冊子・カタログの印刷用データ作成方法

冊子・カタログの印刷用データの作り方をご案内いたします。デザインデータ作成においての注意点がいくつかありますので、こちらのページを参考にデータの作成をお願いいたします。

1.入稿対応データ形式

  • PDF(推奨)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe InDesign
  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint

 

ご入稿データについての注意点

  • 入稿時のファイル名に関して、できるだけページ構成のわかるファイル名でご入稿ください。
    ファイル名等からページ構成を判断できない場合は、データの再入稿をお願いすることがございます。
  • ご入稿データを見開きで作成される場合は、必ずページ順に作成してください。対向面付等、ページ順でない配置の場合、と意図しないページ順で印刷される可能性がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ファイル名に日本語等を使用されると文字化けしてしまい、データを正常に開くことができない可能性がございます。
    ファイル名には半角英数のみご使用ください。
  • 複数のデータを入稿される場合は、データを1つのフォルダにまとめ、圧縮してご入稿ください。
  • PDFデータはパスワードをかけずにご入稿ください。パスワードをかける場合は、データ入稿時のコメント欄にパスワードをご記載ください。
一部の仕様につきましては、「スピードチェック入稿」をご利用いただけます。
「スピードチェック入稿」はご自身でデータチェックをしていただくことで、データチェックの待ち時間なく進行することができるサービスです。
ご利用可能な仕様やご利用方法につきましては、「スピードチェック入稿について」から詳細をご確認ください。

スピードチェック入稿について

 

 

2. 冊子の各名称について

冊子の各名称は下記の通りです。データチェック結果を確認する際などにご参照ください。
※図は「左綴じ」の場合です。

 

・表紙ページ(中綴じ)

 

・表紙ページ(無線綴じ)

 

・本文ページ

3.ご注文の仕様についての注意点

仕上サイズ

長辺綴じ 「A4」や「B5」など、ご希望のサイズをご選択ください。
短辺綴じ 「A4横」や「B5横」など、サイズに「横」とついている仕上サイズをご選択ください。
上綴じ 上綴じの商品はございませんので、「長辺綴じ」の仕様からご選択ください。
データチェックの際に、ラクスルでデータの向きを調整いたします。
※上綴じのデータ作成方法についてはこちらをご覧ください。

 

 

綴じ方

 
■ 中綴じ冊子
1枚の紙を二つ折りにしたものを重ねて、中央をホチキスでとめる製本方法です。
1枚の紙に4ページ分印刷するため、ご注文ページ数は4の倍数となります。

 
■ 無線綴じ冊子
本文となる紙を重ね、表紙と本文部分を糊で綴じる製本方法です。
ページ数が多い場合は無線綴じをおすすめいたします。

 
■ 綴じなし(スクラム製本)冊子
二つ折りにしたものを重ね合わせた状態の製本方法です。
針金や糊は使用せず、見開きごとに離すことができます。

ページ数

  • 中綴じ冊子の場合、購入できるページ数は「8ページ」以上で4の倍数になります。最大「64ページ」まで購入可能です。
  • 無線綴じ冊子の場合、購入できるページ数は「16ページ」以上で2ページ単位になります。最大「124ページ」まで購入可能です。
  • 中綴じ冊子・無線綴じ冊子のいずれも、ページ数に表紙ページ(表紙・裏表紙・表紙裏・裏表紙裏の計4ページ)も含みますので、ページ数のカウントにご注意ください。
白紙ページを配置する場合
ご入稿データがご注文ページ数に足りない場合は、白紙ページを挿入することが可能です。
お客様自身でご入稿データに白紙ページを挿入していただくか、データ入稿時のコメント欄等に白紙を挿入したいページのご指示をお願いいたします。
(指示例:最終ページに白紙を挿入してください。)

 

綴じ方向

冊子には「左綴じ」「右綴じ」の2つの綴じ方があります。
用途やご希望にあわせて綴じ方をお選びください。
上綴じをご希望の場合は必ず「左綴じ」をお選びください。

4.中綴じ冊子のデータ作成方法

ページの面付けについて

「左綴じ」「右綴じ」で面付けの順番が変わります。
面付け順は下記の通りになりますので、データ作成の際はご注意ください。

 

・単ページの場合

・見開きページの場合

 

綴じ位置付近の文字やデザインについて

綴じ位置付近に文字や左右で繋がりあうデザインを配置すると、
仕上がり時のズレ・綴じた際の針金などにより文字が読めなくなる恐れがございます。
切れてはいけない文字やデザインは綴じ位置より3mm以上離して配置してください。

 

5.無線綴じ冊子のデータ作成方法

背表紙の作成

  • 無線綴じ冊子背幅
  • 無線綴じ冊子は表紙と本文を別々に作成し、製本方法の特性上、「背表紙」という箇所を作らなければなりません。
    表紙+背表紙+裏表紙見開き1枚で作成してください。
    また、表紙+背表紙+裏表紙の裏側にあたるページも同様に作成していただく必要があります。

    背幅のサイズにつきましては、ご注文画面や注文一覧の仕様等からご確認いただくか、無線綴じ冊子背幅計算ツールをご利用ください 

 

  • 背表紙付きのテンプレートのご用意はございません。
  • 背表紙が白、または表紙か裏表紙の続きの絵柄で良い場合は、ラクスルのデータチェック時にラクスルで作成することができます。作成をご希望の場合は、データ入稿時のコメント欄に背表紙作成希望の旨をご記載ください。
  • 上記の場合でもデザインによってはラクスルで背表紙を作成できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 背表紙に文字を入れたり、表紙とは異なるデザインを入れたい場合は、お客様に背表紙のデータを作成していただく必要があります。
    下記の図をご参照のうえ、背表紙を含む表紙データの作成をお願いいたします。
  •  
     
    (例) A4サイズ/左綴じ/背幅4mmの場合

 

背表紙に文字を配置する際の注意点
ページ数が少ないと背幅が狭くなってしまい、文字を配置すると潰れてしまう可能性がございます。
背表紙に文字を配置したい場合は、100ページ程度の厚みが必要です。

 

 

綴じ位置付近の文字やデザインについて

無線綴じは糊で製本するため、綴じ位置に近い箇所は完全に見開くことができません。
綴じ位置付近に文字や左右で繋がりあうデザインを配置すると、文字が読めなくなる恐れがございます。
切れてはいけない文字やデザインは綴じ位置より10mm以上離して配置してください。

6.上綴じ冊子のデータ作成方法

「上綴じ」とは横位置に印刷して上部を綴じる仕上がりのことです。ページを開く際は、上に向かって開きます。
中綴じ冊子・無線綴じ冊子のご注文で「上綴じ」の仕上がりにすることが可能です。

 

上綴じの仕上がりをご希望の場合は、下記の通り注意点がございますので、
注意点をご確認いただいたうえで、ご注文・データの作成をお願いいたします。

 

ご注文時の注意

必ず「左綴じ」でご注文ください。

 

裏表紙の指示についての注意

  • 上綴じの仕上がりをご希望の場合は、下記のように裏表紙の向きをご指示をいただくことで、対応いたします。
    裏表紙の指示がない場合は、データ再入稿となりますので、必ずご指示をお願いいたします。
  • 以下の「Aパターン」「Bパターン」のいずれかで進行いたします。データ入稿時のコメント欄にて、ご希望の向きをご指示ください。
  • 裏表紙が白紙の場合は、データ入稿時のコメント欄に上綴じ希望の旨のみご記載ください。
  • お客様にて面付される場合は、下記の図をご参照いただき、裏表紙の向きにご注意ください。

 

7.綴じなし(スクラム製本)冊子のデータ作成方法

「スクラム製本」とは、二つ折りにしたものを重ね合わせた状態の製本方法です。針金を使わないため、小さなお子様やシニアの方にも安全です。また、紙だけなので分別しやすく、環境に配慮していることも特徴です。

 

データ作成については中綴じ冊子のデータ作成方法と同様です。
上綴じの場合は、上綴じ冊子のデータ作成方法をご参照ください。

 

8.データ作成時の注意事項(全仕様共通)

印刷可能範囲と塗り足しについて

切れてはいけない文字やデザインは仕上がり位置より3mm以上内側に収めてください。
また、フチなしで印刷するには「塗り足し」が必要になります。
フチなし印刷をご希望の場合は、下記をご参照いただき、塗り足しの作成をお願いいたします。

 

 

印刷可能範囲、塗り足しにつきましては「塗り足しと文字位置」もあわせてご参照ください。

 

塗り足し不足や文字切れ、デザイン切れ等があると、データの再入稿をお願いすることがございます。
意図的に文字切れやデザイン切れをさせている場合は、データ入稿時のコメント欄に「文字切れ了承」等の記載をお願いいたします。
データチェックをスムーズに進めるため、ご協力をお願いいたします。

 

対向面付でのご入稿について

下記右側のような対向面付のデータは、意図しない順番で印刷される場合がありますので、ご入稿データは必ずページ順での作成をお願いいたします。

やむを得ず対向面付のデータで入稿される際は、ページ順がわかるよう、必ずデータ内にノンブルを入れるかデータ入稿時のコメント欄に面付順のご指示をお願いいたします。

ノンブル(ページ数)について

ノンブルとは、ページの下の方にあるページ数を記した数字(ページ番号)のことです。
ノンブルを入れたい場合は、お客様におかれましてデータに入れていただく必要がございます。
ラクスルでノンブルの作成はいたしかねますので何卒ご了承ください。
 

表紙カラー/本文モノクロで印刷される場合

「表紙」を両面カラー印刷、「本文」を両面モノクロ印刷の場合、両面カラーで印刷した表紙でモノクロ印刷の本文をはさんで製本します。
表紙の裏(P2)、裏表紙の裏(P7)もカラー印刷になりますので、本文にそろえてモノクロにしたい場合は、データ自体をモノクロにしてご作成ください。

 

断ち落とし(紙端)までデザインされる場合

製本工程で、若干のズレが生じる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

見開きで全体にデザインを配置する場合

帯や背景などを左右ページを通してデザインを配置すると、製本工程でズレが生じる場合があります。

 

9.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。また、ラクスルでは入稿形式はPDF形式を推奨しております。ネイティブデータに比べて印刷時のトラブルが少なく出荷日への影響が軽減されます。

入稿前に必ずご確認ください

  1. 入稿前チェックガイド
  2. PDFデータ作成ガイド

 

「スピードチェック入稿」をご利用の場合はこちらもご確認ください

スピードチェック入稿について

 

関連記事

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった