冊子・カタログの印刷用データ作成方法

冊子・カタログの印刷用データの作り方をご案内いたします。デザインデータ作成においての注意点がいくつかありますので、こちらのページを参考にデータの作成をお願いいたします。

1.入稿対応データ形式

  • PDF(推奨)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe InDesign
  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint

2.デザイン作成時の注意点

ページ構成について

  • 4の倍数のページ構成になります。
  • 「1ページずつのデザイン」「見開きでのデザイン」のどちらの受付も可能です。見開きページの左右でデザインの配置などを揃えたい場合は「見開きでのデザイン」がおすすめです。

 

  • 入稿時のファイル名に関して、できるだけページ構成のわかるファイル名でご入稿ください。

印刷可能範囲と塗り足しについて

 

ノンブル(ページ数)について

ノンブルとはよくページの下の方にあるページ数を記した数字のことです。
ノンブルを入れたい場合はお客様の方でデータに数字を入れていただく必要があります。

 

その他の注意事項

中央の綴じ付近に文字が配置されると読みづらくなる場合があります。綴じ部分より3mm離して配置してください。

ページ順での作成をお願いいたします。対向面付けされていると、意図しない順番で印刷される場合があります。

「表紙」を両面カラー印刷、「本文」を両面モノクロ印刷の場合】両面カラーで印刷した表紙に本文をはさむため、表紙の裏(P2)、裏表紙の裏(P7)もカラー印刷になります。本文にそろえてモノクロにしたい場合は、データ自体をモノクロにしてご作成ください。

無線綴じ冊子印刷の場合

  • 無線綴じ冊子背幅
  • 無線綴じ冊子は表紙と本文を別々に作成し、製本方法の特性上、「背」という箇所を作らなければなりません。
    表紙+背+裏表紙を見開き1枚で作成してください。
    また、表紙+背+裏表紙の裏側にあたるページも同様に作成していただく必要があります。
    背幅の計算方法については下記ページの計算ツールをご利用ください。
    無線綴じ冊子背幅計算ツール
  • ※無線綴じは糊で製本するため、糊がはみ出す可能性があります。
    文字やデザインを中央部分より10mm以上離すことをおすすめします。

3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。また、ラクスルでは入稿形式はPDF形式を推奨しております。ネイティブデータに比べて印刷時のトラブルが少なく出荷日への影響が軽減されます。

入稿前に必ずご確認ください

  1. 入稿前チェックガイド
  2. PDFデータ作成ガイド

関連記事

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった