カラー設定:Illustrator

印刷用データ作成の基礎講座:CMYKカラーとRGBカラー」にてご案内させていただいた通り、印刷データは、CMYKカラーで作成する必要があります。また、ラクスルでは特色(スポットカラー)での印刷を承っておりませんので、予めデータをCMYKカラー(プロセスカラー)で作成していただく必要がございます。

CMYKのカラーモード設定

「新規ドキュメント作成」時に、必ずカラーモードは「CMYK」を選択してください。「RGB」は使用しないでください。

illu_color01

 

特色(スポットカラー)はプロセスカラーに変換

特色(スポットカラー)とは
CMYKのインキの組み合わせでは出せない、特定の色にあらかじめ調合されたインク色のことです。DICカラーやPANTONEカラーなどが特色として知られています。

ラクスルでは特色印刷をお取り扱いしていないため、入稿データではCMYKの4色の「プロセスインキ」に変換してください。ご使用されているデータが入稿された場合、ラクスルにて自動的にプロセスカラーに変換されますので、若干印象がかわってしまう可能性もあります。

 

1.カラーブックを開く

メニュー「ウィンドウ」→「スウォッチライブラリ」→「カラーブック」を開く

DICやPANTONEなどの特色と呼ばれるスポットカラー多数あります。それらのカラーを使用すると「スウォッチパレット」に登録されます。図のように右下に黒丸が付いているのが特色です。

illu_color03

2.未使用項目を選択

一度「スウォッチパレット」に登録された特色は、使用したオブジェクトなどを削除しても、パレット内には表示されたままになります。実際にドキュメント上で使用されているかどうかを確認するために、「スウォッチパレット」のオプションメニューから「未使用項目を選択」を選択してください。

illu_color04

3.登録カラーをゴミ箱へ

未使用の登録カラーが選択されますので、右下のゴミ箱のアイコンをクリックするか、オプションメニューの「スウォッチを削除」を選択して削除してください。削除後、ドキュメントに使用されている登録カラーだけが残ります。

illu_color05

 

4.特色を選択

「スウォッチパレット」に残った「特色」を選択して、オプションメニューの「スウォッチオプション」を選択するか、パレット内のアイコンをクリックしてください。

【ご注意】スウォッチをさわるときは「何も選択しない」でください

illu_color06

 

5.プロセスカラーの変更

「カラータイプ」を「特色」から「プロセスカラー」に変更してください。このとき「グローバル」のチェックは外さないでください。

illu_color07
illu_color07

「特色」を「プロセスカラー」に変更後は、変更前にあった右下の黒丸がなくなります。この状態が「プロセスカラー」です。

【ご注意】色が変わってしまうことがあります。

「スポットカラー」を使用されたデータを入稿された場合は、ラクスルにて自動的に「CMYK(プロセスカラー)」に変換します。CMYKで表現できる範囲内で置き換わるため、色が変わってしまう場合があります。必ず入稿前に「プロセスカラー」に変換してご確認ください。

ゴミ箱にいれて、カラーパレットから削除されてしまっても、スポットカラーをプロセスカラーに変換することができます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった