伝票の印刷用データ作成方法

伝票の印刷用データの作成方法をご案内いたします。

 

入稿対応データ形式 Illustrator、PDF、Word、PowerPoint

1.印刷用テンプレートをダウンロード

データ作成の際はテンプレートをご利用ください。また、ご注文内容によって、サイズや印刷可能範囲等が異なりますので、ご注文内容に合ったテンプレートをご利用ください。
※印刷範囲外の文字は変更しないようお願いいたします。

伝票のテンプレート

 

2.デザイン作成時の注意点

色について

伝票はモノクロ印刷のみとなります。文字やロゴ、社判などはすべて「K100」または「黒色」で作成してください。

※伝票はカラー印刷はできませんのでご注意ください。
※社判・店判は、実際には赤色で印刷されます。
 

印刷可能範囲について

社名・店名・判などのデータは、テンプレートの水色のガイド線内に収まるようデザインしてください。

例:領収書(控え付)のテンプレート

 

社印(社判・店判など)について

《Illustrator使用の場合》
社印のデータは必ず「K100」の色で作成し、「社判・店判など」のレイヤーに配置してください。

《Word・PowerPoint使用の場合》
社印のデータは必ず「黒」の色で作成し、テンプレートの2ページ目に配置してください。

※社印を画像データでご入稿いただいた場合、画質が粗くなってしまう可能性がございます。あらかじめご了承ください。
※社印を画像データが粗い場合、データが差し戻しになる可能性がございますので、必ず印刷に適した解像度の画像データでご入稿ください。画像の解像度につきましてはこちらをご参照ください。
 

ナンバリングについて

「ナンバリング有り」の仕様でご注文の場合、データ入稿時のコメント欄に開始番号の指定をお願いいたします。
また、ナンバリングの数字は7桁以内に収めてください。

例:「1〜」「001〜」「0001〜」
・開始番号は1桁から7桁の数字であればご指定いただけます。
・「2-1251」等、開始番号に記号(数字以外の文字)を入れることはできません。
 

3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。また、ラクスルでは入稿形式はPDF形式を推奨しております。ネイティブデータに比べて印刷時のトラブルが少なく出荷日への影響が軽減されます。

入稿前に必ずご確認ください

  1. 入稿前チェックガイド
  2. PDFデータ作成ガイド

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった