封筒の印刷用データ作成方法

封筒の印刷用データの作り方をご案内いたします。

封筒のデータ作成方法

1.テンプレートをダウンロード

封筒のテンプレートをご利用ください。

2.デザインする

思いのままデザインください。

  • 印刷可能範囲は、表面のみ(開封口(ベロ)の部分を除く外枠から10mm内側)です。
  • 窓ありの場合、印刷不可能範囲がありますので、必ずテンプレートをお使いください。
  • 「カラー1色」の指定をされた場合、印刷用データは「K100%」でご制作ください。グレー2色、紺2色、青、緑、オレンジ、赤2色、エンジの一色刷りが可能ですが、データがカラーであっても、すべて指定の1色で印刷されます
  • クイックデザインを選択すれば、文字を変えるだけで印刷用データを作成できます。

 

3.印刷データ用の対応をする

印刷用の入稿データについては、以下の対応が必要です。 なぜ、必要なの?については、「印刷のまめ知識」をご覧ください。

  • ご注文内容(サイズ・印刷面数・カラー)確認しましょう
    カラー設定方法 イラストレーターフォトショップワードパワーポイント

    ※モノクロ印刷でデータをモノクロに出来ない場合は、入稿時のコメントにその旨ご記入ください。

  • 仕上がり線は消しましょう
    断裁ズレについて

  • 薄いお色味をご使用の場合、6%以上の濃度に設定しましょう

    ※印刷に反映されない可能性があります。最低でも6%以上、出来れば10%以上に設定してください。

  • 文字のサイズは、なるべく6pt以上にしましょう

    ※6pt未満ですと、フォントや色の濃度によっては、つぶれたりかすれたりする可能性がございますのでご注意ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった