをお選びください。
以下の説明ではお客様自身のソフトを使ってデザインを作る手順をご説明させていただきます。

 

チラシ・フライヤーの印刷用データ作成の流れ

印刷用データの作成には商品の注文情報と作成したデータのサイズ、面数が一致している必要があります。
サイズや印刷可能範囲など決まっておりますので、ラクスルの印刷用テンプレートを利用することをお勧めしております。
サイズが間違っておりますと、データの修正・入稿のやり直し(再入稿)が発生し納期ずれの原因となります。

  • ラクスルの各商品の印刷用テンプレートをダウンロード
  • テンプレートデータにデザインを作成
  • デザイン作成したデータを印刷可能かセルフチェックし、入稿(アップロード)用に変換
  • 入稿(アップロード)用ページより入稿

 

1.印刷用テンプレートをダウンロード

テンプレートをご利用いただくと、規定サイズのデータが簡単に作れます。またサイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなります。
※裏表(両面印刷)でデータを作る際は[両面印刷について]をご確認ください。
オンラインデザインをご利用いただくと、文字を変えるだけで印刷用データを作成できます。

 

2.デザイン作成時の注意点

テンプレートを利用して下記の図の注意事項に気をつけながらデザイン作成してください。

 

3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。また、ラクスルでは入稿形式はPDF形式を推奨しております。ネイティブデータに比べて印刷時のトラブルが少なく出荷日への影響が軽減されます。

入稿前に必ずご確認ください

  1. 入稿前チェックガイド
  2. PDFデータ作成ガイド

 

関連記事

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった