印刷データ作成の注意点(オンラインデザイン)

オンラインデザインで印刷物を制作するときのデータに関する注意点です。

 

目次

 

オンラインデザインの色の仕上がりについて

オンラインデザインの制作物は、RGB環境で制作が行われます。通常印刷ではCMYKカラーによる印刷が行われます。RGBはCMYKよりも表現できる色数が多く、CMYKに変換した場合、PCの画面上の表現通りの再現ができません。
特に発色の強い鮮やかな色はくすんだような色味に変化する傾向がございます。あらかじめご了承の上、ご制作ください。CMYKとRGBカラーについて詳細はこちらをご確認ください。

 

文字の大きさについて

  • 読みやすさを確保したい場合は、8ポイント(pt)以上を推奨
  • 極端に小さな文字は、印刷時に潰れる可能性がありますのでご注意ください
  • プレビューPDF画像で実際のサイズ感をご確認ください

 

印刷物上の線の太さについて

  • 線の太さは0.3pt (0.1mm) 以上で制作してください。印刷時のかすれの原因となりますのでご注意ください。

 

紙面端部への文字や画像の設置について

  • 重要情報は「印刷ガイドの赤い点線よりも内側(紙面の端部より3mm)」に納めてください。断裁時に切り落とされる可能性があります。詳細はこちら

 

写真やイラストを紙面端部まで印刷したい

  • 写真やイラストを紙面の端部まで印刷するには、画像を「印刷ガイドの灰色の点線(紙面から3mm外)よりもはみ出した状態」で設置してください。詳細はこちら

 

画像解像度について

  • 一般的な印刷物に適正な解像度は100%の大きさで350 ~ 400dpi となります
  • 解像度は画像を縮小、拡大することでも変動します。解像度についての詳細はこちらをご確認ください。

 

ラクスル提供のイラスト、写真の画像素材について

  • 画像解像度は300dpi程度です。ポスターなど大型サイズの印刷物で極端な画像拡大を行なった場合は、画像が荒くなることがありますのでご注意ください。
  • 画像素材は事前予告なく入れ替えが行われる場合があります。以前ご利用いただいた画像が見つからない場合は、別画像をご利用ください。
  • “PIXTA”という透かしマークが入った画像は、1データに最大16種類までご利用いただけます。

 

機種依存文字について

  • 機種依存文字や絵文字は表示が崩れてしまいますので、ご利用はお控えください。

 

封筒のカラー表示について

封筒には「窓なし」と、内部書類の一部をそのまま宛名として利用できる「窓あり(窓付き)」の2種類があります。

  • 窓なし封筒:フルカラー印刷対応のため、デザイン編集画面もフルカラー表示となります。
  • 窓あり(窓付)封筒:単色印刷対応のため、デザイン編集画面はモノクロ表示となります。

クリアファイルの白版について

白版とは…

印刷部分の背面に配置する白い版のことを「白版」といいます。
クリアファイルのような透明なものに紙と同じように印刷をした場合、背景が透明なために印刷した部分が透けてデザインが見えにくくなってしまいます。「白版」を配置することでデザインが透けにくくなり、編集画面で見えるイメージに近い状態で印刷することが可能となります。※白い部分は半透明の乳白色になります。

オンラインデザインで作成された場合の白版

オンラインデザインで作成されたクリアファイルは「両面全面白版」にて印刷いたします。色がついていない部分は乳白色の仕上がりとなります。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった