シール・ステッカー・ラベル(白版あり)の印刷用データ作成方法

「白版あり」のシールのデータ作成は、通常のシールと注意点が異なります。
このページでは「白版あり」オプションの入稿データ作成時の注意点について説明いたします。

 

白版データはAdobe Illustrator形式で、お客様ご自身で作成していただく必要があります。
※Illustratorをお持ちでない場合は、「白版あり」でご注文いただけません。

 

1.白版とは

  • 白版とは、デザイン透けを防止するための、白色の版のことです。
    特殊な用紙(透明・金・銀・ホログラム・クラフトなど)に印刷する場合、一度白色のインクで印刷し、その上にデザインを印刷することで、デザインが透けない仕上がりにできます。また、白インクで表現したいデザインに、白版を使用することもあります。
  •   ■印刷イメージ

■仕上がりイメージ
(例)ロゴ部分に白版を作成した場合

 

■白インクのデザインイメージ

※シール・ステッカー・ラベルの白版について、詳しくはこちらもご参照ください。

2.ご注文時の注意

  • バーコード・QRコードを配置する場合は、ご注文時に必ず「白版あり」オプションを選択してください。
  • 細い文字や小さい点など、幅が0.5mm以下の細かいデザインの白版は反映されません。「白版なし」でご注文をお願いいたします。

■白版オプションの注文画面について

 

3.データ入稿形式

Adobe Illustrator で作成してください。
※Illustrator以外の形式は受け付けておりません。
※ラクスルで白版を作成するサービスがございません。お客様ご自身で作成してください。

「シール印刷・白版データ用」または「大部数シール印刷・白版データ用」のIllustratorのテンプレートをダウンロードしてデータを作成してください。
※ラクスルテンプレートでなくても問題ありませんが、必ずラクスルのテンプレートと同じ状態で作成してください。

印刷用テンプレートダウンロードはこちら

 

4.白版作成時の注意点

白版についての注意事項が複数ありますので、下記をご確認ください。

「白版」と「デザイン」のレイヤーは分けて作成

「白版」と「デザイン」は別のレイヤーで作成し、必ず同座標(同位置)に配置してください。
白版とデザインを区別するため、白版のレイヤーには「白版」と名前を付けてください。
白インク(白版)のみのデザインの場合も、「白版」レイヤーにデータを作成してください。

※ラクスルのテンプレートで設定しているレイヤーは削除や移動せずにそのままの状態で使用してください。
※ラクスルのテンプレートを使用しない場合も、上記のようにカットパス・デザイン・白版のレイヤーが必ず分かれた状態で作成してください。
 
 

白版はパスで作成

白版は必ずパスで作成してください。
白版が画像などのパス以外で作成されている場合は印刷に進行できません。

画像から白版を作成する場合は、下記のページをご参照ください。
画像から白版を作成する方法

白版の色と濃度

  • 白版の色はK100の黒で作成してください。
    濃度はK0〜100%の範囲で指定してください。
    ※透明機能を使って濃度の調整はしないでください。
    ※グラデーションの白版も印刷可能

白版データは黒色で作成しますが、実際は白色で印刷されます。(用紙:金ツヤの場合)

白版のサイズ

白版は透けさせたくない部分と同じサイズで作成してください。

細かい白版は削除

幅が0.5mm以下の細かい白版は印刷で再現できないため、削除してください。
0.5mm以下の白版が入稿データに配置されている場合はラクスルで削除します。

 

 

■白版作成のイメージ

白版を作成しない方が良いケースについて
小さい文字や細い線などに白版を作成した場合、デザインと白版とのズレが目立ってしまいます。
そのため、細かいデザイン部分には白版なしの方がきれいに仕上がります。■白版がズレるイメージ(用紙:金ツヤの場合)

 

バーコード・QRコードを配置する場合

バーコード・QRコードを配置する場合は、ご注文時に必ず「白版あり」オプションを選択してください。
また、読み取り不良が発生しないよう、必ず白場および白場の白版が必要になります。
白場の白版は白場と同じサイズで作成してください。


5.白版の作成方法

デザインに合わせた白版を作成する場合、以下の手順に沿って作成してください。

 

例)黄色の部分を透けさせたくない場合

透けさせたくない部分に白版を作成します。
(用紙:ホログラムの場合)

 

デザイン部分が画像の場合の白版の作成方法は、下記のページをご参照ください。
画像から白版を作成する方法

 

1. ラクスルのテンプレートをダウンロードします。

 

2. 「制作レイヤー」にデザインを作成します。

 

3. 白版が必要な部分(透けさせたくない部分)のデザインを全て選択してコピーします。

ここでは黄色の星の部分を透けさせたくないので、黄色の星のオブジェクトのみコピーします。

4. コピー後、ラクスルテンプレート内の「白版」レイヤーにペースト(配置)します。

「デザイン」と「白版」は必ず同座標(同位置)に配置してください。

※ラクスルのテンプレートを利用していない場合は、新規レイヤーを作成し、レイヤー名を「白版」に変更してペーストしてください。

5. ペーストした白版をK100に変換してください。

6. 完成です。

各レイヤーの状態は画像の通りです。

白色で印刷したい部分には、必ず白版が必要です

デザインデータ(制作レイヤー)に白色を置いても、そのままでは白色で印刷されません。
デザインデータで白で見えている部分は、印刷されない部分となり、用紙の色が見える仕上がりとなります。
白色で印刷したい部分には、白版を作成してください。
(用紙:金ツヤ場合)

白版のみの印刷をご希望の場合

ご入稿時のコメント欄に、「白版のみの印刷」と記載いただきますとスムーズに進行いただけます。

 

6.よくある白版作成の間違い

1. シール全体に白版を作成すると、用紙の質感が見えなくなってしまいます

 

シールの白版は、部分的に作成してください。

2. 白色で印刷したい部分のデザインデータが抜けていないと、白で印刷されません

白色で印刷したい部分に白版データが作成されていても、デザインデータが抜けていない場合、イメージと異なる仕上がりになってしまいます。

白色で印刷したい部分のデザインデータは抜いてください。

 

 

7.参考:色々な白版作成の例

1. 白版(白インク)のみのデザイン

白版データの黒色の部分が、白色で印刷されます。
(用紙:金ツヤ場合)

 

2. 用紙の色・質感を活かしたデザイン

デザインの黒色と用紙の色・質感を活かしたデザイン
(用紙:ホログラムの場合)

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった